車の査定相場を個人情報なし・電話なしで知りたい!買取査定相場7サイトを紹介

車を売る

「車の査定額を知りたいけど営業電話がくるのがイヤだな…」

「だいたいでいいから匿名で車の査定額を知ることできないかな」

「高く売れそうなら、売るのも考えるけど査定だけしてもらうのは気が引けるな…」

車の乗り換えや売却を検討するにあたり、「とりあえず今の車はいくらになるのかな」「だいたいの買取価格を知りたい」など、自分の車のおおよその査定額が知りたいと考える方は多いのではないでしょうか。

しかし、車買取店に査定をお願いするとしつこい営業をされますし、ネットの一括査定だとたくさんの業者から電話がかかってきます。

まだ、車を売ると決めたわけでもないのに査定依頼することに気がひける方もいるでしょう。

そのような方は、個人情報の入力なし・営業電話なしで査定額の相場を調べられるサイトを活用するのがおすすめです。

今回は、匿名で愛車の査定相場を知る方法をお伝えします。

  • 匿名・電話なしで車のだいたいの査定額を知る方法がある
  • 実際の査定額を知りたい場合は査定の申し込みが必要
  • 車を売る方法は3つ。高く売るなら一括査定がおすすめ

※当サイトの価格表記はすべて税込みです。

個人情報の入力なしで車の買取・査定相場を知る方法

車の査定を依頼するには個人情報の入力が必須となります。

ただし、買取額・査定額の「相場」であれば個人情報なしで知ることができます

今乗ってる車の買取・査定相場を知る方法とは「買取・査定相場検索」があるサイトで調べることです。

この方法であれば、個人情報の入力がないのでしつこい営業電話がかかってくることはありません。お気軽に愛車のだいたいの査定額を知ることができます。

では、実際にどのようなサイトがあるのか次でご紹介します。

個人情報なしで調べられるのは、あくまでも「だいたい」の買取価格・査定価格の「相場」となります。実際の買取価格・査定価格を知るには現車を査定してもらう必要があり、そのためには個人情報が必要です。

個人情報なしで車の買取・査定相場が知れる7サイト

個人情報なしで利用可能な「だいたいのクルマ査定額が知れる7サイト」を紹介します。

  • おおよそのクルマ査定額が知れる7サイト

いずれのサービスにも共通して言えることは、おおよそのクルマ査定額(買取・下取り相場)が知ることができるということです。

正確なクルマの査定額を知るには個人情報が必要となります。個人情報なしで知れるのは大体の金額である相場であることは覚えておいてください。

そのため、査定相場は80万円だったとしても実際の査定額は40万円だったというケースもありますし、その逆もありえるわけです。

あくまでも、だいたいのクルマの査定額を気楽に知りたい方向けのサービスと捉えていただきご活用ください。

では、各サイトの特徴や使い方を紹介していきます。

1.ガリバー「中古車買取相場」

車買取業界の最大手であるガリバーでは、自社の買取実績をもとに個人情報なしで相場価格を掲載しています。

過去にガリバーで実際に査定を受けた人の買取実績を掲載しており、相場だけでなく実際の買取額を知ることができるのが他サービスとの大きな違いです。

例)日産ノートの買取相場情報

ガリバーは実際の買取額を掲載しているので一番実態に近いですが、ガリバーが買取した車種しか乗ってないため、自分が見たい条件での査定情報が載ってない可能性もある点は注意してください。

たとえば、人気車種のトヨタ・アルファードや日産・ノートだれば売却する人も多いので見つけやすいですが、マイナーな車種や人気が無い車種だと載っていない可能性が高いです。

また、クルマの査定相場は半年も経てば大きく変動するので、直近の査定相場をチェックするようにしましょう。

人気車種の査定相場を見るのであればガリバーの中古車買取相場はおすすめです

ガリバー中古車買取相場の使い方

ガリバーの中古車買取相場

1.メーカーを選択します

2.車種を選択します

3.ページを下にスクロールすると買取相場が見れます。

ガリバーの中古車買取相場の注意点は、TOPページで「正確な買取金額を知る」を選択しないこと。こちらを選択すると個人情報の入力を求められます。

あくまでも大まかな買取相場を知りたいのであれば「ざっくりな買取相場を知る」を選択してください。

また、「ざっくりな買取相場を知る」の買取相場の結果が出るページにも注意が必要です。

↓こちらはざっくりな買取相場を知るの結果ページですが、個人情報を入力を求める画面が表示されます。

ここで個人情報を入力すると営業電話がかかってきてしまうので、正確な金額を知りたい場合のみ入力してください

あくまでも査定相場を知りたいのであれば、そのままページを下にスクロールすれば買取相場が表示されます。

査定相場を知りたいだけなら個人情報は入力しないことです。

ガリバーの中古車買取相場

2.グーネット買取「買取相場検索」

グーネット買取「買取相場検索」は、中古車検索サイトでおなじみのグーが提供しているサービスです。

グーに中古車情報を掲載している業者からの情報をベースにしているので、買取相場の精度は非常に高いです。

グーネット買取相場検索の使い方

グーネット買取「買取相場検索」へアクセスします。

次の情報を入力し、「無料買取相場検索を開始」をクリックします。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • グレード

次に、以下の情報を入力し「今の愛車の価格を調べる」をクリックします。

  • おクルマの売却検討状況
  • 郵便番号
  • メールアドレス
  • 車体色
  • 走行距離
  • 次の車検

これらの情報を入力すると、↓このように買取相場の結果が表示されます。(買取相場の結果は入力したメールアドレスにも届きます)

ちなみに、年式が古い車や流通量が少ない車の場合は買取相場の結果が表示されないことがあります。↓

ただし、買取相場を知るには「郵便番号」と「メールアドレス」の一部個人情報の入力が必要になるのでその点は注意してください。電話番号入力は不要なので営業電話が来ることはありません。

入力したメールアドレスにメルマガが飛んでくるので、不要な場合は上記の通りチェックマークを外してから調べるようにしましょう。

グーネット買取の買取相場検索ページへ

3.ズバット車買取比較「中古車の査定相場」

車一括査定サービスのズバット「中古車の査定相場」は、完全に個人情報なしでクルマの買取相場を見ることができます。

他のサービスと比べてシンプルな操作感で見やすく使いやすいのが特徴の一つ。

ズバットは半年前と半年後の査定相場を見ることもできます

さらに、ズバットでは10年以上前の車でも査定相場がチェック可能。

古い車だけど買取相場を知りたいという方にもおすすめのサービスです。

ズバット中古車の買取相場の使い方

ズバット「中古車の買取相場」へアクセス。

「メーカー」「車種」を選択し「あなたの愛車の査定相場をチェック」をクリック。

選択した車種の査定相場が表示されます。

より詳細な情報を入力して査定相場をチェックすることもできます。そのまま画面を下にスクロールし、下記の項目を入力し「あなたの愛車の査定相場をチェック」をクリックします。

ズバットの中古車買取相場では、利用頻度や車体カラーを選択でき、あまり車に乗っていなければクルマの状態が良いことをアピールできます。人気のボディカラーであれば査定額は高くなりやすいです。

ズバット「中古車の買取相場」

4.ネクステージ「LINEで車査定」

ネクステージの「LINEで車査定」は、車買取業界大手のネクステージが提供する査定相場サービスです。

他サービスとの大きな違いはLINEを使って査定相場がわかること。

ネクステージ「LINEで車査定」の使い方

ネクステージの「LINEで車査定」へアクセス。

「LINEで査定を依頼する」をクリック。

QRコードを読み取り友だち追加する。

LINEで以下の情報を手入力する。

  • 車名
  • グレード
  • 年式
  • カラー
  • 走行距離
  • 事故歴の有無
  • お住まいのエリア(都道府県、市町村)
  • アピールポイント

おおよその査定額が表示されます。

ネクステージの査定相場サービスは、LINEで手軽に調べられそうですが「車の情報を手入力しなければいけない」「査定相場の結果が出るまでに1時間以上かかる」という弱点がありません。

手間と時間がかかるため、より気軽に査定相場を知りたいのであれば他サービスを使うことをおすすめします。

ネクステージの「LINEで車査定」

5.ナビクル「下取り・買取相場」

ナビクルは、個人情報なしでクルマの買取相場と下取り相場が同時にわかります。

ズバット同様に半年前と半年後の査定相場を知ることもできます

また、ナビクルならディーラーの下取り相場も出すことができ、新車価格から現在の価値を算出した値(残存率)を知ることも可能です。

ナビクル「下取り・買取相場」の使い方

ナビクル「下取り・買取相場」へアクセス。

以下の情報を選択・入力し、「買取・下取り相場をチェック」をクリック。

  • 年式
  • グレード
  • 新車購入年月
  • 走行距離

ただし、ナビクルは10年以上前の車種の下取り・買取相場は調べられないのが残念です。比較的最近の車の査定相場を知りたいという方におすすめです。

ナビクルの「下取り・買取相場」

6.日産「かんたんクルマ査定」

日産かんたんクルマ査定は、自動車メーカー日産が運営する下取り相場シミュレーションです。

写真を3枚撮ってスマホで送るだけで査定額を知ることができます。写真撮影の手間はかかるものの、その分、日産車の査定額の精度は高いです。

日産かんたんクルマ査定の使い方

日産かんたんクルマ査定公式サイト

【入力項目】

  • 車体の写真(ナンバープレート含む)
  • メーターパネルの写真
  • 車検証のQRコード写真(グレード/仕様、年式)
  • ボディカラー
  • 走行距離
  • 車の状態
  • クルマの保管場所

ただし、日産のかんたんクルマ査定は「下取り」の相場価格となるため、「買取」と比べて売却額は安くなります。新車に買い換えることを前提とし、ディーラーがクルマを引き取る場合の相場価格という点に注意が必要です。

また、日産が運営するということは当然ながら日産の主要車種の下取りが多く、他社のクルマの下取りデータの実績は乏しいです。あくまでも、日産車を下取りに出そうかと検討されている方向けのサービスと言えるでしょう。

日産車以外のクルマの査定額は信頼性が高いとは言えないため、他サービスの査定シミュレーションもあわせて見ることをおすすめします。

日産かんたんクルマ査定公式サイト

7.トヨタ「下取り参考価格シミュレーション」

トヨタ公式サイトにある「下取り参考価格シミュレーション」は、下取り価格の相場を知ることができます。トヨタ車以外も相場を調べることが可能です。

『天下のトヨタだから査定精度は高そう!』と、思うかもしれませんが実際のところ精度は低いのであまりおすすめできません。

理由は、トヨタの下取り参考価格シミュレーションでは走行距離が加味されないからです。車の査定において走行距離は大きく関係する項目であり、たとえば5万キロ走ったクルマと10万キロ走ったクルマでは査定額は大きく変わってきます。

また、年式が古い車や不人気車だと下取り参考価格が表示されないのも難点。

更に、トヨタの下取り参考価格シミュレーションはパソコンページのみ閲覧可能。スマホページには対応していないので、スマホでは使いづらいです。

トヨタ「下取り参考価格シミュレーション」

車の買取・査定相場を把握するメリット

車の買取・査定相場を知っておくことにはメリットが3つあります。

  1. 基準を知ることで査定価格が高いのか安いのか判断できる
  2. 買取業者に多少強気に交渉することができる
  3. 査定価格に納得して売却できる

自分の車の買取・査定相場を知ることで基準ができます。それをもとに実際に査定してもらうことで査定価格が高いのか安いのかがわかるようになります。

例)査定相場70万円の車を査定してもらった結果、50万円の査定額がついた

【相場を知らない場合】

高いのか安いのかわからないけどだいたいそんなもんだろう…と判断し50万円で買取業者に売却。

後日、売却した車の買取相場を調べたら70万円だった→20万円の損

【相場を知っている場合】

相場は70万円だから、この査定額50万円は安い。買取額UPの交渉をするか、別の業者にも査定してもらう。

交渉の結果、60万円までならOKとのこと。後日、別の業者にも査定してもらったところ75万円の査定額がついたからそのまま売却。→20万円損するどころか相場よりも高く買取に成功

