車のサブスク審査に通らない6つの原因と解消方法を解説!審査落ちしても諦めないで

車のサブスク 基礎知識

『カーリースに申し込んだけど審査に通らなかった…』
審査落ちになった理由を知りたい…』
『何が原因なのか聞いても教えてくれない』

車のサブスク(カーリース)の審査は誰でもカンタンに通るわけではありません。

リース会社ごとに審査基準は異なり、それに見合っていないと審査落ちとなります。

一度でも審査落ちすると、再申し込みしても通過する可能性は低いです。

なぜ審査落ちしたのか原因の把握と解消することが必要になります

今回は、車サブスクの審査に通らない方へ向けて審査落ちの原因と解消方法を解説していきます。


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクリプション(カーリース)の審査に通らない6つの原因

【審査に通らない6つの原因】

  1. 返済能力が不足している
  2. 収入に対してリース代が高すぎる
  3. 支払いの滞納がある
  4. 借り入れが多い
  5. 虚偽の記載をしている
  6. 債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)したことがある

車サブスクの審査落ちの原因①:返済能力が不足している

車サブスクリプションの審査を通過するには「返済能力を有している」ことは絶対条件です。

返済能力が足らないと判断されれば当然ながら審査落ちします。

返済能力は主に以下の3項目から判断されます。

  1. 職業・業種
  2. 勤続年数
  3. 年収

返済能力は単に年収が高ければ良いというわけではありません。

年収額そのものよりも「安定している」ことが重要視されます

職業・職種で言えば公務員や正社員は固定の月給を貰えるわけですから安定していると判断され審査に有利です。

一方、アルバイト・パート・自営業など非正規雇用だと収入の安定性に欠けるので不利になります。

勤続年数は長いほど有利です。1年未満だと審査落ちの可能性が高いので、申込み時点で1年に満たないのであれば1年以上経過してから申し込むのが良いでしょう。

車のサブスクリプションの審査では、年収200万円が一つの基準とされています。

毎月リース代が発生するわけですから、収入があまりにも低いと「リース代をきちんと払ってくれるかな?」と不安に思われてしまいます。

勤続年数が増えたり、アルバイトから正社員になったり、収入が上がったりなど働き続けていれば返済能力に何かしらの変化があるはずです。審査落ち後自身の収入面にプラスの変化があるなら再申し込みしてみましょう。

車サブスクの審査落ちの原因②:収入に対してリース代が高すぎる

収入に対してリース代が見合っていないと審査落ちする可能性が高いです。

車のサブスクリプションでは毎月リース代を払うので、年収に対して年間の総支払額がどれぐらい占めるのかを見られます。

目安は年収の3分の1程度となります。

たとえば、年収300万円なら月々のリース代が8万円程度(年間96万円)が審査通過ギリギリのラインとなります。

ただし、これはあくまでも目安に過ぎません。

毎月の出費はリース代の他にもあるはずですから、たとえば生活費や家賃代なども含めれば月々8万円のリース代を払っていくのはかなり無理があります。

他にローンを組んでいればなおさらです。

このように他の出費も含めて年収に対してリース代が高すぎだと審査落ちの可能性が高くなります。

年収に対してリース代が高すぎる場合は、グレードやオプションを下げる、リース代が安い車種に変更するなどするといいでしょう。

車サブスクの審査落ちの原因③:支払いの滞納がある

クレジットカードの支払いやローンの返済を滞納していたり延滞したことがあると査落ちの原因になりえます

これらの情報は個人信用情報機関に記録されます。

車のサブスクリプションの審査では申込者の信用情報を必ず確認するので、延滞したことがあるかどうかはカンタンにバレてしまいます。

また、携帯電話本体を分割払いにしている場合はローンを組んでいるのと同じですから、支払いを滞納すると個人信用情報機関に記録が残ります。

信用情報…クレジットカードやローンの利用履歴のこと。個人信用情報機関に登録されます。

支払いや返済の遅延が数日(2~3日程度)の場合は、延滞が記録されないケースもあります。基準は各金融機関やカード会社で異なるので、不安な場合は開示請求して自分の信用情報を確認しましょう。

車サブスクの審査落ちの原因④:借り入れが多い

ローンを組んでいる、他に借り入れがある場合は審査落ちに影響します。

高額な借り入れをしていたり、クレジットカードの支払いをリボ払いにしていたりするとリース代の支払いが難しいと判断され審査落ちの可能性が高いです。

支払いや返済とリース代の年間総額が年収の3分の1以上になると審査通過は難しくなります

可能であれば、申し込みする前に他社からの借入金額・件数を減らしておくようにしましょう。

車サブスクの審査落ちの原因⑤:虚偽の記載をしている

車のサブスクリプションは、リース会社と利用者の間に「信用」が成り立って契約が結ばれます。

そのため、嘘の内容で申し込むと審査で大きなマイナスになります。

虚偽申告で特に多いのが職業・勤続年数・収入の項目です。

車サブスクの審査では、給与明細や源泉徴収票、勤め先への在籍確認の電話連絡などで確認されるが場合があるので、これらの項目で嘘を付くとすぐバレます。

審査では高確率で嘘は見抜かれます。仮に嘘の内容で審査通過しても、後からバレて契約解除や違約金の請求をされることもあります。申込内容は必ず正直かつ正確に記載しましょう。

車サブスクの審査落ちの原因⑥:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)したことがある

過去に借金を清算するために債務整理を行ったことがある場合、車サブスクリプションの審査を通過するのは困難です。

少なくとも個人信用情報機関に債務整理の記録が残っている間は審査通過はまずムリだと思ったほうが良いでしょう。

債務整理は大きく分けて3つあります。任意整理・個人再生・自己破産です。

これらの手続きをすると個人信用情報機関には5年~10年程度は記録が残ります。

債務整理等の記録は契約終了後5年~10年程度経過すると消えます。債務整理してから数年経っているのであれば、個人信用情報機関に情報開示請求の申込みをして自分の信用情報が消えているか確認してみてください。

審査が甘いカーリースは要注意

審査に通らなかった場合、原因を解消しない限り同じリース会社に再申し込みしても結果は変わりません。

そのため、別のリース会社へ申込みを考える方もいらっしゃるかと思いますが、その際に注意したいのが審査が甘いカーリース会社や自社審査しているカーリース会社の申込みです。

多くのカーリース会社は信販会社や金融機関に審査を依頼していますが、審査が甘い・自社審査を行っているリース会社は自社独自の基準で審査を行います。

「審査が甘い」「自社審査」と聞くと審査ハードルが低く、なかなか審査に通らない方にとっては魅力的に思えてしまうことでしょう。

ですが、メリットよりもデメリットが大きいので利用はおすすめしません

●メリット
審査がスピーディーですぐに結果がわかります。過去よりも現在の状況から返済能力を判断する傾向が強く、フリーターや自営業、派遣社員でも通りやすい傾向にあります。過去に支払や返済で大きなトラブルを起こした訳アリの人でも通る可能性があり柔軟な審査をしてくれます。
●デメリット
頭金が必要、安定収入がある保証人をつけることを求められます。基本的に金利は相場よりも高く、中には低金利を打ち出している販売店もありますが金利が安くても車両代金が高額に設定されている場合がほとんどです。サービス面も劣っている場合が多く、長期的に利用するには不安があります。
また、中小規模の販売店が行っているため、経営の安定性に問題ありの可能性が高く、万が一倒産するとリース期間中の車は販売店の資産として売られる可能性があります。

一般的なカーリースの審査で通らない人は、何かしらの問題がありリース会社にとってリスクがあると判断されたわけです。

ですから、そのような人でも利用できる審査が甘いカーリースにはそれ相応のリスクがあるということは言うまでもありません。

まとめ

車のサブスクリプションの審査に通らないのには必ず原因があります。

審査落ちしたのであれば、何が原因だったのかを知り解消することが大切です。審査落ちの原因を解消しない限り、何度申し込みしても結果は変わりません。

闇雲に申し込みするのではなく、まずは一度落ち着いて、冷静に自己分析するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました