車のサブスクはデメリットだらけ?「やめとけ」と言われる5つの欠点と対策を解説

車のサブスク 基礎知識

『カーリースはやめとけって言われるけど、実際どうなの?』
『サブスクはデメリットだらけらしいけど本当?』
『デメリットの解決策はないの?』

車のサブスク(カーリース)のメリットは知っていてもデメリットは知らない・・・という人も多いかと思います。

デメリットを知らずに契約すると後悔することにもなりかねません。

そこで今回は、

  • 車のサブスクのデメリット
  • デメリットの解決策

この2点について詳しく解説していきます。

車のサブスクを検討しているけど、どんなデメリットがあるのか知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

  • 車のサブスク最大のデメリットは「車の使用に制限があること」
  • デメリットは方法次第で解決することが可能
  • 車を借りて使用することに抵抗がある人にはサブスクは向かない

では早速説明していきましょう。


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクリプション5つのデメリット

  1. 車は返却前提だから使用には制限がある
  2. 契約期間が決まっていて途中解約できない
  3. 大きな事故で中途解約になるとまとまったお金が必要
  4. 残価精算のリスクがある
  5. 最終的に買い取る場合は現金で買うより多く払っている

車のサブスクのデメリット①:車は返却前提だから使用には制限がある

車のサブスクリプションはあらかじめ利用期間を設定し、期間内は車を自分のものとして使用できます。ですが、基本的に契約満了時には契約しているリース会社に返却となります。

※買取や車がもらえるプランもあります。

返却を前提とした契約であるため、車の所有権は契約しているリース会社にあります。つまり、完全に自分の車として使えるわけではないということです。

車はリース会社のものですから、使用するにあたっていくつか制限があります。

  • 改造・カスタマイズは原則禁止
  • 傷や凹みに気を使いながら乗る
  • 走行距離の上限がある

契約終了時は基本的に車両を返却となりますが、納車されたときに近い状態に戻さないといけません(これを現状回復といいます)。

そのため、改造やカスタムは基本的にできませんし、可能な範囲で行った場合でも元の状態に戻さないといけないので手間がかかります。傷や凹みは程度にもよりますが修理したうえで返却します。

もし、原状回復せずに返却した場合はリース会社から原状回復にかかる費用を請求されます

また、車両の価値を大きく損なわないために走行距離の上限が定められています。

一般的に1,500km~2,000km/月(年換算で24,000km前後)と余裕のある制限となっていますが、もしオーバーした場合は「1kmあたり◯円」の超過費用を請求されます。

車のサブスクのデメリット②:契約期間が決まっていて途中解約できない

サブスクリプションと聞くと「かんたんに止められる」とイメージされる方も多いですが、車のサブスクリプションの場合は契約期間が決まっているので原則として途中解約はできません

もし、途中で解約するとなった場合でも、残りの期間分の利用料金や解約金が発生します

車のサブスクのデメリット③:大きな事故で中途解約になるとまとまったお金が必要

事故などで全損になった場合、リース会社から強制解約となります。

このような場合でも中途解約として未払い分の利用料金や残価をまとめて支払わなければいけませんので、まとまったお金が必要になります。

車のサブスクのデメリット④:残価精算のリスクがある

車のサブスクリプションには、基本的に残価設定があります。残価とは契約終了時における車両の価値を予想した金額のことです。

残価設定があるおかげで月額料金を安くできるわけですが、残価はあくまでも予想の金額です。

契約終了時点での車両価値が下がってしまい、査定額が残価を下回った場合は利用者が差額を精算しなければいけません

例)残価60万円、査定額40万円の場合

残価60万円-40万円=20万円

差額20万円を利用者が支払う

※オープンエンドで契約した場合です。クローズドエンドで契約した場合は残価精算はありません。

車のサブスクのデメリット⑤:最終的に買い取る場合は現金で買うより多く払っている

車のサブスクリプションの月額料金には税金や保険、車検、メンテナンスなどの費用分も含まれています。そして、実はこれらの費用にも金利がかかっています

カーローンの場合だと車両代金に対してだけ金利がかかりますが、サブスクだと料金に含まれている費用全てに金利がかかるのです。

そのため、最終的に車を買い取る(もしくはもらう)場合は、トータルの総支払額は現金購入やローンよりも高くなります

車を自分のものにしたくて、なおかつ総支払額を抑えたいと考えているなら現金一括かローンで購入するほうが良いでしょう。

車のサブスクリプションは、総支払額の安さよりも、月々定額でムリがない支払いができることや面倒な手間がかからないことにメリットを感じる人向けのサービスと言えます。

車のサブスクのメリットについてはこちらの記事をご覧ください。

車のサブスクの6つのメリット!サブスクリプションはこんな人におすすめ

車のサブスクのデメリットを解決するには

車のサブスクのデメリットは方法次第で解決することも可能です。

解決策①:車がもらえるサブスクを利用する

車のサブスクリプションは返却前提が基本ですが、中には契約終了後に車がそのまま自分のものになるプランを用意している会社もあります。一般的には「車がもらえるプラン」と言われています。

返却しなくていいので、自分好みの改造やカスタムができますし、傷や凹み、汚れなどを気にしなくて良くなります。走行距離をオーバーしても問題ありません。

【車がもらえるプランがある会社・サービス】

※ただし、現金一括やローンと比べて総支払額は高くなりますので注意してください。

解決策②:契約期間はライフステージの変化を考慮して決める

契約期間は先を見越して検討し、ライフプランに合わせた年数を考えておくことが大切です。

通勤や送り迎えなどマイカーのように使いたいという場合は長期契約が適しています。契約期間を長くすることで、月額料金は安く済みます。

【長期契約もできる会社・サービス】

出張や短期間の赴任などで、一時的に車を使いたいときには短期契約ができるサブスクが適しています。ただし、短期契約だと月額料金が高めなので、中古車のサブスクも検討するといいでしょう。

【短期契約できる会社・サービス】

解決策③:1年単位で契約を選べる、途中解約が可能なサブスク

車のサブスクリプションの契約期間は3年・5年・7年といったように決められているるサービスが多いですが、中には1年単位で選択できるサービスもあります。

より細かく設定できる方が、ライフステージの変化による乗り換えにも柔軟に対応できるでしょう。

また、契約期間中であっても一定期間経過後は少額の手数料を支払う、もしくは無料で乗り換えできるサブスクリプションを検討するのも一つの手です。

【1年単位で契約できる会社・サービス】

解決策④:リースカー専用の自動車保険(任意保険)に加入する

車を購入する場合だけでなくサブスクリプションを利用する場合でも自動車保険(任意保険)へ加入することをおすすめします。

できれば、通常の自動車保険ではなくリースカー専用の自動車保険が良いです。

自動車保険の「車両保険」は車体の修理はまかなえますが、中途解約による解約金・解約金までカバーできない可能性があるからです。不足の場合は自己負担となりますし、余裕でカバーできた場合は保険料をムダに多く払っている(損した)ことになります

リースカー専用の自動車保険であれば、全損による中途解約でも解約金・違約金は全額補償されますし、保険料はムダのない金額に設定されます。

サービスによっては自動車保険もコミコミになっているサブスクもありますので、そちらを検討するのも良いでしょう。

【自動車保険コミコミの会社・サービス】

解決策⑤:クローズドエンド方式で契約(残価保証があるサービスもおすすめ)

車のサブスクリプションの契約方式は「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2種類あります。

オープンエンドは、残価を高く設定して月額料金を安くできますが、契約終了時に残価精算が必要な場合は利用者負担となる契約です。

一方、クローズドエンドは残価はほぼありませんので月額料金はやや高めですが、残価精算が必要でも契約したリース会社が負担するので利用者にはリスクがありません

残価精算が心配な場合はクローズドエンドで契約できるサービス会社を選ぶのが良いでしょう。

また、車のサブスクリプションの残価については基本的にそのリース会社が保証してくれるものではありません。この点は、残クレと大きく異なります。

ただし、会社によってはオプション加入で残価保証してくれるところもあります。オープンエンド方式で契約を考えているのであれば、残価保証オプションがある会社を選ぶのも一つの手です。

【残価保証オプションがある会社・サービス】

オープンエンドとクローズドエンドについての詳細はこちらの記事をご覧ください

【車のサブスク】カーリースの契約はオープンエンドとクローズドエンドどっちがいいの?

車のサブスクが向いてない人

車のサブスクリプションのデメリットとそれに関する解決策をご紹介しましたが、それでもサブスクリプションのサービス自体が合わない人や向いてない人はいらっしゃいます。

  1. 車を「借りて乗る」ことに抵抗がある人
  2. 1台の車を長く乗り続けたい人
  3. 走行距離が多い人
  4. 金利や手数料は少しでも安く済ませたい人
  5. 自分好みに改造・カスタムしたい人

サブスクが向かない人①:車を「借りて乗る」ことに抵抗がある人

車のサブスクリプションは購入ではなく、リース会社から「借りて乗る」ため抵抗がある人は少なからずいらっしゃいます。

レンタカーのように超短期間なら割り切れても、1年、2年…とある程度の期間乗り続けていくならマイカーとして使用したい、借り物はイヤだと考える人には車のサブスクリプションは向いてません。

サブスクが向かない人②:1台の車を長く乗り続けたい人

1台の車を長く乗り続けたい、乗り潰す前提でいる人は購入したほうが良いでしょう。サブスクだと基本的に契約終了後は返却するため手元に残りません

買取や車がもらえるプランのサブスクもありますが、総支払額は割高になるのでサブスクにメリットを感じない人には向いてません。

サブスクが向かない人③:走行距離が多い人

サブスクは月間走行距離の上限があり、オーバーした場合は超過料金を払わなければいけません。

通勤や長距離運転メインの使い方だと走行距離制限をオーバーする可能性が高いので、走行距離が多い人にもサブスクは向いてません。

サブスクが向かない人④:金利や手数料は少しでも安く済ませたい

車のサブスクリプションは税金や保険、メンテナンス費用などにも金利がかかります。購入であればこれらは本来払わなくていい手数料ですよね。

サブスクリプションは、手間や面倒ごとを契約会社におまかせできる分、金利手数料が多くかかります。

本来払わなくていい手数料がかかるため、総支払額は高くなります。特に、最終的に買取する場合は現金一括やローンで購入するほうが断然お得です。

クルマを自分のものにしたく、かつ総支払額を安く済ませたい人はサブスクは向いてません。

サブスクが向かない人⑤:自分好みに改造・カスタムしたい人

車のサブスクリプションは、車両の所有権がリース会社にあるので好き勝手カスタムすることはできません。

リース会社によっては、元の状態に戻すのが用意なカスタムならOKとしていますので、一切いじれないわけではありません。

とは言え、自分好みの改造・カスタムはできないでしょうから、改造・カスタムを考えている人にも車のサブスクは向いてません。

まとめ

今回は、車のサブスクリプションのデメリット、デメリットの解決策、さらにはサブスクが向いてない人について解説しました。

デメリットからもわかるとおり、サブスクリプションは万人向けのサービスではありません。

メリット・デメリットをきちんと理解し、自分にあっているなと思ったりサブスクに魅力を感じるのであれば利用を検討してみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました