【車のサブスク】カーリースの契約はオープンエンドとクローズドエンドどっちがいいの?

車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)の契約方式は「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」の2種類あります。

どちらの方式で契約するかで契約終了時の手続きの選択肢支払う費用が異なるため、あらかじめきちんと理解しておくことが大切です。

オープンエンドとクローズドエンドの違いをよく理解せず「失敗した…」「後悔している」という方は少なくありません

今回は、車のサブスクにおける契約方式のオープンエンドとクローズドエンドについて詳しく解説していきます。

  • オープンエンドはリース料金が安く残価精算のリスクあり
  • クローズドエンドはリース料金が高く残価精算のリスクなし
  • 互いのメリット・デメリットを理解し、自分にあう方式で契約することが大切


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

契約前に知っておきたい「残価」について

オープンエンドとクローズドエンドは契約時に設定する「残価」の扱い方に違いがあります。

残価とは残存価格の略で、契約終了時の車の価値のことです。

車は消耗品のため、年数が経つにつれて価値は下がっていきます。

一気に無価値になるわけでではなく、価値は徐々に下がっていき契約期間が終了した時に妥当だと思う車の価格をあらかじめ設定する。これが残価となります。

そして、新車価格から残価を差し引き、それを契約月数で割った金額を月々の利用料金として支払っていくことになります。

たとえば新車価格200万円の車を5年契約したとします。この車の5年後の価値を50万円として残価を設定すると、月々のリース料金は

(200万円-50万円)÷60ヶ月(5年)=25,000円となります。

つまり、新車価格200万円の車を月々25,000円を支払うことで5年間使用することができるというわけです。

オープンエンド方式とクローズドエンド方式、どちらも残価を設定する点は同じですが、

「残価の開示」「残価精算の責任の所在」「契約終了時の選択肢」に違いがあります。

カーリースのオープンエンドとクローズドエンドの違い

オープンエンド・クローズドエンドは契約方式のこと

先にお話したとおり、オープンエンドとクローズドエンドは車のサブスクにおける契約方式のことです。

どちらも契約終了時の車の価値を示す残価を設定しますが、いくつか異なる点があります。

オープンエンドとは

オープンエンド方式には次の3つの特徴があります。

  • 契約時に設定した残価を契約者に開示する
  • 契約終了時の残価精算の責任は契約者にある
  • 月々のリース料金を安く抑えることができる

オープンエンドで契約する場合、契約者はリース会社が残価をいくらで設定したのかを知ることができます。

つまり、契約終了時(エンド)の残価を公開(オープン)することからオープンエンドと呼ばれています。

クルマの返却時に、クルマの査定額が残価よりも低かった場合は、その差額を契約者が負担することになります

たとえば、残価50万円で設定し、査定額が30万円だった場合は差額の20万円を契約者はリース会社に支払うことになります。

逆に査定額が60万円だった場合、残価に対して+10万円となるためリース会社は契約者に10万円を支払います。

残価は契約者の同意の上で自由に決めることもできるリース会社もあり、残価を高く設定することで月々のリース料金を安く抑えることも可能です

クローズドエンドとは

クローズドエンド方式には次の3つの特徴があります。

  • 契約時に設定した残価を契約者に開示しない
  • 契約終了時の残価精算の責任はリース会社にある
  • 月々のリース料金はオープンエンドと比べて高め

クローズドエンド方式では、契約者に残価を開示しません。

そのため、残価をいくらで設定したのか契約者は知ることができません。

クルマの返却時に、クルマの査定額が残価を下回ったとしても契約者は差額をリース会社に支払う必要はありません

たとえば、残価20万円で契約終了時の査定額が0万円だったとしても契約者は差額分を支払わなくていいのです。

クローズドエンド方式は、残価精算がありませんがそれは恐らく残価をかなり低く設定している可能性が高いです。

残価精算の責任がリース会社にあるため、リース会社としてはできるだけ損しないために、残価を0円もしくは限りなく低い金額に設定しています。

残価を低く設定しているため月々のリース料金はオープンエンド方式と比べると高めになります。

また、オープンエンドとは違い契約者が残価を設定することは一切できません。

オープンエンドとクローズドエンドのメリット・デメリット

ここまで解説してきた内容をもとに、オープンエンドとクローズドエンドの違いを表にしてみました。

<オープンエンドとクローズドエンドの違い>

オープンエンド クローズドエンド
◆リース契約時◆
残価の開示 公開 非公開
残価精算の責任 契約者 リース会社
残価の設定 リース会社と契約者が同意の
上で自由に設定することも可能。
リース会社が設定する
◆リース契約終了時◆
手続きの選択肢
  1. 返却
  2. 再リース(延長)
  3. 乗り換え
  4. 買取(残価を支払う)
  1. 返却
  2. 再リース
  3. 乗り換え
車両返却時の残価精算 査定額が残価を下回る場合は
契約者が負担する。査定額が
残価を上回る場合はリース会
社が契約者に差額分を支払う。
車の価値が変動しても契約者は
残価精算は不要。 ※

※.車両に傷や凹みがある場合は修理費用を契約者が負担となります。

では、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

オープンエンド方式のメリット・デメリット

メリット
  • 残価を高く設定し月額料金を安くできる
  • 残価を支払って車を買い取ることができる
デメリット
  • 査定額が残価よりも低い場合は契約者が差額を負担しなければいけない
  • 車の価値が下がらないような乗り方を意識しなければいけない

オープンエンド方式は、リース会社が契約者に残価を開示し同意を得ることで契約します。

リース会社によっては、契約者の意向を聞いてくれて残価を高く設定してもらうこともできます。

残価を高くすることで月々のリース料金が安くできます

また、契約終了時は残価を全額払って車を買取り自分のものにすることもできます。

一台の車を長く乗り続けたいという人にとっては買取ができるのはありがたいですね。

一方、乗っていたクルマの市場価値が下がり残価と査定額に差額が生じたときは契約者が負担しなければいけないというリスクがあります。

また、車両に傷や凹みがつくと価値が下がり、修理費など追加費用も発生するため気を使って運転しなければいけません。

クローズドエンド方式のメリット・デメリット

メリット
  • 契約終了時の残価精算による差額請求がない
  • 契約前に支払い金額が明確になる
デメリット
  • 残価が低く設定されるため月額料金は高めになる
  • 車の買取はできない

クローズドエンド方式は、リース会社に残価精算の責任があるので差額が生じたとしても契約者が負担することはありません

月々のリース料金は残価をもとに算出されますが、残価精算がないため契約前に支払う金額が明確になり安心です。

一方、残価精算の責任はリース会社にあるため残価は低く設定されます。中には残価0円で設定し結局のところ車両代金を全額払っているケースもあります。

そのため、月々のリース料金はやや高めになる傾向です。

クローズドエンド方式では契約終了時の選択肢は、基本的に返却か再リースとなっており買取は不可となります。

ただし、契約終了時に「車がもらえる」プランを用意しているリース会社もあります。

クルマを自分のものにしたいと考えている方は車がもらえるプランのあるリース会社を選択するのも一つの手です。

車がもらえるサブスクの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

【口コミ比較】車がもらえるカーリース5選!793人アンケートから評判の良いサービスを紹介

オープンエンドとクローズドエンド、おすすめの契約方式は?

オープンエンドとクローズドエンド、それぞれにメリット・デメリットがありますが、どちらの方式で契約するのが良いのでしょうか。

オープンエンド方式はこんな人におすすめ

  • 将来的に車を買い取りたい

オープンエンド方式は契約終了時に残価を支払って車を買い取ることも可能です。クローズドエンド方式でも例外はあるものの基本的には返却することになるので、それまで乗っていた車を自分のにはできません。

買取を考えているのであれば、残価はできるだけ低く設定し精算時の買取額を低く抑えるということも可能です。オープンエンドならリース会社と相談して残価を設定することも可能ですから、このようなこともできるのです。

  • 車を丁寧に乗り続けられる

車を丁寧に乗り続けることに自信がある人はオープンエンド方式で契約するのもいいでしょう。車の状態でも価値は変わってきますので、きれいな状態を維持し続けられるのであればオープンエンドはありかなと思います。

傷・凹み・汚れは車の価値を下げてしまいますので、それらの心配がある人や丁寧に乗ることに自信がないのであればオープンエンドはやめておいたほうが良いでしょう。

クローズドエンド方式はこんな人におすすめ

  • 契約満了後の面倒なことはイヤだ

クローズドエンド方式なら、契約終了後に残価精算の請求をされることはありません。また、通常の使用で付く程度の傷であれば修理費用を請求されることもありません。※

※契約走行距離をオーバーしている場合はオーバーしている分の費用を請求されます。

オープンエンドとクローズドエンドの月額料金はいくらぐらい違うの?料金を比較

オープンエンドとクローズドエンドでは、月々のリース料金はいくらぐらい違うのか比較してみましょう。

比較条件は以下のとおりです。

【サービス】

  • リースナブル…オープンエンド方式
  • 定額カルモくん…クローズドエンド方式
  • MOTAカーリース…クローズドエンド方式

【その他の条件】

  • 契約期間は5年
  • オプションは標準でついてるもの以外は選択なし
  • 支払い方法は月々定額払い、ボーナス加算なし

では、実際にリース料金を比較してみます。

※比較結果はあくまで一例ですので、参考程度に捉えていただければと思います。

  • ホンダ N-BOX カスタムLターボ

サービス 月額料金 契約終了後
リースナブル 24,750円 車を返却
定額カルモくん 32,170円 車を返却
MOTAカーリース 41,580円 車がもらえる
  • トヨタ アクア G

※写真はグレードL

サービス 月額料金 契約終了後
リースナブル 39,600円 車を返却
定額カルモくん 43,390円 車を返却
MOTAカーリース 46,640円 車がもらえる
  • トヨタ アルファード S7人乗り

※写真はグレードX

サービス 月額料金 契約終了後
リースナブル 47,300円 車を返却
定額カルモくん 62,750円 車を返却
MOTAカーリース 86,240円 車がもらえる

比較の結果、オープンエンド方式は月額料金をかなり安く抑えることができることがわかりますね。

ただし、何度もお話している通り、オープンエンド方式は残価精算のリスクがあるので残価を高くしすぎることがないように注意しましょう。

まとめ

オープンエンド方式とクローズドエンド方式どちらにもメリット・デメリットがあることがおわかりいただけたかと思います。

中にはどちらの契約方式なのか説明してくれないリース会社もあるので、契約する前に確認するようにしましょう。

気になっているサービスがオープンエンドなのかクローズドエンドなのか知っておくことが大切です。

内容をきちんと確認せずに、月々の料金だけで判断すると失敗する恐れもあります。

タイトルとURLをコピーしました