車のサブスクとカーリースに違いはない!?メーカー系と非メーカー系で見比べるとわかりやすい

車のサブスク 基礎知識

『車のサブスクとカーリースって何が違うの?』
サブスクとカーリースどっちを選べばいいのかわからない…』

車のサブスクとカーリースは別物のサービスではありません。

どちらも頭金0円・月々定額で車に乗ることができ、会社やサービスにによって「車のサブスク」と表現したり「マイカーリース」と表現しているだけの違いです。

サブスクとカーリースに違いがあるのではなく、会社ごとにサービス内容が異なるだけです。

傾向として、メーカー系がサブスク、非メーカー系がカーリースと謳っている事が多いので、この2つにわけて比較すると違いがわかりやすいですよ。

メーカー系…自動車メーカーのこと、非メーカー系…自動車メーカー以外の会社のこと

この記事では、車のサブスクとカーリースの違いについて詳しく解説していきます。

  • 車のサブスクとカーリースは同じサービス。明確な違いはない。
  • サブスクと表現するかカーリースと表現するかの違い
  • カーリースとサブスクではなく、会社ごとにサービス内容が違う
  • 自動車メーカーはサブスクを謳う傾向にある


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクとカーリースの関係

車のサブスクとカーリースは、「頭金0円」「月々定額」で車に乗れるサービスです。

どちらも定額制であり利用方法は同じサービスです。

別物のサービスではなく、サブスクリプションという大きな枠組みがあってその中にリースが存在するというとイメージしやすいかと思います。

月々定額料金を支払って車に乗るサービスで基本的な仕組みは同じですから、どちらもサブスクと言えますしカーリースとも言えます。

上記の相関図からすれば車のサブスクとひとくくりにするのが正しいのかもしれません。当サイトでは、車のサブスクとカーリースは同じサービスして解説しています。

ただ、傾向としては、メーカー系(自動車メーカー)は車のサブスクリプション非メーカー系(自動車メーカー以外の会社)はカーリースと謳っていることが多いです。

「メーカー系」と「非メーカー系」でサブスクのサービス内容に違いがある

車のサブスクを運営するのは「自動車メーカー(メーカー系)」「自動車メーカー以外の会社(非メーカー系)」に大別できます。

双方ではサービス内容に違いがあるので、サブスクリプションかカーリースかではなく、

メーカー系か非メーカー系かでサービス内容を比較して選ぶといいでしょう

大きな違いは次の4つです。

メーカー系 非メーカー系
取り扱い車種 自社メーカーの車種 国産車全メーカー・全車種
契約期間 短期 長期
車検・メンテナンス 料金に標準で含まれる オプション選択
メンテナンス ディーラー 指定の整備工場

自動車メーカーのサブスクの特徴

自動車メーカーのサブスクリプションは、メーカーによってサービス内容に違いがありますが全体的に次のような共通の特徴があります。

  • 自社メーカーの車種のみ選べる
  • 契約期間は3年~7年と比較的短め
  • 料金には車検代やメンテナンス費用が標準で含まれている
  • 車検やメンテナンスはディーラーで受けられる

自動車メーカーの車サブスクリプションは、選べる車種が自社メーカーのみとなります。

更には、その中でも車種を限定しているところが多いです。

車検代やメンテナンス費用は、はじめからプランに組み込まれていて車検・メンテナンスはディーラーで受けられます。

このように、自動車メーカーのサブスクは選択の幅を狭める・限定的にして、

ユーザーに「より気軽に」「手間をかけず」「迷わず」車に乗れるようにしている傾向が強いです。

一方で、自分で選択できないため必要ないと思ってるサービスが付いていることもあり、人によっては割高に感じてしまう可能性はあります。

加えて、契約期間は3年~7年程度と短めなので月額料金はやや高めの傾向があります。

カーリース専門会社のサブスクの特徴

カーリース専門会社のサブスクも、各社でサービス内容に違いはありますが概ね共通している特徴は次の通りです。

  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 契約期間は1年~11年と長期にも対応
  • 車検代・メンテナンス費用は基本的にオプション選択
  • 車検・メンテナンスは指定の整備工場で受けられる
  • 独自サービスがある

車種は国産全メーカーを扱っている会社が多く、中には輸入車も選べるところもあります。

車検代・メンテナンス費用は標準で料金に含まれていないことが多く、オプションで追加できるようにしている会社がほとんどです。

車検・メンテナンスは指定の整備工場で受けられ、自宅近くで受けられたり旅先などで車がトラブルを起こしたときもすぐに対応できます。

カーリース専門会社のサブスクは自分で決めることが多く、必要なものだけを取捨選択しやすい傾向があります

契約期間は7年以上の中長期がメインで、期間を長くすることで月額料金を抑えることができます。

ただし、期間を長くすればその分金利手数料を多く払うため結果として総支払額は割高となります。

また、自動車メーカーにはない独自のサービスを提供している会社も多いです。

たとえば、カーコンカーリースもろコミなら契約終了後に車がもらえる、コスモMyカーリースならガソリン代割引になる、などです。

メーカー系と非メーカー系のサブスクの注意点

メーカー系と非メーカー系、それぞれ選ぶうえで注意すべき点があります。

どちらを選ぶにしても、申し込みする前にかならず確認しておきましょう。

メーカー系(自動車メーカー)サブスク4つの注意点

●車種・グレードは限定される
そのメーカーが製造・販売する車種すべてがサブスクの対象になっているわけではありません。たとえば、トヨタのサブスク「KINTO(キント)」でも、サブスクで乗れない車種もあります。また、グレードは人気が高いものだけに絞っているメーカーも多いです。希望するグレードが選べないこともあるので事前に確認しておきましょう。

●契約終了後は基本的に返却・乗り換えのみ
自動車メーカーのサブスクは、契約終了後は基本的に車両を返却となります。残価を支払って車両を買い取ることができるのは一部のメーカーのサブスクのみです。

●自動車保険コミコミのプランは等級引き継ぎ不可
ほとんどの自動車メーカーのサブスクは、自動車保険(任意保険)も料金に含まれています。そのメーカーが保険契約者となるので、万が一事故で保険を使用しても月額料金は変わりません。ただし、加入中の自動車保険の等級や割引等を引き継ぐことはできません。

●納車は販売店で対応
申し込みから契約まではオンラインや郵送だけで手続き完了しますが、納車は販売店舗となります。自宅納車には対応していませんので、自宅の近くに対応できる販売店舗があるのか確認しておきましょう。

非メーカー系(自動車メーカー以外の会社)サブスク4つの注意点

●契約方式は2種類。それぞれのメリット・デメリットを理解しておく
カーリース専門会社のサブスクは契約方式が「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2種類あります。オープンエンドは月額料金が安いですが、契約終了時に車両の査定額が残価を下回ると利用者負担となります。クローズドエンドは月額料金がやや高めですが、査定額が残価を下回っても利用者が負担することはありません。

●メンテナンスプランが付けられない場合がある
カーリース専門会社のサブスクはメンテナンスプランがオプションとなります。リース会社によっては、特定の車種しかメンテナンスプランが付けられないようにしているので注意。また、メンテナンスプラン自体がないリース会社もあるので事前に確認しておきましょう。

●「車がもらえる」はトータル費用が割高
契約終了後に車がもらえるプランもありますが、契約期間中に車両代金を全額払っているだけです。車両代金の他に税金や保険、メンテナンス費用などにも金利がかかっているので、トータル費用面では損します。車を自分のものにしたいと考えているのであれば、購入する場合と比較したうえで決めましょう。

●自動車保険は料金に含められない
自動車保険(任意保険)を月額料金に含めることは基本できません。利用者が別途加入手続きする必要があります。

車のサブスクは自動車メーカーとカーリース専門会社、選ぶならどっち?

車のサブスクはメーカー系と非メーカー系どちらを選べばいいのかは、希望する条件によって違ってきます。

メーカー系(自動車メーカー)のサブスクが向いてる人

  • 3~7年で車を乗り換えたい
  • 車選びは簡単に済ませたい
  • 安さよりも安心・安全で選びたい
  • メーカーにこだわりがある

自動車メーカーのサブスクは、返却を前提としているところが多く乗り換えによって自社のサービスを継続してもらえるようなプランとなっています。

そのため、乗り換えの手間がかからず比較的短期間で車を乗り換えたい人に向いてるサービスです。

点検・整備は正規の販売店で受けられるので、安心・安全の側面も強いです。

価格よりも安全性を重視される方にもメーカー系のサブスクはおすすめです。

非メーカー系(自動車メーカー以外の会社)のサブスクが向いてる人

  • 月額料金を安く済ませたい
  • 乗りたい車種が決まってない
  • メーカーに拘らない
  • 独自サービスをお得に利用したい

カーリース専門会社のサブスクは7年~11年程度と契約期間を長くすることで、月々の支払い負担を減らして車に乗れます。

車検やメンテナンス費用を料金に組み込むかどうかを選べるので、単純に月々の料金負担を減らしたい方向けのサービスと言えます。

各社で独自サービスを展開しており、お得に利用することも可能です。

たとえば、最後はクルマが自分のものになるのはカーリース専門会社ならではサービスで、自動車メーカーにはない魅力です。

まとめ

車のサブスクリプションとカーリースは呼び名が違いますが、基本的には同じサービスです。

サービスを展開する会社によってサブスクと表現しているかカーリースと表現しているかに過ぎません。

メーカー系(自動車メーカー)では車のサブスク、非メーカー系(自動車メーカー以外の会社)はカーリースと謳っていることが多く、実際に双方でサービス内容に共通した違いがあります。

そのため、メーカー系と非メーカー系のサブスクに分けて比較するのがわかりやすいでしょう。

たとえば、トヨタの車をサブスクで乗りたい場合、メーカー系のサブスクではトヨタの「KINTO(キント)」でしか扱っていません。

一方、非メーカー系ではほとんどの会社でトヨタ車も取り扱っています。

つまり、トヨタ車をサブスクで乗るなら、KINTO(キント)かトヨタ車を扱う非メーカー系かで比較するということです。

タイトルとURLをコピーしました