トヨタ新型ハリアーはサブスクがコスパ良し!KINTOで車の面倒ごとをすべておまかせ

車のサブスク 車種情報

『新型ハリアーのサブスクってどうなの?』
『ハリアーを購入するのとサブスクってどっちがいいの?』

トヨタの新型ハリアーは、プレミアムSUVということもあり価格は高めですから、なかなか手が届かなくてお悩み中の方もいることでしょう。

車のサブスクリプションなら頭金・初期費用0円で月々定額制だから利用しやすいです。

しかも、月額料金には税金や保険代、車検代、メンテナンス費用もコミコミというメリットもあります。

この記事では、トヨタの新型ハリアーをコスパよく乗るなら車のサブスクがおすすめな理由をご紹介します。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクだと新型ハリアーは月々いくら?

車のサブスクとは、月額定額制で車を使用できるサービスです。月額料金には税金や保険料、車検代、メンテナンス代など車に関する費用が含まれています。

マイカーローンや現金一括などで車を購入する場合、これらの費用はその都度、自分で支払いしなければいけません。

ですが、車のサブスクなら、毎月定額料金を払っていくだけでいいので、税金や車検代などの費用の支払いを心配しなくて済みます

新型ハリアーの料金

サブスクを利用した場合の新型ハリアーの料金を見てみましょう。

サービス・会社 月額料金(最安)※ボーナス払いなし
トヨタ・KINTO 51,010円~
SOMPOで乗ーる 46,750円~
リースナブル 31,900円~
新車リースクルカ 32,800円~
コスモMYカーリース 47,300円~
カーコンカーリースもろコミ 46,750円~
定額カルモくん 39,540円~
MOTAカーリース 39,270円~
定額ニコノリパック 44,330円~
リース会社ごとに料金が違う理由

リース会社によって料金に差があるのは、各社で月額料金に標準で含まれているものが違うからです。

たとえば、この中ではKINTOがもっとも料金が高いですが、KINTOでは車に関するあらゆる費用が標準でコミコミになっているため他サービスと比べて高い料金設定になっています。

月額料金に含まれるもの
KINTO リースナブル
  • 車両本体価格
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税種別割
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検(整備費用も含む)
  • メンテナンス
  • ロードサービス
  • 代車
  • 車両本体価格
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税種別割
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 車検(整備費用は含まない)

これに対して、料金が安い「リースナブル」や「新車リースクルカ」は月額料金に含まれていないものもあります

たとえば、任意保険や車検代、メンテナンス代などは別途加入が必要だったり、月額料金とは別に支払いが必要になります。

そのため、一見安いと思えても車にかかるあらゆる費用をトータルで比較すると各社で大きな差にはならないケースが多いです。

とにかく車の維持・管理にかかる費用はすべて月額料金にコミコミにして

「急な出費や大きな出費は避けたい」「面倒事はリース会社にお任せしたい」

という人は、KINTOやSOMPOで乗ーるのようなすべての費用をコミコミにできるリース会社がおすすめです。

一方、

「月額料金はできるだけ安く済ませたい」「車検代やメンテナンス代はその都度検討したい」

という人はリースナブルや新車リースクルカのように必要最低限の費用だけをコミコミにしたリース会社があっているでしょう。

契約年数で月額料金が変わる

車のサブスクリプションは、車をどのぐらいの期間使用するのか契約時に決めます。そして、契約期間によっても月額料金が変わってきます。

たとえば、最長11年契約も可能な「定額カルモくん」で新型ハリアーの月額料金を契約期間別に見てみましょう。

  • グレードS、オプションなし、メンテナンスなし
契約期間 月額料金
1年 117,700円
2年 78,980円
3年 64,460円
4年 57,910円
5年 52,250円
6年 50,540円
7年 52,740円
8年 48,450円
9年 44,490円
10年 41,960円
11年 39,540円

このように、契約年数が長くなるほど月額料金は安くなります。

車のサブスクリプションは、原則として中途解約不可です。もし中途解約する場合は残りのリース期間分の月額料金や違約金を支払う必要があります。単に料金が安くなるからというだけの理由で契約期間を長く設定すると失敗します。ライフスタイルの変化も見越して契約期間を決めるようにしましょう。

新型ハリアーはサブスクと購入どっちがお得?

新型ハリアーをサブスクで乗るうえで最も気になるのは費用面ではないでしょうか。

購入した場合と比べて、サブスクは得するのか?損するのか?

結論を言うと、車のサブスクは現金やローンで購入するよりも総費用は高くなります

車のサブスクの月額料金には、車両本体価格の他に登録諸費用や各種税金、保険代、車検代、メンテナンス費用などがすべて含まれています。

そして、これらの費用に対しても金利手数料がかかっています

そのため、車のサブスクは購入するよりも総費用は高くなります

単純に総費用を安く済ませて新型ハリアーに乗りたいのであれば、サブスクではなく購入される方が良いでしょう

車のサブスクと購入費用の比較詳細はこちらの記事で解説しています

ですが、コスパ重視でハリアーに乗りたいのであれば、車のサブスクリプションはまちがいなくおすすめです。その理由については次で解説します。

新型ハリアーをコスパよく乗るなら車のサブスクがおすすめな4つの理由

車のサブスクは購入(現金一括やローン)と比べて総支払額は高くなります

ですが、車のサブスクリプションは車にかかる費用(税金やメンテナンス費用など)をコミコミの定額料金にしたことで、得られる恩恵・メリットもあります。

購入と比べて総支払額は高くても、非常にコスパの良いサービスです。その理由は4つあります。

【車のサブスクがコスパ良しな4つの理由】

1.頭金・初期費用0円でハリアーに乗れる
登録諸費用や税金もコミコミ定額にしているため、本来は購入時に支払いが必要となる頭金や初期費用は0円。まとまったお金がなくても新型ハリアーに乗れます。

2.使う期間分だけの支払いで済む
サブスクは、予め決められた期間だけクルマに乗るサービスです。そのため、車両価格は使う使う期間分だけ支払えばいいのでムダがありません。

3.税金・保険の支払いと手続きが不要
サブスクの月額料金には税金も保険※も含まれているので、これらの費用を毎年自分で支払う必要はなし。保険会社の比較や加入・更新手続きも不要なので手間がかかりません。

4.まとまった出費・急な出費なし
車のサブスクは、月額料金に車検代とメンテナンス費用もコミコミです。数十万円とかかる車検代や急なメンテナンスによる費用の支払いは不要。契約期間終了まで車に関する出費は一定だから安心です。

このように、車のサブスクリプションは月々定額料金を支払うだけで好きな車に乗ることができます

車を購入するとなると様々な手続きや支払いが発生し時間と手間がかかります。

ですが、車のサブスクなら、あらゆる面倒ごとがなくなるのです。こうした手間をなくせるかわりに手数料がかかります。

快適なカーライフを送るための投資と考えれる方はサブスクリプションが向いています

もちろん、車のサブスクリプションにはデメリットもあります。メリット・デメリットを理解したうえでサービスを利用するのか決めるようにしましょう。

車のサブスクのデメリットの詳細はこちらの記事で解説しています
※車の保険には自賠責保険と任意保険の2種類あります。基本的に自賠責保険はどのサービスでもはじめから含まれていますが、任意保険は別途支払いとなるサービスも多いので事前に確認されることをおすすめします。

新型ハリアーをサブスクで乗れるサービス9社を比較

トヨタのハリアーをサブスクリプションで乗ることができるサービスをご紹介します。

各社で特徴やサービス内容が異なりますが、大きな違いは契約終了後の手続きです。

  • 契約終了したら車を返却する
  • 契約終了後は車がもらえる

最終的に新型ハリアーをどうしたいかによっても利用する会社が変わってきますので、この点も踏まえてよく比較検討してみてください。

契約終了したら車を返却するサブスク

KINTOSOMPOで乗ーるリースナブル新車リースクルカコスモMYカーリース

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
54,010円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
1500km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
月額料金に含まれる 月額料金に含まれる
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を乗り換え
なし
KINTOの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
46,750円~ オープンエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
・1,000km
・1,500km
・2,000km
・3,000km
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
月額料金に含まれる 月額料金に含めることも可
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を買い取る
・車を乗り換え
・車を再リース
車がもらえる
(10月下旬サービス開始予定)
あり
SOMPOで乗ーるの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
SOMPOで乗ーる公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
31,900円 オープンエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
750km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
なし 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を買い取る
・車を再リース
あり
リースナブルの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
リースナブル公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
32,800円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・1年
・2年
・3年
1,000km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
なし 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を乗り換え
なし
新車リースクルカの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
新車リースクルカ公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
47,300円~ ・オープンエンド方式
・クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
・500km/月
・1,000km/月
・1,500km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を買い取る
・車を再リース
・車を乗り換え
あり
コスモMYカーリースの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
コスモMyカーリース公式HPはこちら

車を返却するサブスクの特徴・注意点

残価設定ありで車両本体価格は使用する期間分だけの支払いでOK。

新車購入するよりもお得な乗り方ができます

契約方式が「オープンエンド方式」の場合、契約終了時に追加費用を求められる場合があります。

オプションで追加費用なしにできるものもありますので、契約前に確認しましょう

契約終了後は車がもらえるサブスク

カーコンカーリースもろコミ定額カルモくんMOTAカーリース定額ニコノリパック

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
46,750円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・7年
・9年
2,000km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車がもらえる
・車を返却
なし
カーコンカーリースの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
カーコンカーリース公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
39,540円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
1年~11年 1,500km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車がもらえる
・車を返却
・車を乗り換え
・車を再リース
なし
定額カルモくんの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
定額カルモくん公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
39,270円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・5年
・7年
・11年
なし
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車がもらえる
・車を返却
なし
MOTAカーリースの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
MOTAカーリース公式HPはこちら

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
44,330円~ ・クローズドエンド方式
・オープンエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・5年
・9年
1,000km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車がもらえる
・車を返却
・車を乗り換え
・車を再リース
なし
定額ニコノリパックの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
定額ニコノリパック公式HPはこちら

車がもらえるサブスクの特徴・注意点

車がもらえるサブスクは、契約終了後はクルマがもらえて自分のモノにできます。リース会社に返却しないため、車のサブスクにありがちな「追加費用の請求トラブル」の心配なし。走行距離制限を気にする必要もなく、カスタム・改造も自由に行なえます。

残価設定がなく、契約期間中に車両本体価格を全額支払う必要があります。そのため、返却前提のサブスクと比べて月額料金は高めです。

新型ハリアーおすすめのサブスク3社

KINTO

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
54,010円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
1500km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
月額料金に含まれる 月額料金に含まれる
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を乗り換え
なし

自動車メーカー最大手「トヨタ」が提供する車のサブスクリプションサービス。

月額料金には、ガソリン代と駐車場代以外のすべての費用がコミコミ。

毎年かかる自動車税や2年ごとの車検代の支払いは不要。もちろんメンテナンス代も気にする必要がありません

自動車保険も含まれており、誰でも同一料金で保険を使ってもずっと定額

万が一の事故をフルサポートし、修理が必要な場合も自己負担は最大5万円でOKと充実の補償内容。年齢・等級に影響されないので若い人ほどお得です

クローズドエンド方式だから、契約終了後に高額な追加費用を求められることもなく安心

契約期間中も、契約終了後も予定外の追加費用の心配をしたくない人にKINTOはおすすめです。

KINTOの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

SOMPOで乗ーる

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
46,750円~ オープンエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
・1,000km
・1,500km
・2,000km
・3,000km
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
月額料金に含まれる 月額料金に含めることも可
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を買い取る
・車を乗り換え
・車を再リース
車がもらえる
(10月下旬サービス開始予定)
あり

SOMPOとDeNAの車サブスクリプションサービス。

車検代、メンテナンス代、さらには任意保険もコミコミの月々定額で余計な出費を心配せず安心して車を使用できます。

任意保険は等級引き継ぎ可能だから、等級が育ってる人はお得な保険料のまま。期間中は保険を使用しても等級も保険料も変わりません

残価保証オプションに加入すれば、契約集終了後の追加費用の請求がなくなるので、より安心です。

2021年10月下旬より「車がもらえる」サービスを開始予定です。
SOMPOで乗ーるの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
SOMPOで乗ーる公式HPはこちら

カーコンカーリースもろコミ

月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
46,750円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・7年
・9年
2,000km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車がもらえる
・車を返却
なし

カーコンビニ倶楽部運営の車サブスクリプションサービス。

最長9年リースで月額料金を抑えて車に乗ることができます。残価設定なしで契約終了後の追加精算の心配なし。

最後はクルマをもらって自分のモノにすることができます

走行距離制限なし、カスタマイズOKと自由度の高い使い方ができるのがカーコンカーリース最大の特徴です。

契約満了2年前から解約金なしで中途解約も可能。ライフステージの変化にあわせた乗り換えもできます。

カーコンカーリースもろコミの詳細はこちら

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
カーコンカーリース公式HPはこちら

ハリアーの魅力を紹介。あなたに合う車なのか抑えておこう!


出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

高級感とたくましさを兼ね備えたトヨタの人気SUV「ハリアー」。

ここでは、ハリアーの魅力を語っていきます。

ハリアーの魅力


出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

新型ハリアーは、美しいクーペフォルムに上質で心地よい室内空間、スポーティーで力強い走りを感じさせてくれる新時代のSUVです。

欧州SUVに採用されるスタイリッシュでたくましいシルエットは、思わず振り返る「いい女」ならぬ「いいクルマ」にふさわしい一台です。

新型ハリアーのグレード

新型ハリアーのグレード構成と価格はこのようになっています。

グレード ガソリン車 ハイブリッド車
S 299万円
(319万円)
358万円
(380万円)
G 341万円
(361万円)
400万円
(422万円)
G Leather Package 371万円
(391万円)
430万円
(452万円)
Z 393万円
(413万円)
452万円
(474万円)
Z Leather Package 423万円
(443万円)
482万円
(504万円)

パワートレインは「2.0Lガソリンエンジン」と2.5L+モーターの「ハイブリッド」の2種類があります。パワートレインによるグレードの差はありません。

グレードS

エントリーグレードであるSの主な標準装備は17インチのアルミホイール、3灯式LEDヘッドランプ、4.2インチの液晶メーターディスプレイとなります。

エントリーグレードでもDCM(専用通信機器)やスマホとの連携可能なディスプレイオーディオも搭載されており、最新のコネクティングサービスを利用可能です。上級グレードと比べると高級感にやや欠けますが実用性は十分な装備内容です。

グレードG

グレードGは、切削光輝+ダークメタリックの18インチアルミホイールを標準装備、バンパーメッキガーニッシュにドアハンドルはメッキになるなど見た目の高級感が高まる仕様となっています。

またヘッドライトはオートレベリング機能付きのプロジェクター式LEDヘッドランプとなります。

ハリアーを象徴するアイテムの一つとなっているのでぜひ欲しいところですね。

グレードZ

新型ハリアーの最上級グレード「Z」は、高輝度シルバー塗装の19インチアルミホイール、ロングタイプのLEDハイマウントストップランプが標準装備となります。

また、ディスプレイオーディオは「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」が追加され、エクステリアもインテリアもより高級感が増す装備内容となっています。

インテリア・内装


出典:トヨタ「ハリアー」ギャラリー

新型ハリアーの内装はプレミアムSUVにふさわしい上質で心地よい室内空間に仕上がっています。

  • グレード「S」の内装

    グレードS内装の内装はこのようになっています。カラーはブラック、シートはファブリック、シートステッチはダークグレーを使用しています。目立った加飾類はありませんが、高級車の定番でもある「イルミネーテッドエントリーシステム」を搭載し、クリアブルーの証明がエレガントさを演出してくれます。

 

  • グレード「G」「Z」の内装


    グレード「G」「Z」ではブラックの他にブラウンとグレーの2色から選ぶことができます。雰囲気がガラッと変わりますね。シート表皮には合成皮革がプレスされ、メタル加飾やサテンメッキ加飾が随所に施され高級感を高めています。Sグレードでは味わえない居心地の良さとラグジュアリーさを体感できますよ。

 

  • グレード「G/Z Leather Package」の内装

    「G/Z」の「Leather Package」では、内装色がブラックとブラウンの2色から選択できます。他のグレードとの大きな違いはシートに本皮を使用している点です。高級感を演出するならやはり本革シートは外せませんね。

新型ハリアーの燃費

車選びの重要ポイントの一つと言えるのが燃費です。維持費に関わってくる部分ですから、新型ハリアーがどの程度の燃費性能なのかチェックしておくべきです。

新型ハリアーハイブリッドの燃費

  • 2WD
モード カタログ燃費
WLTCモード 22.3km/L
市街地モード 19.5km/L
郊外モード 25.1km/L
高速道路モード 22.1km/L
JC08モード 27.4km/L
  • E-Four
モード カタログ燃費
WLTCモード 21.6km/L
市街地モード 18.9km/L
郊外モード 24.2km/L
高速道路モード 21.4km/L
JC08モード 26.3km/L
WLTCモードとは


引用:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-construction/subcategory-engine/faq064

あくまでもカタログ値なので実燃費とのズレはあるかもしれませんが、このクラスで燃費がリッター20kmを超えているなら及第点と言えるのではないでしょうか。

新型ハリアーガソリン車の燃費

  • 2WD
モード カタログ燃費
WLTCモード 15.4km/L
市街地モード 11.3km/L
郊外モード 15.7km/L
高速道路モード 18.0km/L
  • 4WD
モード カタログ燃費
WLTCモード 14.7km/L
市街地モード 11.0km/L
郊外モード 14.9km/L
高速道路モード 17.1km/L
WLTCモードとは


引用:https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-construction/subcategory-engine/faq064

やはりガソリン車はハイブリッド車と比べると燃費性能は劣ります。ただ、その分車両価格は安いので、このあたりのバランスも考えてガソリン車にするかハイブリッド車にするか決めると良いでしょう。

安全性能

新型ハリアーは、トヨタの予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備しています。

全車に標準装備となっている主な安全装備は以下の通り。

プリクラッシュセーフティ ぶつからないをサポート
レーントレーシングアシスト 高速道路のクルージングをサポート
レーダークルーズコントロール ついていくをサポート
ロードサインアシスト 標識の見逃し防止をサポート
インテリジェント
クリアランスソナー
アクセルの踏み間違い・踏みすぎによる
障害物との衝突を緩和、被害の軽減に寄与。

これらに加えて、GやZの上級グレードだけに標準装備となる安全性能もあります。

新型ハリアーの安全装備で特筆すべきは走行中に前後方を録画できる「デジタルインナーミラー」です。

ドラレコが標準装備されるケースは殆どありませんでしたが、新型ハリアーではグレードGとZで標準装備されています。

後部席に人や荷物が乗って視界を遮られていても後方確認できより安全性が上がっています。最近はあおり運転による事故も増えてきているので、万一の事故に備えるためにも重要な安全装備です。

タイトルとURLをコピーしました