このようにあらかじめ相場を知っていれば、買取業者に交渉して査定額をUPしてもらったり、別の業者にも査定依頼するなどの選択がとれます

また、相場を知ることで提示された査定額に納得して売却もできます。

たとえば、相場を知らずに50万円で売却した場合、「50万円って妥当だったのかな?」「実はもっと高く売れてかも知れない…」などとモヤモヤした気持ちになりがちです。

しかし、相場を知っていれば「相場は45万円だったから50万円は問題なし」「相場よりも高く売れてラッキー」と納得した気持ちで買い取ってもらえます。

このように、車の査定相場をあらかじめ知っておくと、いざ査定してもらうときに自分が損することなく納得のいく買取ができるようになるのです。

匿名で実際の査定額を知るのはムリ!正確な査定額を知るのに「個人情報」が必要な3つの理由

個人情報なしで知ることができるのは相場価格だけです。匿名で正確な査定額を知ることはできません。

では、なぜ個人情報なしで車の正確な査定額を知ることができないのか、その理由を解説します。

【査定額を知るのに個人情報が必要な3つの理由】

    1. 車の詳細情報と現車の確認が必要だから
    2. 売買取引が前提となるから
    3. スムーズな査定が行うため

理由①:車の詳細情報と現車の確認が必要だから

査定額は車の状態によって大きく変わってきます。

たとえば、査定相場80万円の車でも、ボディに傷がついていたりたくさん走っていたりすると、その分、車の価値は下がります。相場よりも低い査定額がつく可能性大です。

買取業者は車の状態を知るためにヒアリングしたり、現車を確認したりする必要があります。そのためには、直接連絡をとる必要があり電話番号などの入力が求められるということになります。

理由②:売買取引が前提となるから

車の査定に申し込む人は車の売却を考えているわけですから、これは売買取引にあたります。

売買取引には個人情報は必須となりますので、査定申し込みには個人情報の入力が必要になります。

とはいえ、「査定を申し込んだら必ず売らなければいけない」ということではないので安心してください。査定額に納得がいかなければ売却を断ることもできます。

売却するつもりはなく、ただ単に査定額を知りたいという人も少なくありません。ですが、業者側としては査定をするにもコストがかかるので、できるだけ査定額を知りたいだけの人は減らしたいので個人情報の入力を必要としているのです。

理由③:スムーズな査定を行うため

査定を行うには現車の確認は必須です。そのため、業者側としては車の所有者がどこに住んでいるかはとても重要。対応可能な店舗があるかどうか、出張査定ならどの程度の時間がかかるかを把握できます。

また、地域の特性を加味した査定ができるのも理由の一つ。同じ車でも、地域によって需要が変わってきます。たとえば、4WD車は走行性能が高いので雪が降る地域では需要が高く、その分査定額は高く付きやすいです。

このようにスムーズな査定を行うためにも、郵便番号や住所などの個人情報は必要になります。

車を売る3つの方法!査定から売却までどこに依頼すれば良いのか解説します

車の査定から売却の方法は以下の3つあります。

    1. 自動車ディーラーの下取り
    2. 車買取専門店(持ち込み)による買取
    3. 車一括査定サービス

それぞれメリット・デメリットがあるので、特徴をおさえ自分にあう方法で車の売却を検討してみてください。

方法①:自動車ディーラーの下取り

メリット
  • 車を売る手続きと車を買う手続きを同時にできる
  • ディーラーという安心感がある
  • 納車まで代車を利用できる
  • 年式が古い車種や不人気車でも一定の査定額がつく
デメリット
  • 車買取店よりも買取価格(下取り価格)が低い
  • 車を現金化できない

自動車ディーラーの下取りとは、古い車を引き取ってもらい新しい車を購入する方法です。

ディーラーに車を売却し、売却金額を新しい車の購入金額から差し引いて(値引き)もらうことができます。車の売却と新車の購入手続きを同時にできるので手間がかからないのが大きなメリットです。

また、納車まで古い車を長く乗っていられるのも下取りの良さです。納車に時間がかかる場合でも、古い車を乗り続けられるので代車を用意する必要がないので、納車まで車がなくて困ってしまうという事態に陥りにくいです。

ただし、ディーラーの下取りは査定額が低いのがデメリット。ディーラーは、あくまでも新車販売のプロであり新車を売って利益を得ています。そのため、下取りには力を入れていません

ディーラーの下取りでは、市場での人気は考慮されず、純正品以外のパーツは評価されません。そのため、買取専門店と比べて査定額は低いです。

また、下取りでは新しい車を下取りにだした店舗で購入する必要があるのもデメリットと言えるでしょう。

車を高く売ることよりも、乗り換えの手間をかけたくない人や安心して手続きしたい人に下取りはおすすめです。

方法②:車買取専門店(持ち込み)による買取

メリット
  • ディーラーの下取りよりも高く売れる可能性が高い
デメリット
  • 売買契約を結んでから短期間のうちに引き渡しが必要
  • 複数の買取店で査定してもらう場合は時間と手間がかかる

車買取専門店は、車を買取って自社店舗で販売したり、販売店が仕入れるオートオークションなどに売却することを仕事としています。

自動車ディーラーは新車の登録・販売が主な業務内容ですが、車買取専門店は仕入れた車を中古車として販売しています。

車買取専門店は仕入れする目的で車を買い取っているため、ディーラーの下取りと比べて査定額が高くなる可能性が高いです。中古車市場の相場にも詳しく、査定ミスを恐れず高値で買い取ってくれます。

一方、業者によって査定額は異なるため好条件で引き取ってくれるところを探す場合は、多少手間がかかるデメリットがあります。複数社に査定してもらうには、自分でそれぞれの店舗へ車を持ち込まないといけませんので面倒です。

また、売却契約を交わした後は、速やかに車を引き渡さないといけません。新しい車が納車されるまで引き渡しを待ってもらうということはできませんので、次の車が納車されるまで代車が必要になることもあります。

計画的に乗り換えしないと移動の足がなくなってしまう恐れがあるということは覚えておきましょう。

車買取専門店は、多少手間がかかってもいいから車を高く売りたい人におすすめです

方法③:車一括査定サービス

メリット
  • 車が高く売れる
  • 複数社の見積もり査定が一度で取れる
  • 査定額の競争をさせられる
  • どこが一番高く買い取ってくれるか簡単にわかる
デメリット
  • ディーラー下取りと比べて多少手間がかかる
  • 複数の買取業者から営業の電話がかかってくることも

車一括査定は、一度の申し込みで複数の買取専門店へ同時に査定依頼が行えるWEBサービスのことです。

車一括査定というサービスが車の査定を行うわけではなく、サービスに登録している近隣の車買取専門店が査定します

上記で紹介した「2.車買取専門店(持ち込み)による買取」との違いは、

  • 自分で買取店を探す必要がない
  • 店舗へ車を持ち込む必要がない

一度の申し込みで複数の業者から見積もりをもらうことができます

複数社の概算の査定額を知ることができ、比較検討が容易に行なえます。

一括査定サービスに申し込むと、業者からメールまたは電話で査定結果を教えてもらえます。ここで教えてもらえる査定価格は大まかな値ですが、どこが一番高く買い取ってくれる可能性が高いかがすぐに分かるので便利です。

https://twitter.com/yosukeoka/status/1081792114680201216?s=20

買取業者は少しでも高異買取金額を提示しないと他の業者に顧客をとられてしまうため、可能な限り高い査定額をつけてくれます

従来の方法では相見積もりで競争させるため価格交渉が必要でしたが、一括査定はそうした労力を軽減させることができ、はじめから高額買取が期待できます。つまり、交渉が苦手な方でも安心してクルマを高く売れるのです。

デメリットは、複数の業者に査定しに来てもらうため精神的負担があることです。売らない業者には断らないといけませんので、心が弱いと実践しにくい面はあります。

また、査定には立ち会いが必須となるので、たとえば5社に査定依頼するとその分時間が取られてしまいます。下手すれば休日丸々潰れるなんてケースも考えられます。

クルマの一括査定は、多少手間はかかっていいから他より数十万円以上高く売りたいという人におすすめです

査定~売却のおすすめは車一括査定サービス

車の査定~売却まで、どの方法が一番いいのか?と迷われる方は多いでしょう。

結論を言えば、おすすめは「車の一括査定サービス」です。

その理由は、車を一番高く売ることができるからです。

複数の業者に査定を依頼する必要があるため、ディーラー下取りと比べると手間は増えます。場合によっては丸一日潰れてしまうこともあるでしょう。

しかし、その少しの手間で買取価格が数十万円以上変わってきます

実際にTwitterなどを見ても一括査定サービスで車を高く売れたという事例はたくさんあります。

中にはディーラー下取りよりも40万円近く高く買い取ってもらえたというケースもあるほどです。↓

車の一括査定おすすめサービス2社

真っ先に利用したいのは「カーセンサー」

提携業者数 大手買取業者数
1000社以上 9社
同時依頼数 業者選択
最大30社 可能
連絡時間帯の指定 メール連絡希望
可能 可能
公式サイト
https://kaitori.carsensor.net/
カーセンサーが提携する大手買取業者9社
  1. ガリバー
  2. ビッグモーター
  3. ラビット
  4. T-UP
  5. アップル
  6. カーセブン
  7. ユーポス
  8. カーチス
  9. オートバックス

※出典元:矢野経済の2020年版「中古車流通総覧」より

カーセンサーは、リクナビやホットペッパーなど様々なサービスを手掛けるリクルートグループが運営する一括査定サービスです。

提携業者数は1,000社以上、大手買取業者は9社、同時依頼数は30社と圧倒的であることが大きな特徴。

資本力がある大手から地域密着型の町の中古車屋さんまで幅広く対応してもらえるので、高く買い取ってくれる業者が見つかりやすいです。

また、「依頼したい業者を絞り込むことができる」「連絡時間帯の希望ができる」「メールで連絡対応可能」という点も特徴です。しつこい営業電話がかかってこないか心配という人でもストレスなく利用できます

カーセンサーの申込画面(スマホ)

連絡時間帯の希望とメール連絡希望の両方できるのはカーセンサーだけです。

業者によってはメール連絡を希望しても電話連絡してくることがあります

カーセンサーは大手買取業者の提携者数も多く、質も十分でありサービスも満足できること間違いなし。

どの車一括査定サービス利用しようか迷われているなら、真っ先に検討してよいサービスと言えるでしょう。

カーセンサーの公式サイト

老舗の安心感&満足度の高さで「ズバット車買取比較」もおすすめ

提携業者数 大手買取業者数
200社以上 8社
同時依頼数 業者選択
最大10社 可能
連絡時間帯の指定 メール連絡希望
不可 可能
公式サイト
https://www.zba.jp/car-kaitori/
ズバットが提携する大手買取業者8社
  1. ビッグモーター
  2. ラビット
  3. T-UP
  4. アップル
  5. カーセブン
  6. ユーポス
  7. カーチス
  8. オートバックス

※出典元:矢野経済の2020年版「中古車流通総覧」より

ズバットは10年以上にわたり車一括査定を運営する実績あるサービスです。

提携業者は200社以上、大手買取業者も8社と多く高価買取を満足に狙うことができるでしょう。

カーセンサーとの大きな違いは、「一括査定申し込みと同時に売りたい車の相場情報がわかる」ことです。とりあえず相場を知りたい場合はもちろん、相場を知ることで業者と価格交渉するときにも役立ちます

ズバットは老舗の車一括査定だから安心感も◎。全体的にバランスが取れたサービスなので、安心して高価買取を狙いたい方におすすめです。

ズバット車買取比較の公式サイト

まとめ

今回は、個人情報なし・営業電話なしで愛車の買取価格を知る方法についてお伝えしました。

自分の車がいくらぐらいで売れるのか気軽に知りたい時に役立つ方法です。ただし、個人情報なしで知れる買取価格は相場に過ぎません。実際の買取価格を知るには買取業者に現車を査定してもらう必要があります。

車を売る方法はディーラー下取り・車買取専門店へ持ち込み・一括査定の3つの方法があり、確実に最高額を引き出すのであれば一括査定がおすすめです。

まずは、個人情報なしで愛車の買取価格の相場をチェックし、高く売れそうなら車一括査定サービスを利用されてみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました