車のサブスク基礎知識
PR

車のサブスクは高いからやめとけ?現金一括やカーローンとの料金比較と向いてる人を解説

ikejin
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『車のサブスクって高いの?』
『自動車ローンと比べるとどっちがおトク?』
『カーリースは総額が明らかに高いよね?』

車のサブスク(カーリース)は購入と比べて高いというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし、現金一括やローンで購入する場合と料金を比較すると、支払い総額で40万円前後も安く車に乗ることができます

ただし、車のサブスクは契約満了で車を返却しなければならない点に注意が必要です。

3年、5年といったように一定期間で車を乗り換えるならサブスクを利用するほうが安いですが、一台の車に長く乗るであれば購入するほうが安く済みます。

当記事では、車のサブスクと購入のコスト比較、車のサブスクが高いと言われる理由、どんな人にサブスクがおすすめなのかを解説します。

車のサブスクとカーリースに違いはない!サービスを選ぶうえで大切な5つのチェックポイントを解説

車のサブスク(カーリース)は高い?購入と費用を比較

車のサブスク(カーリース)は高いと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、車のサブスクを利用した場合と、購入し売却した場合を、それぞれ3年/5年/7年で比較してみます。

車のサブスクのサービスは「KINTO(キント)」、購入は現金一括と銀行自動車ローンとします。

※試算結果はあくまでも参考目安であり、実際のお支払い額や平均支払い額等をお約束するものではありません。

・ライズ X ガソリン車 1.2L 2WD

車のサブスク現金一括払い銀行自動車ローン
均等36回払い/5.0%の場合
A:車両代・オプション代利用料に含まれます1,752,860円1,752,860円
B:税金・諸費用
(自賠責補・自動車税など)
149,770円149,770円
C:任意保険・メンテナンス588,675円588,675円
D:分割払い手数料など138,386円
E:3年後の下取り参考価格788,787円788,787円
F:支払い総額(3年)
A+B+C+D-E
1,421,640円1,702,518円1,840,904円
月々の支払額
F÷36ヶ月
39,490円47,292円  初回:52,404円
2回目以降:51,100円
※車のサブスクは「KINTO」の初期費用フリープランを利用。任意保険は9等級で試算
Q
A・B・C・D・E・Fの詳細

A:車両代・オプション代
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。

B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)
利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。

C:任意保険・メンテナンス
任意保険料、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)

D:分割払い手数料等
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。

E:3年後の下取り参考価格
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して45%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。

F:お支払い総額(3年)A+B+C+D-E
3年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。

出典:KINTO料金比較シミュレーション

・カローラクロス G ガソリン車 2.0L 2WD

車のサブスク現金一括払い銀行自動車ローン
均等60回払い/5.0%の場合
A:車両代・オプション代利用料に含まれます2,449,600円2,449,600円
B:税金・諸費用
(自賠責補・自動車税など)
362,140円362,140円
C:任意保険・メンテナンス・車検1回823,405円823,405円
D:分割払い手数料など324,013円
E:5年後の下取り参考価格734,880円734,880円
F:支払い総額(5年)
A+B+C+D-E
2,844,600円2,900,264円3,224,278円
月々の支払額
F÷60ヶ月
47,410円48,338円  初回:55,978円
2回目以降:53,700円
※車のサブスクは「KINTO」の初期費用フリープランを利用。任意保険は14等級で試算
Q
A・B・C・D・E・Fの詳細

A:車両代・オプション代
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。

B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)
利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。

C:任意保険・メンテナンス車検費用(1回)
任意保険料、車検費用(1回)、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)

D:分割払い手数料等
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。

E:5年後の下取り参考価格
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して30%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。

F:お支払い総額(5年)A+B+C+D-E
5年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。

出典:KINTO料金比較シミュレーション

・ランドクルーザー250 VX ガソリン車 2.7L 4WD

車のサブスク現金一括払い銀行自動車ローン
均等84回払い/5.0%の場合
A:車両代・オプション代利用料に含まれます5,492,900円5,492,900円
B:税金・諸費用
(自賠責補・自動車税など)
702,300円702,300円
C:任意保険・メンテナンス・車検2回1,645,988円1,645,988円
D:分割払い手数料など1,028,533円
E:7年後の下取り参考価格549,290円549,290円
F:支払い総額(7年)
A+B+C+D-E
6,569,640円7,291,898円8,320,430円
月々の支払額
F÷84ヶ月
78,210円86,808円  初回:103,430円
2回目以降:99,000円
※車のサブスクは「KINTO」の初期費用フリープランを利用。任意保険は18等級で試算。
Q
A・B・C・D・E・Fの詳細

A:車両代・オプション代
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。

B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)
利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。

C:任意保険・メンテナンス車検費用(1回)
任意保険料、車検費用(2回)、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)

D:分割払い手数料等
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。

E:7年後の下取り参考価格
各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して10%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。

F:お支払い総額(7年)A+B+C+D-E
5年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。

出典:KINTO料金比較シミュレーション

比較表からわかるとおり、車のサブスクを利用するのが最も支払額が少ないです。これは、車のサブスクは残価(契約満了時の車の価値)を、新車価格からあらかじめ差し引いた金額をもとに利用料金を決めているからです。

また、車のサブスクは面倒な手続きをすべてサブスク会社が代行してくれるので手間がかかりません。このことも考慮すると、差額以上にお得なのかもしれません。

ただし、安いから車のサブスクを利用しようと、すぐに契約しないほうがいいです。注意すべきこともあるからです。

それは、現金一括はもちろんですが、銀行自動車ローンは返済が終わればその車は購入者自身のものとなること。これに対し、車のサブスクは契約期間満了後は車を返却しなければなりません。

サブスクでは、残価分を支払うことで車を買い取ることもできますが、支払い総額は現金一括や銀行自動車ローンよりも高くなります。

車のサブスクは、3年や5年といったように期間を決めて乗るのが前提で、期間満了後は乗り換えることになります。3年〜7年程度で車を乗り換えるのであれば、車のサブスクを利用するほうが得するケースが多いです。

逆に、短期間(3年〜7年程度)で新車に乗り換えることを考えていないのであれば、1台の車を長く所有するほうが得します

購入の場合、手元に残った車の価値が高ければ得です。そうでなければサブスクが得ということになりますね。たとえば、今回ランドクルーザー250を例に出しましたが、7年後も中古価格が高く維持されているなら所有するほうが特になる可能性が高いでしょうね。

なぜ車のサブスク(カーリース)は高いと言われるのか?

比較の結果、車のサブスク(カーリース)は購入と比べても高くないことがわかりました。

それでも、「車のサブスクは高い」と言われてしまうことがあります。それはどのような理由からなのでしょうか。

ここでは、車のサブスクが高いと言われてしまう理由について解説します。

車のサブスクが高いと言われる理由

1.車のサブスクの月額、総額は高く見えるから
2.車の利用に制限があるから
3.車が自分のものにならないから
4.車両返却時に追加費用が発生する場合があるから

1.車のサブスクの月額、総額は高く見えるから

車のサブスク(カーリース)の料金は、金額だけを見ると月額料金が高く感じられてしまうかもしれません。

購入の場合、「車両本体価格」だけを支払うのに対し、車のサブスクは車両本体価格以外の諸費用が含まれているので高く見えてしまうのです。

一般的に、車の総額とは車両本体価格とオプション費用などを合計した金額を指しますが、車のサブスクに限ってはそれだけではありません。

車のサブスクの総額には以下の費用が含まれています。

車のサブスクの総額に含まれる費用

車両本体価格/環境性能割/自動車税/自賠責保険料/任意保険料/車検費用/メンテナンス費用など

※含まれる費用はサービスごとに多少異なります

現金一括や銀行自動車ローンで購入した場合でも、各種税金や、車検費用などの費用が別々にかかりますが、車のサブスクの場合はそれらの費用をまとまて支払っているために高く感じてしまうことは否めないでしょう。

あくまでも「高く感じてしまう」だけであって、税金や車検費用などの諸費用も含めた総額で比較すると、車のサブスクは高くないということですね。

2.車の利用に制限があるから

車のサブスク(カーリース)は、車の利用に制限があります。

たとえば、走行距離の制限や車内での喫煙禁止、ペットの乗車禁止、改造・カスタマイズの禁止などがこれにあたります。

車のサブスクでは、車の所有権がサブスク会社側にあり、契約者は使用権があるだけに過ぎないことが理由です。「月額料金を払っているけど思い通りに使えない」となるため、高く感じてしまうことが考えられます。

3.車が自分のものにならないから

先述したとおり、車のサブスク(カーリース)では車の所有権はサブスク会社にあります。そのため、契約期間が満了すると契約者は車をサブスク会社に返却しなければなりません

「月額料金を払い続けたのに車が自分のものにならないなんて・・・」となり、相対的に高く感じてしまうことがあるかもしれません。

購入の場合でも、1台の車に一生乗り続けるのは難しいです。いつかはその車を手放す時が来ます。それが早いか遅いかの違いなだけですが、車のサブスクの場合は3年〜7年程度と比較的短い期間で車を手放すため高く感じてしまうのも無理ないのかもしれません。

4.車両返却時に追加費用が発生する場合があるから

車のサブスク(カーリース)では、車両返却時に追加費用が発生する場合があります。

たとえば、走行距離の制限をオーバーしていれば「超過料金」が発生しますし、車両にキズやヘコミがあったり車内の汚れが酷ければ「原状回復費用(修理費用やクリーニング代)」が発生します。

その他にも、返却した車両の査定額が残価よりも低ければその差額を精算する「残価精算」がかかります。

このように、返却時に精算することで月額料金とは別に料金を支払わなければならなかった、となり車のサブスクは高いという印象が強く残り続けてしまう可能性が考えられます。

このように、車のサブスク(カーリース)にはいくつかのデメリットがあるため高く感じてしまう人も一定数います。利用を検討している人は、契約してから後悔しないためにもデメリットをきちんと理解しておきましょう。

車のサブスク10のデメリットと解決策!デメリットを解消できるサービスも紹介

車のサブスクの利用料を安くする3つの方法

車のサブスク(カーリース)では、月額料金に登録諸費用や各種税金、自賠責保険などが含まれています。そのため、月々の支払いは高く感じることでしょう。

ここでは、車のサブスクの月額料金を抑える方法をご紹介します。

1.契約期間を長くする

月額料金は、契約期間が長くなるほど分割されるため安くなります。逆に短いほど高くなります。月額料金を少しでも抑えたいのであれば、長期契約可能なサブスクの利用を検討してみてもいいでしょう。

ただし、車のサブスクは原則として中途解約できません。期間を長くしすぎて生活スタイルの変化に合わせて車を乗り換えることが難しくなります。生活スタイルの変化も見越して、契約期間を決めるようにしましょう。

2.走行距離制限を短くする

車のサブスク(カーリース)では、契約期間中の走行距離の制限を設定します。

走行距離制限を短くするほど月額料金は安くなるので、長距離運転をしない場合や車の使用頻度が高くないという場合は、必要に応じて走行距離制限を短めに設定するのもよいでしょう。

ただし、設定した走行距離を超えた場合は、超過料金を支払わなくてはなりません。極端に短くならないよう、ある程度余裕のある距離設定にしましょう。

走行距離制限を一律にしている会社もあるので注意てください。

3.中古車のサブスクを利用する

中古車は車両価格が新車よりも安くなるので、その分月額料金も安く抑えることができます。

中古車のサブスクは新車のサブスクよりも契約期間が短めになるケースが多いので、契約期間はよく確認するようにしてください。

また、中古車は一点ものですから新車のようにカラーやオプション品を選ぶことはできません。在庫からしか選べないため、乗りたい車種がない可能性も十分考えられます。さらに新車よりも故障のリスクが高いので長期契約する際も注意が必要と言えます。

車のサブスクはやめとけ?向いてる人は?

初期費用を抑えて車に乗りたい人

車のサブスク(カーリース)は、購入するのと違ってまとまったお金を用意する必要がありません。月額料金を払うだけでいいので、手元に現金がなくても貯金を崩さなくても新車に乗ることができます。

数年で車を乗り換えたい(または手放す予定)人

車のサブスク(カーリース)は、購入と比べて同じ期間で複数の車を楽しむことができたり短期間で解約が可能だったりという手軽さと便利さがあります。

そのため、数年で車を乗り換えたい人や手放す予定の人に車のサブスクは向いています

契約期間が満了したらサブスク会社へ車を返却したうえで別の車でサブスク契約を結ぶだけなので、乗り換えの手間がかかりません。

生活スタイルの変化にあわせて車を乗り換えたい、常に最新の車に乗っていたいなどにより、数年ごとに車を乗り換えたい人は、車のサブスクを上手く活用できるでしょう。

車関連の支払いの管理をラクにしたい人

車のサブスク(カーリース)のの月額料金には、期間中に発生する税金や保険、メンテナンス費用、車検費用などが含まれています。月々の車関連の出費が固定となっておりわかりやすいです。

