軽自動車サブスク・カーリースおすすめランキング!人気の3社を紹介

車のサブスク比較ランキング

『車のサブスクで軽自動車に乗りたい!』
『車のサブスクはどこの会社が良いのかわからない』
『おすすめのカーリースサービスを教えて!』

低コストで乗れることで人気の軽自動車。それを更におトクに乗る方法が車のサブスク・カーリースです。

当記事では、おすすめの軽自動車サブスク・カーリースをランキング形式でご紹介します。どの会社で軽自動車に乗るのが良いのか迷われている人はぜひ参考にしてみてください。

【ランキング】軽自動車のサブスク・カーリースおすすめTOP3

ここでは軽自動車を扱う車のサブスク・カーリース3社を人気順にご紹介します。

1位:ニコニコマイカーリース ニコノリ


出典:ニコノリ

株式会社MICが運営する車のサブスク・カーリース。月額5,500円〜新車の軽自動車に乗ることができるリーズナブルさが魅力です。

ニコノリでは、半年ごとのオイル交換や車検、メンテナンスといった費用がすべてコミコミ。定期点検をしっかり受けることで将来のクルマの価値を高め、その高まった価値の分をあらかじめ値引きしてくれるため他社よりも安い料金で軽自動車に乗ることができるのです。

取扱車種は国産全メーカー・全車種対応ですから自分にぴったりな軽自動車が見つかります。納車は全国対応なので自宅にいながら新車が届きます。

複数の信販会社が審査を行うので他社よりもチャンスが多く、審査に通りやすいのもニコノリの魅力。来店不要で手続きでき、審査結果は最短当日回答のスピード対応。

  • ニコノリのサービス詳細
軽自動車の月額料金
(ボーナス併用払いあり)
5,500円〜
契約期間 1年〜9年
走行距離制限
(月換算)
1,000km
契約方式 オープンエンド方式/
クローズドエンド方式
月額料金に標準で含まれる費用 車両本体価格/登録諸費用/環境性能割/
自動車税種別割/自動車重量税/自賠責保険/
車検/新車1ヶ月点検/新車6ヶ月点検/
エンジンオイル交換/ウォッシャー液補充/
バッテリー液補充/クーラント液の補充/
メンテナンスパック あり
任意保険 月額料金に含めることも可
※損保ジャパン SGP(一般自動車保険)
契約満了時の車両の扱い 返却/乗り換え/再リース/買い取り/もらう



 \最大4社で審査!チャンスが多い/
ニコノリ公式サイトはこちら>

★月額5,500円〜新車の軽自動車に乗れる★

▼関連記事▼
【139人の口コミ評判】ニコノリ8つのメリットと3つのデメリット、注意点を解説

2位:リースナブル


出典:リースナブル

3年、5年の短期利用でも月額料金が安いのがリースナブルです。取扱車種を人気車種にだけに絞っているため、他社では真似できないリーズナブルな価格で新車の軽自動車に乗ることができます。9年契約は最後にクルマをもらうことができるので、一台の車に長く乗りたい人にもおすすめです。

リースナブルの大きな特徴の一つが「いつでも解約OK・買取OK」なこと。しかも解約金0円。途中でクルマが要らなくなるかも…といった心配も無用です。乗り換えや買取も思いのまま。自社在庫も豊富なので全国どこでもスピード納車できるのも嬉しいポイント。

走行距離は750km/月とやや短めなので通勤や長距離運転が多い人は注意が必要です。

  • リースナブルのサービス詳細
軽自動車の月額料金
(ボーナス併用払いあり)
6,600円〜
契約期間 3年/5年/9年
走行距離制限
(月換算)
750km/月
契約方式 オープンエンド方式
月額料金に標準で含まれる費用 車両本体価格/登録諸費用/環境性能割/
自動車税種別割/自動車重量税/自賠責保険/車検/メーカー保証5年
メンテナンスパック あり
任意保険 別途加入手続きが必要
契約満了時の車両の扱い 返却/乗り換え/買い取り/もらう



 \3分で完了!スピード申し込み/
リースナブル公式サイトはこちら>

★業界最安!いつでも解約・買取OK★

3位:オリックスカーリース


出典:オリックスカーリース

カーリースの老舗であるオリックス自動車が提供する車のサブスク・カーリース。最長11年契約でボーナス払いなしでも月々1万円台から新車の軽自動車に乗れます

契約満了後はクルマをもらうこともでき、一定期間経過後は解約や乗り換えも可能。ライフスタイルの変化に合わせた利用ができます。

オリックスカーリースの大きな特徴の一つが「無料クーポン」がもらえること。車検やオイル交換など、他社では有料のメンテナンスパックにしているサービスを、オリックスカーリースなら実費負担なしで受けることができるのでかなりおトクです。

  • オリックスカーリースのサービス詳細
軽自動車の月額料金
(ボーナス払いなし)
14,300円〜
契約期間 5年/7年/9年/11年
走行距離制限
(月換算)
2,000km/月
契約方式 クローズドエンド方式
月額料金に標準で含まれる費用 車両本体価格/登録諸費用/環境性能割/
自動車税種別割/自動車重量税/自賠責保険/
車検/エンジンオイル交換/オイルエレメント交換/
タイヤローテーション/バッテリー液・ウォッシャー液補充/
ブレーキオイル交換/ロングライフクーラント交換
メンテナンスパック なし
任意保険 別途加入が必要
契約満了時の車両の扱い 返却/乗り換え/再リース/もらう

 \WEBでカンタン手続き/
オリックスカーリース公式サイト>>

★無料クーポンで車検もオイル交換もタダ★

▼関連記事▼
【75人の口コミ評判】オリックスカーリース7つのメリットと2つのデメリット!人気の秘密を解説

軽自動車サブス・カーリースの失敗しない選び方!4つのポイント

軽自動車をサブスク・カーリースで利用する上で、どのような部分を比較してリース会社を選べばいいのか?主な比較ポイントは次の4つです。

  1. 契約期間の長さ
  2. 車両返却時に追加費用がかかるか
  3. 月額料金に含まれる費用の内訳
  4. 契約満了時の車両の扱い

ポイント1.契約期間の長さ

サービス提供会社によって選べる契約期間は異なります。どのぐらいの期間クルマを使用するのかよく考えたうえで、希望する契約期間が選択できるリース会社を選びましょう。

なお、車のサブスク・カーリースは原則として中途解約できませんので、「料金が安くなるから」といった安易な理由だけで契約期間を長くするようなことはおすすめしません。

※中途解約する場合は解約金がかかります。

ポイント2.車両返却時に追加費用がかかるか

車のサブスク・カーリースは契約満了時に車両を返却する場合、「契約方式」によっては追加費用の支払いが発生することがあります

車のサブスク・カーリースの契約方式はオープンエンド方式クローズドエンド方式の2種類。

オープンエンド方式は、月額料金を安く抑えられるメリットがありますが、契約満了時に車両の価値が残価を下回ると差額精算をしなければいけないデメリットがあります。クローズドエンド方式は、月額料金は高くなるデメリットがありますが、契約満了時に差額精算は発生しません

双方にメリット・デメリットありますが、車両返却を前提に考えていて追加費用を避けたいのであれば、クローズドエンド方式のサブスク・カーリースを選ぶといいでしょう。

ポイント3.月額料金と含まれる費用の内訳

同じ車種でもサービス提供会社によって月額料金は違ってくるので必ず料金も見比べましょう。ただし、単に料金が安いか高いかだけを比較するのではなく、月額料金には何の費用が含まれているかもチェックしましょう。

一般的に税金や自賠責保険は月額料金に含まれていても、その他の費用(任意保険、メンテナンス費用、車検代など)は含めることができない、もしくはオプション加入としているところが多いです。

支払いの煩わしさをなくしたい、メンテナンスや車検の急な出費・大きな出費をなくしたい人は月額料金にさまざまな費用をコミコミにできる車のサブスク・カーリースを選ぶといいでしょう。

一方、月額料金をできるだけ安く抑えたい、メンテナンスは自分でしたい人は、月額料金に含まれる費用が最低限で済む車のサブスク・カーリースを選ぶといいでしょう。

ポイント4.契約満了時の車両の扱い

車のサブスク・カーリースは契約満了時の選択肢が5つあります。

  1. クルマを返却
  2. 同じクルマを再リース(延長)
  3. クルマを買い取る
  4. 別のクルマに乗り換える
  5. クルマをもらう

サービス提供会社によって選択肢が異なりますので、契約満了時に車両をどうしたいかもよく考え希望にあう会社を選びましょう。契約時に決めないといけないものもあるので注意が必要です。

特に「5.クルマをもらう」は、オプション加入が条件となっている場合もあり、後から希望しても選択できないので覚えておくといいでしょう。

軽自動車はサブスク・カーリースがおすすめな3つの理由

軽自動車はサブスク・カーリースで乗るのがおすすめな理由は3つあります。

  1. 残価設定があるから費用が抑えられる!
  2. コミコミの定額料金で維持費を気にしなくていい
  3. 選択肢が豊富

1.残価設定があるから費用が抑えられる!

軽自動車は、普通車に比べて車両本体価格が安いため家計への負担を抑えることができるのが大きな魅力。それに加えて、車のサブスク・カーリースは残価設定(契約満了時の予想下取り価格)があるので、更に車両本体に対する費用が抑えられます。

今は軽自動車でもほとんどの車両が車両本体価格が100万円超えですが、車のサブスク・カーリースを利用すれば新車の軽自動車を月々10,000円台から乗ることもできます。

2.コミコミの定額料金で維持費を気にしなくていい

クルマに乗るには税金や保険料、メンテナンス費用などの維持費がかかります。これら費用は、その都度、自分で支払わなければならないので煩わしく感じます。また、2年に1度実施する車検は支払いが高額なため大きな負担となり頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

車のサブスク・カーリースであれば、毎年かかる軽自動車税(種別割)をはじめ、保険料などを月額料金に含まれるため自分で支払いする必要がありません。更には、メンテナンスパックを付ければしており、メンテナンス費用や車検費用も月額料金に含めることができ、まとまった支払いを無くすることができます。

このようにサブスク・カーリースならクルマの維持費に悩む必要がなく、大きな出費を避けたい方にも適していると言えるでしょう。

3.選択肢が豊富

各会社は様々なメーカーの軽自動車を扱っているので、WEB上で料金を比較しながら選ぶことができます。カンタンに見積もりを取れるリース会社も多く、グレード・オプション・プランを変更していくつものパターンを気軽にシミュレーション可能です。

軽自動車サブスク・カーリースのデメリットと注意点

車のサブスク・カーリースにはいくつかのデメリットや注意すべきこともあります。メリットばかりに目を向けていると失敗する可能性もあるので、デメリット・注意点も理解したうえで利用するようにしましょう。

  1. 車の使用に制限がある
  2. 中途解約できない
  3. 任意保険には加入すること
  4. 「買い取り」「車をもらう」場合はトータル費用は割高になる

1.車の使用に制限がある

車のサブスク・カーリースは、契約満了時に車両を返却することを前提とした契約なので、期間中はクルマの使用にいくつかの制限があります。

代表的なものとしては次の3つ。

  • 改造・カスタム禁止
  • 車内での喫煙/ペットの同乗禁止
  • 走行距離制限

いずれもクルマの価値を下げないためにサービス提供会社が定めたルールです。もし守らなかった場合はペナルティとして追加費用を支払わなければなりませんので注意してください。

ただし、最終的に「クルマを買い取る」か「クルマをもらう」場合はこれらの制限はありません。

2.中途解約できない

車のサブスク・カーリースは原則として中途解約不可となります。

以下に当てはまる場合は解約が認められますが、中途解約金や違約金を払わなければなりません

  • 契約者が病気やケガ、死亡した場合
  • 運転免許証の取り消し・返納した場合
  • 全損事故や盗難により走行不能になった場合
  • 出産や転勤によるライフスタイルが変化した場合

車のサブスク・カーリースにはこのようなリスクもあるので、中途解約しない前提で利用するよう心がけましょう。

3.任意保険(自動車保険)には加入すること

どのリース会社でも月額料金には自賠責保険は含まれていますが、任意保険(自動車保険)は基本的に含まれていません。自賠責保険は事故時の補償内容が不十分ですから、安心して車のサブスクを利用するためにも任意保険には加入されることをおすすめします。

また、車両に傷をつけてしまった場合や故障した場合の修理にかかる費用は自己負担となります。任意保険の車両保険でカバーすることもできるので、そうした負担をなくすためにも車のサブスク・カーリースを利用する際は任意保険に加入することをおすすめします。

4.「買い取り」「車をもらう」場合はトータル費用は割高になる

車のサブスク・カーリースは、月額料金に含まれている税金や保険、メンテナンス費用などにも手数料がかかっています。そのため、最終的にクルマを買い取りやもらう場合、現金一括やローンでの購入と比べてトータル支払額は割高になります。

車のサブスク・カーリースは、決められた期間内で使用する場合はお得ですが、同じ車に長く乗り続ける場合は購入するほうがお得です。総支払額の安さよりも、月々定額で支払いや手続きの煩わしさをなくせることが車のサブスク・カーリースのメリットです。ここにメリットを感じないという方には向きません。

車のサブスク・カーリースで軽自動車に乗る!人気車種ランキング!

実際に軽自動車のサブスクではどのような車種が人気なのでしょうか。当サイト経由のサブスク申込数より人気の軽自動車ランキングをご紹介します。

人気No.1 ホンダ 「N-BOX カスタム」


出典:HONDA

軽自動車の中でも圧倒的な人気を誇るN-BOX。軽自動車を選ぶ上で必ずチェックしておきたい車種の一つでしょう。ミニバンの魅力を軽自動車に凝縮しており、低い床による広い室内空間、多彩なシートアレンジなどとにかく使い勝手の良さが支持を集めています。

運転支援や事故回避などを行う「ホンダセンシング」を全車標準装備しており安全面でも高評価。N-BOXは標準モデルとカスタムモデルの2種類あり、メッキパーツを多用した強い個性と圧倒的な存在感を持つカスタムが特に人気が高いです。

人気No.2スズキ 「ハスラー」


出典:SUZUKI

スズキハスラーは普段使いから悪路走行までカバーする軽クロスオーバーSUVです。2014年1月に初代デビュー、2020年1月に現行モデルとなる2代目へフルモデルチェンジし先進安全装備の充実度と使い勝手の向上など大幅に進化しました。

最大の特徴は、「軽自動車なのにSUV風デザイン」なこと。四角くタフで力強さがあるデザインに丸型ヘッドランプはひと目でハスラーとわかるスタイルです。十分な悪路走破性も確保し、見た目だけじゃなく走りの面でもSUVらしさが感じられます。

人気No.3 ダイハツ 「タント」


出典:DAIHATSU

2003年に初代モデルが誕生して以来、その利便性の高さから人気を維持し続けてきたダイハツのタント。現行モデルは4代目となり、更に使い勝手と快適性がが増しました。

タント最大の特徴は2代目から採用された助手席のミラクルオープンドア。フロントドアは約90度開き、リアはスライドドアを採用したことで優れた使い勝手を誇る大開口幅を実現。大きな荷物の出し入れも楽にできます。

またタントは、ボンネットが短いため前方の感覚がつかみやすく運転しやすいのも特徴。はじめてクルマを持たれる方や運転に不慣れな方も安心です。

軽自動車に気軽に乗るなら車のサブスクで決まり!

軽自動車は単にコンパクトなだけじゃなく、使い勝手や利便性が高い、走行性能が優れている、荷物をたくさん詰めるなど生活をサポートする車種が多いです。車両や価格や税金、自賠責料など維持費が安いのも魅力でしょう。

車のサブスク・カーリースであれば、頭金や初期費用などまとまったお金は不要で乗り始めることができ、維持費を月額料金に含めることができるから急な出費もないので、より気軽に軽自動車に乗ることができます。

タイトルとURLをコピーしました