ホンダ車のカーリースおすすめ3選!新車をリースするならココで決まり

車サブスク 比較ランキング

『ホンダ車をリースするならおすすめはどこ?』
『カーリースってどこも同じじゃないの?』

この記事では、ホンダ車をカーリース(車のサブスク)するのにおすすめの会社・サービスをご紹介します。

リース会社は数多くありますが、どこがいいのか迷われる方もいらっしゃることでしょう。

そこで、当サイトがおすすめするホンダ車のカーリースをご紹介します。

▼関連記事▼
車のサブスクの仕組みを徹底解説!今サブスクリプションが人気な理由

ホンダの新車カーリースおすすめ3選!

SOMPOで乗ーる

保険でおなじみ損保ジャパンのカーリースサービス。

国産車と輸入車を全メーカー・全車種取り扱いしており、ホンダ車もすべての車種・グレードから選び放題

月額料金には、任意保険(自動車保険)もコミコミ。保険会社のカーリースらしいサービス内容です。保険の等級引き継ぎも可能なので、お得な保険料のままカーリースを利用できます

内容充実のメンテナンスプランは、メーカー保証が切れた後もメンテナンス対応OK。メンテナンスのプロに安全な状態をおまかせでき安心です。

契約終了後は車をもらうこともできるので、一台のホンダ車を長く乗りたいとお考えの方にもおすすめです。

<SOMPOで乗ーるの基本情報>

取扱車種 契約方式
国産車 全メーカー・全車種 ・オープンエンド
・クローズドエンド
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
・9年
・1,000km
・1,500km
・2,000km
・3,000km
任意保険の取り扱い 契約終了後の車の扱い
あり
※リース契約とセット可
・返却
・延長
・乗り換え
・買い取り
・車をもらう
SOMPOで乗ーるの詳細はこちら

\任意保険もコミコミ!安心・安全なカーリース/
SOMPOで乗ーる公式HPはこちら

MOTAカーリース

人気の自動車WEBメディア「MOTA」が運営するカーリースサービス。

審査申し込みから納車までの手続きをすべて来店不要で完結することができます。自宅納車なので忙しくて店舗に行く暇がない方、商談が苦手な方にも適したサービスです。

契約期間は5年・7年・11年と利用者のニーズに沿った選択ができ、長期契約なら月額料金を抑えてホンダ車を乗り続けられます

しかも、走行距離制限なし&契約終了後は車がもらえます。キズや凹みを気にする必要がなく、自分好みの改造・カスタムを楽しむこともできます。

MOTAカーリースには、距離無制限の7年延長保証もあり安心の保証体制。充実のメンテナンスプランもつければ、長期の利用でも故障・トラブルの心配無用です。

<MOTAカーリースの基本情報>

取扱車種 契約方式
国産車 全メーカー・全車種 ・クローズドエンド
契約期間 走行距離制限(月換算)
・5年
・7年
・11年
なし
任意保険の取り扱い 契約終了後の車の扱い
なし
※別途加入手続きが必要
・返却
・乗り換え
・車をもらう
MOTAカーリースの詳細はこちら

\最長11年契約!月額料金が安い!/
MOTAカーリース公式HPはこちら

Honda 楽らくまるごとプラン(楽まる)

株式会社ホンダファイナンスのカーリースサービス。

リース商品では珍しく「残価保証あり」「車両返却時は30万円まで利用者の負担なし」などディーラー系らしく安心・安全性の高さがウリとなっています。

7年契約プランなら最後は車をもらうことも可能。乗り方に合わせた選択肢が用意されているのも◎。

希望すれば任意保険をリース契約に含めることもでき、等級引き継ぎも可能です。

ただし、楽まるは販売店(ホンダカーズ)で申し込み・契約となるため来店が必要となります。現時点ではWEB申込みは不可となるので注意してください。

<楽らくまるごとプランの基本情報>

取扱車種 契約方式
ホンダ車 オープンエンド
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
・1,000km
・1,500km
任意保険の取り扱い 契約終了後の車の扱い
あり
※リース契約とセット可
・返却
・延長
・乗り換え
・買い取り
・車をもらう
楽まるの詳細はこちら

楽らくまるごとプラン 公式HPはこちら

ホンダ車のカーリース選びで失敗しない3つのポイント

初めてカーリースを利用される方にとっては「リース会社選びで失敗しないか?」と不安になるかもしれません。

ここでは、カーリース会社・サービスの失敗しない選び方を解説します。

カーリースに申し込む前に以下3つのポイントを確認してください。

  1. 契約内容の確認
  2. トータル支払額
  3. 任意保険への加入

▼関連記事▼
【初心者必見】カーリース利用者317人の後悔・失敗談!7つの事例から失敗しない選び方を解説

1.契約内容の確認

カーリースの契約内容は当然ながらリース会社ごとに異なります。自身が希望するものにあったプランなのか必ず確認しましょう。

具体的に確認すべき契約内容は次の6つです。

1.契約方式 オープンエンドとクローズドエンドの2種類。
オープンエンドは月額料金が安いが、
契約終了時に残価精算のリスクあり。
クローズドエンドは月額料金高めでも
契約終了時に残価精算なし。
2.契約期間 期間が長いほど月額料金は安くなる。
カーリースは中途解約できないため、
長期契約は中途解約のリスクが高くなる
めることを十分理解する必要あり。
長期的な見通しが立たないなら
5年以内で契約するのがおすすめ。
3.月額料金の内訳 月額料金に含まれる費用は
リース会社ごとに違う。
料金が安いプランは、
車検代やメンテナンス代が
含まれていないものも多い。
急な出費やまとまった支払いを
避けたいのであればこれらの費用も
コミコミにできるサービスがおすすめ。
4.走行距離制限 どのリース会社も月間1,000km~
1,500km程度に設定しているところが
ほとんど。
長距離運転メインなら走行距離オーバーに
要注意。
超過したぶんは1kmあたり◯円の
追加費用を請求される。
どれぐらいの距離を走るのか事前に
大まかな計算をしておくのがおすすめ。
5.中途解約の可否 原則としてカーリースは中途解約不可。
ただし、中には一定条件クリアで
中途解約可能なリース会社もあり。
長期契約が不安な場合は中途解約できる
リース会社を選ぶのが安全。
6.契約終了後の車の扱い 契約終了後は車を返却としている
リース会社が多いが、中には買取や延長、
もらえるプランを用意しているところも。
最終的に車をどうしたいか?
も契約の時点で決めてから選ぶと
失敗しにくい。

2.トータル支払額

月額料金ではなく、リース期間中(契約期間)のトータル支払額がいくらになるのかを把握することが大切です。

リース料金(月額料金)だけを見ると安く感じても、メンテナンスや任意保険料などリース料金に含まれていない費用も含めると高くなることはよくあります。

リース料員に含まれている内容、任意保険の補償内容、整備内容などもきちんと把握し複数社を比較して決めましょう。

3.任意保険へ加入

カーリースも任意保険への加入は必須です。

一般的な任意保険もありますが、カーリース特有のトラブルを回避する意味でも専用の任意保険に加入することをおすすめします。

▼関連記事▼
カーリース専用任意保険(自動車保険)の特徴・メリット・注意点を解説!

ホンダの新車をリースするメリットとは?

ホンダ車を利用するには購入、カーリース、レンタカー、カーシェアなど様々な方法があります。

そのような多くの利用方法がある中で、カーリースを選ぶメリットはなんなのでしょうか。ここでは、ホンダ車をリースするメリットをご紹介します。

  • 頭金不要・車の維持にかかる突発的な出費なし
  • 車の維持・管理がラク!初めてのクルマも安心
  • WEBで簡単申し込み!面倒な手続き一切なし

頭金不要・車の維持にかかる突発的な出費なし

カーリースは頭金0円ですから購入資金を用意する必要はありません。

月々定額の利用料だけで手軽にホンダ車に乗り始めれます。

また、利用中に発生する税金・保険・車検・メンテナンスなどの突発的な出費が発生しません。

そのため、購入するよりも計画的にクルマを持つことができます。

車の維持・管理がラク!初めてのクルマも安心

クルマは税金や保険、車検、メンテナンスなど維持するために多くの出費を伴い考えるだけで不安になります。

カーリースは、これらの費用コミコミで月々定額払いだから、車の維持・管理をリース会社にお任せできるので楽ちん。

保険の手続きや税金の支払いなどもすべて任せられるので安心です。

WEBで簡単申し込み!面倒な手続き一切なし

カーリースはWEB上で申し込み・契約が可能。

家に居ながらクルマのグレードやオプション、支払額のシミュレーションができます。

忙しい時間のあいまにPCやスマホでかんたん申し込み。店頭に行く手間が省けます。

クルマを購入するには様々な手続きが必要ですが、カーリースなら面倒な手続きは一切不要です。

▼関連記事▼
車のサブスクの6つのメリット!サブスクリプションはこんな人におすすめ

車のサブスクはデメリットだらけ?「やめとけ」と言われる5つの欠点と対策を解説

ホンダ車のカーリースおすすめランキング

ここでは、2021年現在のホンダ車のカーリースで人気の車種TOP5をご紹介します。

1位:N-BOX

ホンダの中でもトップクラスの販売台数を誇る人気車種がN-BOX。

理由はなんと言っても、余裕のある居住スペースと使い勝手の良さ。多彩なシートアレンジで様々なシーンに対応でき、普段使いやお出かけでもストレスなく利用できます。

見た目通り、前方の視界が良好で安心感も◎。運転に不慣れな方の初めの一台としても最適。軽快な走りも魅力です。

カスタムグレードもラインナップし男性からの人気も高く、幅広い層から支持を集めています。

ホンダの先進運転支援システム「ホンダセンシング」も標準装備し、安全性能も文句なし。

2位:ヴェゼル

SUVの力強さとクーペのスタイリッシュさが融合したクロスオーバーSUVモデルのヴェゼル。

コンパクトハッチバックの良さも兼ね備え実用性も申し分なしな一台です。

コンパクトモデルながらも室内空間は広々としており、快適に過ごせて使い勝手の良さが高評価を得ています。

ホンダの先進ハイブリッドシステム「e:HEV」も加わり、電気モーターの力強い走りと低燃費を両立しているのも魅力です。

もちろん全モデルに先進予防安全技術「ホンダセンシング」を標準装備し安全面も納得の仕上がりです。

3位:フリード

広い室内とハイブリッドの高燃費で人気を博すコンパクトミニバンのフリード。

「This is最高に丁度いいホンダ」のキャッチコピーどおり、5ナンバーサイズの扱いやすいボディながら、3列シートの広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現した使い勝手のいいクルマとして支持され、今ではホンダの主力モデルの一つです。

フリードは走りにも定評があり、ガソリン車、ハイブリッド車ともにキビキビとしたフットワークで、路面からの衝撃と揺れも少ないフラットな乗り味はミニバンの中でもトップクラスの実力を誇ります。

4位:フィット

愛らしく親しみやすいフロントフェイスが特徴的な5ドアハッチバックタイプのコンパクトカー「フィット」。

コンパクトボディながら後席・荷室は広々として使い勝手を重視した設計。コンパクトカーでも後席の広さを求める方に最適です。

また、大きなフロントウィンドウ、細めのAピラー、フラットなインパネ上面など至るところに工夫をこらし視界が良好で運転しやすいのも特徴です。

タイプの異なる6グレードを展開し、自分のライフスタイルにあったグレード選択ができるのも嬉しいポイント。

デザイン、実用性、走行性能、安全性能すべてが高基準でバランスの取れたコンパクトカーです。

5位:ステップワゴン

リビングのような機能的な室内空間、使い勝手の良さと家族思いな設計が人気のミドルサイズミニバンのステップワゴン。

最大の特徴やリアの「わくわくゲート」。上向きに引くだけでなく、ドア半分のみを横向きにも開く画期的なもの。荷物の積みやすさはもちろん、サードシートへの乗り降りのしやすさにもつながっています。

ステップワゴンはもともと走りの良さにも定評があり、改良の結果、更に操縦安定性とフラットな乗り心地を手に入れました。

タイトルとURLをコピーしました