【車のサブスク】カーリースで事故ったらどうすればいいの?契約や対応の仕方を解説

車のサブスク 基礎知識

『カーリースで事故ったらどうなるの?』
『事故で全損だと強制解約って本当?』
『修理費用は誰が払うの?』

車のサブスク(カーリース)を利用するうえで最も心配なのが、

事故にあった場合「契約はどうなるのか?」「どう対応すればいいのか?」ということではないでしょうか。

事故にあった時どうなるのか不安で契約を迷われている方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、車のサブスクで事故を起こした場合の契約や対応などについて紹介します。

  • リース車の事故は全損だと強制解約で違約金が発生
  • 事故に遭ったときはリース会社への連絡は必須
  • 万が一の事故に備えてカーリース専用の自動車保険に加入すると安心


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

カーリース(車のサブスク)で事故ると契約は強制解約になる?気になる契約について

車のサブスク・カーリースは、リース会社から一定期間車を借りるサービスです。

契約終了時には、リース会社へ車を返却するか車を買い取って契約終了となるのが一般的です。

では、契約期間中に事故を起こした場合、リース車はどうなるのでしょうか?

カーリース車で事故を起こした場合の契約は全損か一部破損かで対応が異なります。それぞれのケースを見ていきましょう。

事故で全損した場合は強制解約

事故でリース車が全損した場合は、その時点で契約は強制終了となり違約金を支払わなければいけません

月々のリース料金は、契約終了時の残価などを考慮して決められるため、契約期間中にリース車が全損となった場合は、

残期間のリース料金相当分+残価」を違約金としてリース会社に支払うことになります。

例)月々3万円で5年間のリース契約で残価設定30万円、残りの期間2年で全損した場合の違約金

【残りの期間のリース料金相当分】

3万円×12ヶ月×2年=72万円

【残価】

30万円

【違約金】

72万円+30万円=102万円

上記は一例であり、リース会社によっては事務手数料や解約手数料なども発生することもあります。

仮に不可抗力の事故であっても、廃車では使いものにならなくなってしまうのでリース会社がその分の損害を被ることに変わりはありません。

そのため、強制解約となり違約金を払う必要があります。

さらに違約金は分割ではなく一括請求が原則となるので注意が必要です。

一部破損は修理で契約続行になる

事故で車の一部が破損した場合、修理して走行可能になるのであればリース契約は続行です。

強制解約で違約金や解約金が発生することはありません。

ただし、修理費用はリース料金に含まれていないので自己負担となります。

また、修理する場合はリース会社に連絡し支持を仰ぎましょう。

車を修理するかどうかはリース会社が判断し、修理はリース会社が指定・提携する整備工場で行わなければいけません。

自分勝手に修理してはいけず、それをやってしまうと契約違反となるので注意しましょう。

カーリース車での事故に備える。契約前にすべき3つのこと

1.契約内容の確認

車のサブスク・カーリースの契約では様々な内容が網羅されており、事故を起こした場合についても規定されています。

事故を起こしたときはリース会社への連絡は契約内容にほぼ間違いなく盛り込まれています。

もしも連絡を怠った場合は契約違反となります。もらい事故だったとしてもリース会社への連絡は必須です。

また、全損の場合は強制解約となり違約金を払いますが、対応や精算方法はリース会社によって異なりますので、契約内容は確認しておくべきです。

規約には細かく書かれているため目を通さないという方も多いですが、それはとても危険です。

事故に遭うリスクは誰にも存在し、いくら自分が安全運転を心がけていても事故は起こらないとは言い切れないのです

自分も事故の当事者になる可能性があるということを認識し、もしものときに困らないように契約内容はきちんと確認しておくようにしましょう。

2.カーリース専用の任意保険に加入する

マイカーの場合でももちろんそうですが、カーリースの場合は特に任意保険(自動車保険)に必ず加入することをおすすめします。

対人・対物補償はもちろんですが、車両保険に加入すれば事故を起こしたときの修理代も保険で対応できます

ただし、一般的な任意保険では全損などによる中途解約費用(違約金)はカバーできません。

そこでおすすめしたいのがカーリース専用の任意保険(リースカー車両費用特約付き)です。

カーリース専用の任意保険であれば、中途解約の違約金を限度に補償されるので自己負担は発生せず、安心してカーライフをおくれます。

一部の自動車ディーラー系カーリースはリース契約自体に専用の任意保険が含まれています。

保険契約の手間がかからず保険等級や運転年数に関係なく定額で利用できるメリットがありますので、別途保険会社と任意保険の契約をするのは面倒という方は検討されてみてはどうでしょうか。

任意保険コミコミの車サブスク→「トヨタKINTO」「三菱ウルトラマイカープラン」「ホンダ楽らくまるごとプラン(楽まる)」など。

車のサブスク・カーリースのリース料金には自賠責保険が含まれています。しかし、自賠責保険で補償されるのは「対人賠償」のみです。事故による車の破損や建物などの破損、自分が損傷した場合は補償対象外のため自己負担となります。自賠責保険でカバーできない部分の補償を補うためにも任意保険には加入しておくと良いでしょう。

3.メンテナンスプラン加入で事故を防ぐ

事故が発生する原因は様々ですが、その一つにメンテナンス不足による車の不良があげられます。

それを防ぐためにも定期的なメンテナンスを行うことは必要です。

メンテナンスプランに加入すれば、車の状態管理はリース会社にお任せできるので車に詳しくないという方でも事故の可能性を減らすことができます。

標準でメンテナンスプランが含まれているところもあれば、オプション加入となっているところもあるので忘れずに加入しておくようにしましょう。

カーリース車で事故ったときの対応と注意点

事故を起こした場合の対応手順

カーリース車で事故にあった場合のとるべき対応の手順を確認しておきましょう。

基本的にはマイカーでもカーリースでも同じような手続きを取ります。

  1. 車を安全な場所へ移動させる
    路肩などに車を停めます。後続車の追突防止のためハザードランプをつけてください。
  2. けが人の救護
    けが人がいる場合は救急車を呼び救護措置をとります。
  3. 警察に連絡
    軽微な事故であっても交通事故の際は警察への届け出が義務付けられています。警察官の現場到着を待ちましょう。
  4. 相手方の連絡先を確認
    相手がいる場合は相手の連絡先、保険会社、クルマのナンバーなどの確認をするなど情報交換をします。くれぐれも現場での示談交渉はしないでください
  5. 保険会社へ連絡
    任意保険に加入している場合は保険会社(もしくは代理店)へ連絡をします。
  6. リース会社へ連絡
    リース契約では「事故にあった場合は連絡すること」が義務付けられています。その後の対応をスムーズに進めるためにも必須です。
  7. 事故状況の記録をする
    事故を起こしたときの状況はどうだったか、近くに目撃者はいないかなど状況を記録しておきます。

※事故時の警察への連絡は道路交通法で定められた義務です。また、発行してもらう事故証明書は修理や保険金の請求などで必要になるので、必ず警察に連絡しましょう。

事故対応時の注意点

  • リース会社への連絡は必須
    消防や警察、保険会社への連絡はマイカーで事故を起こした場合と同じですが、カーリースの場合はリース会社への連絡してください。
  • 負傷者がいる場合は救護を最優先
    道交法によって負傷者の救護が定められています。これは運転者の義務です。負傷の程度を確認して救急車を呼びましょう。目立った外傷がなかったとしても、あとから症状が現れるケースもあるので自己判断せずに119番に連絡します。
  • 事故の記録をとる
    事故状況をスマホなどで撮影したり、ドラレコの記録映像が上書きにされないように電源コードを抜くもしくはSDカードを取り出しましょう。相手のいる事故の場合、過失割合によって賠償金額と保険料が変わってくるので、事故現場の記録は必須です。
  • 謝罪をすること
    相手がいる場合は謝罪を忘れずに行ってください。誠意を示すことで示談交渉を円滑に進められることにもつながります。
  • 当事者間での示談交渉は絶対にしない
    当事者間で示談交渉するのは絶対やめましょう。トラブルに発展する可能性が高く、労力と時間を要するので、保険会社を通して話し合いをしましょう。
  • もらい事故でもリース会社への連絡は必要
    相手に過失がある「もらい事故」の場合も、警察やリース会社への連絡は必要です。
  • 病院へ行き診察を受ける
    自覚症状がなくても必ず病院で診察を受けましょう。損害賠償請求には診断書が必要です。できれば事故を起こしたその日のうちに病院へ行くようにしてください。

まとめ

車を運転する以上、事故にある可能性は必ずあります。

いざ、自分が当事者となった時、慌てず冷静に対応できるようやらなければいけない行動をあらかじめ確認しておくといいでしょう。

事故を起こしたときは警察や消防(救急)への連絡はもちろんですが、契約しているリース会社への連絡も忘れず行います。

これを怠ることは契約違反となりますので忘れないようにしましょう。

また、車のサブスク・カーリースでは事故で全損となった場合、強制解約となり違約金や解約金を支払うリスクがあります。

そのような事態に備えるためにもカーリース専用の自動車保険へ加入しておくと安心ですよ。

よくある質問

Q1:査定額に影響しますか

A:事故車となったことで契約終了後の査定に影響する可能性はあります。

傷やへこみを修理したとしても、プロの目から見れば修理したかどうかはカンタンにバレてしまいます。

そもそも、事故を起こした場合はリース会社へ報告する義務があり、その時点で事故車扱いになるので、査定額は下がることを覚悟したほうがいいです。

Q2:事故を起こしたら勝手に修理してもいいの?

A:修理はリース会社指定の整備工場で行うのが原則となります。

勝手な判断で指定工場ではない別の工場で持ち込み修理することは契約違反となり、追加料金が発生する可能性があるので気をつけてください。

Q3:事故の修理代金は自分で負担するの?

A:リース料金に修理費用は含まれていませんので利用者の自己負担となります。

ただし、任意保険に加入している場合は保険で賄うことは可能です。また、事故で全損となった場合の強制解約による違約金も任意保険でカバーすることができます。

カーリースを利用するのであれば任意保険(カーリース専用の任意保険)に加入することをおすすめします。

Q4:任意保険は含まれているの?

A:一般的な車のサブスク・カーリースはリース料金に任意保険は含まれていません。

一部の自動車ディーラー系(トヨタKINTOや三菱ウルトラマイカープランなど)であれば、リース料金に任意保険も含まれているので、面倒な手続きなしで契約したいという場合はこれらのサービスを選ぶのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました