車の買い取りと下取りの違いは何?どっちで売却するのがいいの?

車を売る

『クルマの買い取りと下取りって何が違うの?』
『買い取りと下取りどっちが良いの?』

クルマを手放すとなった時、多くの場合は売却することになります。

その際、買い取りか下取りかを考えるかと思いますが、一体どちらの方法が良いのでしょうか。そもそも買い取りと下取りは何が違うのか?という疑問もありますね。

この記事では、クルマの買い取りと下取りの違いやメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。車の売却を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

  • 買い取りは高額買取になるケースが多く、買い取り金を新しい車の乗り換え資金に充てられる
  • 下取りは査定額が低くなりやすいが、手続きの手間を省くことができる
  • クルマを少しでも高く売りたいなら買い取りがおすすめ。

車の「買い取り」「下取り」の違いとメリット・デメリット

車の「買い取り」と「下取り」の違いとそれぞれのメリット・デメリットは次のとおりです。

買い取り…車買取店に現在の車を買い取ってもらう
下取り…新車をディーラーで購入する時に、現在の車を引き取ってもらう

買い取りと下取りでは、クルマの購入をともなうかどうかの違いがあります。

買い取りのメリット・デメリット

  • 下取りよりも高値が付きやすい
  • 装備品や社外品などもプラス査定につながる
  • 複数の買取業者と買取価格を比較でき、一番高く買い取ってくれるところへ売却できる
  • 買取金を乗り換え資金に充てられる
  • 相場変動の影響を受ける
  • 下取りと比べると手間がかかる
  • 車を買い換える場合は次の納車までタイムラグがある

買い取りとは、車買取の専門店にクルマを売却することです。次のクルマの購入とは関係なく売却できます。買い取られたクルマは中古車として販売されるため、一般的に下取りよりも高値が付きやすいです。

買い取りの場合、売却手続きが済んだらすぐにクルマを引き渡しとなります。次のクルマを購入する場合、納車まで時間がかかるとなるとその間のクルマがない状態になってしまいます。

クルマを買い換える場合は次のクルマを受け取る日から逆算して、買い取り手続きをするといいでしょう。

下取りのメリット・デメリット

  • 手続きが少ない
  • 新車購入とあわせて価格交渉できる
  • 新車の納車まで下取り車に乗っていられる
  • プラス査定は期待できない
  • 買い取りよりも安い値がつく
  • 下取り価格の妥当性が分かりづらい
  • 下取り代金は新車購入の支払いに当てられる
  • 査定料や手数料がかかる場合がある

車の下取りとは、新車を販売するディーラーなどに対して、新車購入する際にそれまで乗っていた車を引き取ってもらうことを指します。下取りは、新車購入を前提としているのでクルマを購入せず、下取り車を引き取ってもらうだけというのはできません

新車の購入から古い車の売却まですべて一つのお店で済む上に、販売店側に任せられるので手間がかからないのが特徴です。

ディーラーは新車を購入してもらうために下取りをするのであって、下取り車を販売するのが目的ではありません。そのため、買い取りと比べて査定額は低くなりやすいです。

クルマは買い取りと下取りどっちが良いの?

クルマは買い取りと下取り、どちらが良いかはその時によって異なります。

買い取りがおすすめな人

クルマを高く売りたい場合や、別メーカーの車種に乗り換えする人におすすめです。ディーラーでもメーカー問わず下取りしてくれますが、高値が付きやすいのは買取です。

下取りがおすすめな人

面倒な手続きを避けたい、手間をかけたくない、忙しくて時間が取れないという人は下取りがおすすめです。購入から下取りまでの手続きが1店舗で済みお任せできるから余計な手間がかかりません。

買い取りと下取り、どちらを選ぶにしても現在の愛車の相場価格を知っておくことが大切です。相場を知らないと、安値で買い取られて損してしまう可能性もあります。車の売却を考えているのであれば、まずは愛車の相場価格を確認しておきましょう。

査定額の相場を知るだけなら個人情報の入力なし・営業電話なしで知ることもできます。

↓ ↓ ↓

まとめ

クルマを売却する場合、買い取りと下取りのいずれかを選ぶことが基本です。

買い取りは、下取りよりも高値が付きやすいですが、新たにクルマを購入する場合はそれぞれ別々の手続きとなるので手間がかかります。

下取りは、面倒な手続きや手間をかけずスムーズに買い替えできますが、高値はつかず査定額は曖昧になりがちです。

買い取りにするか下取りにするかは、売却するクルマや時期、目的などによって使い分けるのがおすすめです。ぜひ自分にあった売却方法を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました