車のサブスク・カーリースの月額料金に含まれる費用・含まれない費用を徹底解説!

車のサブスク基礎知識

『車のサブスクの料金には何の費用が含まれてるの?』
『コミコミ定額って本当?追加で発生する費用はないの?』

車のサブスク・カーリースは維持費コミコミで月々定額でクルマに乗ることができます。

しかし、具体的にどんな費用が月額料金に含まれているのか?逆に含まれていない費用は何なのか?と気になるところではないでしょうか。

当記事では、車のサブスクの料金に含まれる費用と含まれない費用、更には追加で発生する可能性がある費用について詳しく解説します。

近年サブスクがブームということもあり、カーリースも「サブスク」と表現されることが増えています。車のサブスクもカーリースも月々定額で自由にクルマを使えるという点には変わりありません。そのため、当サイトでは基本的に車のサブスクに統一し解説しています。厳密に言うと両者には違いがあるので、サービスを選ぶ際は提供内容をよく比較検討したうえで決めることをお勧めします。

車のサブスクとカーリースの違いについてはこちらの記事をご参照ください。

車のサブスクの月額料金はどうやって決まるの?

車のサブスクでは、月々定額の料金を支払って車を利用する形になります。では、この月額料金はどのような計算で決められているのか?

料金に含まれる費用の内訳の前に、まずは月額料金の算出方法について解説します。

月額料金は残価をベースに決められている

車のサブスクの月額料金は残価をベースにして決められ、これにオプション等を付ける形で月額料金が決められます。

車のサブスクは、車両を借りて一定期間経過後に返却する方式です。この返却時の車両の価値を残価と言います。

車両本体価格から残価を差し引き、諸費用※を含めた金額を契約期間の支払い回数分で頭割りし、月額料金を決めているわけです。

※諸費用…車両本体価格以外の費用のこと。税金、保険、点検費用など

つまり、残価とは契約満了時の車両価値を予想したものということです。予想下取り価格とも言えますね。

車のサブスクでは、車両の価格100%を負担する必要はありません。そのため車を購入するときと比べて安く乗ることができます。

月額料金の計算方法

車のサブスクの月額料金は次の計算式で算出されます。

月額料金=(車両価格−残価※+諸費用)÷契約月数

※残価設定なしの契約プランでは残価を差し引きません

たとえば、車両価格150万円の車に諸費用15万円、契約期間5年、契約期間5年後の車の価値60万円(残価)の条件で月額料金を計算してみます。

(150万円−60万円+15万円)÷60ヶ月=17,500円

このようにして車のサブスクの月額料金が計算されます。

※ただし、オプションや走行距離も料金に影響するので実際にかかる料金の計算は異なります。

車のサブスクの料金に含まれるもの・含まれないもの

まずは、車のサブスクの料金に「含まれる費用」「オプションで含めることもできる費用」「含めることができない費用」をカンタンにご紹介します。

標準で含まれる費用 ・車両本体価格
・各種税金(環境性能、自動車税、重量税)
・保険料(自賠責保険)
・その他(各種手数料など)
オプションで含めることもできる費用 ・任意保険料
・点検費用
・車検費用
・消耗品の部品代、工賃
含めることができない費用 ・ガソリン代
・駐車場代

「標準で含まれる費用」はほとんどのリース会社・プランに当てはまります。車を維持するための基本的な費用が料金に含まれています。

「オプションで含めることもできる費用」は、任意保険と点検・整備、メンテナンス関連です。任意保険は標準でセットになっているサービスもあります。メンテナンスパックを付けることで点検や車検費用、消耗品関連の費用をコミコミにできます。

「含めることができない費用」は、各社共通です。いずれも月額料金とは別で支払っていく形となります。

車のサブスクの料金に標準で含まれるもの

リース会社によって詳細は異なりますが、車のサブスクの料金には基本的に以下のような費用が標準で含まれています。

車両本体価格 車両価格から残価を差し引いたもの
各種税金 ・環境性能割
・自動車税または軽自動車税
・自動車重量税
保険料 ・自賠責保険料
その他 ・各種手数料
・サポート料

車両本体価格

車のサブスクでは、借り受けた車両代金も料金に含まれます。上記で説明した通り、車両価格全体ではなく残価を差し引いた分が請求されます。

車両本体価格は一般に販売されている車の価格と基本的な考え方は同じで、車種によって料金は変わってきます。また、グレードやオプションによっても金額は異なります。

各種税金

車を購入すると購入時の消費税以外に様々な税金を払わなければいけません。これは車のサブスクでも同じ。税金は「環境性能割」「自動車税または軽自動車税」「自動車重量税」の3つです。

  • 環境性能割
    自動車の取得者に対して課税される税金。車の取得価格に対して普通乗用車は0〜3%、軽自動車は0〜2%です。電気自動車や燃料電池自動車など環境に配慮した車は非課税になることもあります。
  • 自動車税または軽自動車税
    毎年4月1日時点での車の所有者に対して課される税金。年に一度5月頃に収めます。普通自動車の場合は車の排気量に合わせて税額が決まるので、電気自動車や燃料電池自動車など排気量が少ない車は税額が軽減されます。軽自動車は一律です。
  • 自動車重量税
    購入時と車検時に車検証の有効期限分をまとめて支払う税金。普通自動車は車両重量に比例して加算されるので、重い車であればその分税金は高くなります。軽自動車は重さに関係なく一律となります。自動車重量税は1年毎にかかりますが、車検のときにまとめて収める決まりとなっており、新車購入なら3年分をまとめて収めなければなりません。ただし、車のサブスクは月額料金で均等に払っていくのでまとまった費用がありません。

環境性能割は契約時、自動車税と自動車重量税は維持している間ずっとかかる税金です。これらの税金は車の所有者であるリース会社が払うため料金に含まれています。

保険料

車の保険は「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」の2種類あります。

車のサブスクの場合、自賠責保険は含まれているので自分で加入する必要はありません。自賠責保険は車を運転するのであれば絶対加入しなければならない保険で、「強制保険」とも言います。

任意保険は料金に含まれないのが大半のため、自分で加入する必要があります。自賠責保険の補償は必要最低限となっているため、場合によっては自賠責保険では賄い切れない場合もあります。もしものときのために、幅広い保障がついている任意保険に加入するのがおすすめです。

その他

車のサブスクの料金には、車を保有する上で発生する各種手数料も含まれます。

各種手数料には、車庫証明代行手数料、ナンバープレート取得費用、保証料、登録手数料、仲介手数料、納車費用、お客様サポートなどがあります。

車のサブスクの料金にオプションで含めることができる費用

車のサブスクの料金にオプションで含めることができる費用には「任意保険料」と「点検費用・車検費用・消耗品の交換、工賃」があります。

任意保険料

法律で加入が義務付けられている自賠責保険と異なり、加入は任意となっている任意保険。

必ずしも加入する必要はありませんが、自賠責保険ではカバーできない補償項目を補うことができる保険ですから、できれば加入されることをおすすめします。

リース会社によっては独自に保険会社と提携し、専用保険を用意しています。専用保険に加入することで料金に保険料を含めることも可能です

中には標準で任意保険がセットのプランを用意しているリース会社もあります。

▼関連記事▼
車のサブスクに任意保険は必要!補償の選び方、おすすめサービスを紹介

任意保険込み車のサブスクおすすめ5選!おすすめの理由と注意点を解説

点検費用・車検費用・消耗品の部品代、工賃

安全に車を運転するためには、定期的に点検・整備、車検を受けたり、消耗品を交換したりする必要があります。

これらの費用は総じてメンテナンス費用とも言われており、車のサブスクの料金には基本的にメンテナンス費用は含まれません。しかし、リース会社が用意する「メンテナンスパック」や「メンテナンスプラン」を付けることでメンテナンスにかかる費用を料金に含めることも可能です

車のサブスクの料金に含めることができない費用

車関連の費用でもサブスクの料金に含めることができないものもあるので注意が必要です。「ガソリン代」「駐車場代」は、どのリース会社でも料金に含めることはできず、月額料金とは別に支払いする必要があります。

ガソリン代(燃料代)

車に乗るためにはガソリンなどの燃料代がかかります。燃料代は、どの程度乗るかや、ガソリン価格の変動もあるので定額にしづらい維持費です。車の使用頻度で不公平感が出てしまう維持費のため、車のサブスクの料金には含めることができません。

駐車場代

車を運転する上で、車両の保管場所は必ず確保しなければなりません。自宅に駐車スペースがある人もいれば、駐車場を借りる必要がある人もいます。

駐車場を借りるとなれば、当然、駐車場代が発生します。自宅に駐車場を確保できる人にも一律で代金を上乗せてしまうと不公平となってしまいます。そのため、車のサブスクの料金には駐車場代を含めることができません。

車のサブスクで維持費を定額にするメリット

車のサブスクで維持費が定額になるメリットは主に2つあります。

  1. 家計管理がラクになる
  2. 急な出費やまとまった支払いがなくなる

メリット1.家計管理がラクになる

車関連の出費は種類が多く、それぞれの支払い時期と金額を把握するのは大変です。また、税金や車検代は家計を圧迫することもあります

しかし、車のサブスクは税金や車検代を月額料金に含めることで毎月の出費が一定となり家計管理がしやすくなります。

メリット2.急な支払いやまとまった支払いがなくなる

車のサブスクなら保険料、メンテナンス代、車検代も定額にすることができます。車関連の出費は常に同じですから、急な出費やまとまった支払いがなくなるので、安心ですし他の用途に貯金を回せる余裕が生まれます。

車のサブスクで発生する可能性がある追加費用

車のサブスクでは契約が満了したら車を返却して終了です。その際、基本的に料金を請求されることはありません。

しかし、一部例外もあります。場合によっては追加料金を請求される可能性があります。返却時に請求される可能性がある費用は以下の4つです。

  1. 残価精算
  2. 故障・破損費用(原状回復費用)
  3. 走行距離超過料金
  4. 解約金・違約金

1.残価精算

返却した車両を査定し、残価との差額が生じた場合その差額分を利用者が負担しなければなりません。これを残価精算と言います。

たとえば、5年契約で5年後の契約満了時の車両価値(残価)を50万円とし、5年後に返却した車両を査定したところ査定額が30万円にしかならなかった場合…

50万円(残価)−30万円(査定額)=20万円

20万円の差額が生じたため、その20万円を利用者が負担することになるのです。

サブスクの契約期間を終えた車両は、中古車として販売されます。しかし、走行距離の超過や車に破損がなくても、中古車相場の変動により単に価値が下がっている場合は上記のように差額を請求されることもあります。

車のサブスクの契約方式には「オープンエンド方式」「クローズドエンド方式」の2種類あります。

オープンエンド方式は、車両の査定額が残価を下回っていると差額を支払う必要があり、逆に上回っている場合は差額を受け取ることができます。

クローズドエンド方式は差額を支払う必要もがなく、受け取ることもできません。

▼関連記事▼
車のサブスクの契約はオープンエンドとクローズドエンドどっちがいいの?

2.故障・破損費用(原状回復費用)

車両返却時には、車のボディや内装の状態などがチェックされます。

ボディに傷や凹みがあったり、車内に汚れや臭い、シートが破損しているような場合は契約時の状態に戻すための費用が請求されます。修理、パーツ交換、クリーニング代です。これを原状回復費用と言います。

3.走行距離超過料金

車のサブスクでは、走行距離の上限が設定されています。もし、車両返却時に走行距離の上限を超えていた場合は、超過分に対して追加費用がかかります。

走行距離の超過費用は1kmあたりで設定されていることが多く、だいたい1kmの超過で10円〜20円程度かかるのが相場です。

走行距離の上限は1,500km/月といったように月換算で設定しているリース会社が多いですが、最終的には月間走行距離×契約月数がオーバーしていなければ超過料金は発生しません。

たとえば、走行距離上限が1,000km/月で契約期間5年、超過料金10円/kmとした場合で計算してみます。

・総走行距離が59,000kmだった場合
1,000km×60ヶ月=60,000km 60,000km−59,000km=1,000km
→距離超過していないため超過料金なし

・総走行距離が63,000kmだった場合
1,000km×60ヶ月=60,000km 60,000km−63,000km=3,000km
→3,000km超過のため、3,000km×10円=30,000円
30,000円の超過料金を請求される

4.解約金・違約金

車のサブスクでは、何年契約とあらかじめ利用期間が決まっています。もし、契約満了前に解約すると中途解約扱いになります。

中途解約すると「解約金・違約金」が発生するので注意してください。

解約金は残りの期間分のリース料金に違約金が手数料として上乗せられる形が一般的です。残りの期間が長いほど解約金・違約金は大きくなります。

車のサブスクを契約する前に、契約期間を確認しその間はずっと車を利用し続けるかどうかしっかり検討しておきましょう。

事故で全損した場合も中途解約扱いとなり、解約金・違約金が発生します。この場合は、任意保険の車両保険などで解約金・違約金をカバーできるので、万が一に備えて任意保険には加入されることをおすすめします。任意保険の詳細はこちら

▼関連記事▼
車のサブスクは中途解約できない!?解約の条件と中途解約のリスクを防ぐ方法を解説

「トヨタKINTO」は維持費コミコミ!お得&安心して車に乗れる


出典:KINTO

車のサブスクは諸費用・維持費をコミコミの定額にできるから、月々の負担や手間をおさえて新車に乗ることができます。数あるサービスの中でもおすすめなのがトヨタのKINTOです。

クルマに関わる費用すべて含んで月々定額!月額1万円台〜人気車種に乗れる

KINTOは、車に必要な費用がすべてコミコミ※、月々定額のサブスクです。※ガソリン代、駐車場代、高速料金は含まれません。


出典:KINTO

税金、保険、車検・メンテナンス費用、故障修理など車にかかる費用が全て月々の支払いに含まれています。急な出費や大きな出費の心配がありません。

さらに車検やメンテナンスは、トヨタ正規販売店で受けられます。オイル・タイヤ・バッテリーなど消耗品の交換もトヨタのメンテナンス基準で行うので安心です。もしも故障したときには代車も用意してくれます。

クルマ関連の費用がすべてコミコミで月額1万円台〜トヨタの人気車種に乗れちゃいます。

任意保険(自動車保険)もコミコミ!誰でも同一料金、保険を使ってもずっと定額

車のサブスクでは、ほとんどのサービスが料金に任意保険(自動車保険)を含んでいません。自分で保険会社や補償内容を選んで加入手続きしなければなりません。

しかし、トヨタのKINTOなら月額料金に任意保険もコミコミ。誰でも同一料金で、保険を何度使ってもずっと定額です。年齢・ドライバーの制限がないから、家族や友達も運転できます。みんなでカーシェアすることもできます。

KINTOの任意保険は年齢・等級・免許証の色が影響しないから、保険料が高額になりがちな若い人にもおすすめ

事故で保険を使っても、月額料金は変わりません。納車と同時に保険が開始されるので、面倒な手続きは一切不要です。

\面倒な手続き一切なし!/
KINTOの詳細はこちら>>

★まとまった出費、急な出費がなく安心!★

▼関連記事▼
トヨタKINTO(キント)とは?仕組みや特徴、他社カーリースとの違いを徹底解説!

トヨタKINTO2つのデメリットと9つのメリットを契約者がレビュー

トヨタKINTOの任意保険スゴすぎ!等級なしで保険を何度使っても月額料金は変わらない

まとめ

車のサブスクは車両価格から残価を差し引いた金額が負担になるので、購入するよりも安く乗ることができます。

サブスクの料金には車両価格の他に諸費用も含まれています。標準で含まれている費用はリース会社やプランによって異なるので、料金には何の費用が含まれているのか必ず確認しましょう。

オプションで任意保険やメンテナンス費用を料金に含めることも可能です。ただし、ガソリン代や駐車場代は料金に含められないので、月額料金とは別で支払いする必要があります。

車両返却時は、残価精算や走行距離超過料金など追加費用が請求される可能性もあるので注意しましょう。

\KINTOならアルファード・ヴェルファイアが買える/
KINTO公式サイトはこちら
\KINTOならアルファード・ヴェルファイアが買える/
KINTO公式サイトはこちら
タイトルとURLをコピーしました