支払い総額は高くなるものの、突然の出費やまとまった支払いがなくせるので家計管理がラクになります。

法人や個人事業主の方などは、車のサブスクの月額料金をそのまま経費計上できるので帳簿管理がラクになるメリットもあります。

車検代のような大きな支払いがなくせるのはサブスクのメリットの一つですね。

車の面倒ごとをなくしたい人

車のサブスク(カーリース)は、WEB上で車を選んだりそのまま契約手続きを済ませることができます。車の購入はサブスク会社が行うので、あらゆる面倒ごとをなくして車に乗ることができます。

購入の場合だと商談や購入契約、納車など何度も販売店へ足を運ぶ必要があり、その都度日程調整もしなければならないので面倒に感じるもの。

しかし、車のサブスクなら車にまつわる手続きがワンストップでOKというメリットがあります。面倒くさいのが嫌いな人にもサブスクはピッタリのサービスです。

車はサブスクと購入どっちがいいのか比較?違いやメリット・デメリット、選ぶ基準を徹底解説

よくある質問

Q:車のサブスクは購入と比較して高いですか?

A:短期利用(3年〜7年程度)なら車のサブスクを利用するほうがお得になるケースが多いです。一方、契約満了後は返却となり手元には残らないので、1台の車に長く乗りたい人には向きません。詳細は「車のサブスク(カーリース)は高い?購入と費用を比較」をご確認ください。

Q:なぜ車のサブスクは高いと言われるのですか?

A:一番の理由は、車のサブスクの月額料金には車両本体価格の他に各種税金や保険、メンテナンス費用などが含まれておりまとて支払いするため、支払い総額が高く感じることです。詳細は「なぜ車のサブスク(カーリース)は高いと言われるのか?」をご参照ください。

Q:車のサブスクはどういう人におすすめですか?

A:初期費用なしで車に乗りたい人、面倒ごとを避けたい人、短期間で色んな車に乗り換えたい人、車関連の出費を一括管理したい人などにおすすめです。

Q:車のサブスクで値引きできますか?

A:車のサブスク(カーリース)では、車両の値引きはできません。サブスク会社がディーラーから車を購入する際に、既に車両本体価格について値引き交渉をしている場合が多いからです。つまり、契約者に提示される車両価格はすでに値引きされた後の価格ということです。

Q:車のサブスクで注意すべきことは?

A:車のサブスク(カーリース)では残価設定があるため、残価を損なうようなことをしてしまうと契約満了時に追加費用が発生する可能性があります。月額料金にプラスして費用を支払ったことで、結果的に車のサブスクは高いと感じてしまう恐れがあるので車の使い方には注意が必要です。ただ、一般的な車の使い方をしている限りは、追加費用が発生する可能性は低いので必要以上に心配する必要はありません。

車のサブスクの残価精算とは?なぜ差額精算が発生するのか?仕組みと対策を解説

まとめ

今回は、車のサブスク(カーリース)と購入した場合を比較しました。

車のサブスクは高いと言われることが多いですが、現金一括や銀行自動車ローンと料金を比べても高くないことがわかりました。短期間の利用ならサブスクを利用するほうが安く済みます。

車のサブスクでは、最後に車を返すため手元に残りません。一台の車に長く乗り続けたいという人には向かないサービスです。

一方、短期間で車を乗り換えたい人にはメリットが大きいサービスと言えます。3年毎、5年毎に車を乗り換えるというのであればサブスクを利用するほうがお得になるからです。

また、車のサブスクでは初期費用が不要なうえに、車の維持費用が月額料金に含まてているので支払いの管理がラクになります。

車の乗り方や使用する期間によってサブスクと購入のどちらがおトクなのかが違ってくるため、金額面だけでなく、車をどのように乗りたいのか、今後の生活スタイルにはどのような車が必要なのか等も考えて賢い選択をしてください。

【車のサブスク・カーリース比較】契約者おすすめランキングTOP5と選び方

ABOUT ME
記事URLをコピーしました