トヨタヤリスクロスの車サブスク(カーリース)おすすめTOP3!KINTOなら面倒な手続きや支払いなしで楽ちん!

車のサブスク 車種情報

『ヤリスクロスはサブスクと購入どっちがお得なの?』
『サブスクだとヤリスクロスは月々いくらぐらいなのかな…』
『KINTOと他のサブスクだとどっちがお得にヤリスクロスに乗れるの?』

この記事は、トヨタのヤリスクロスを車のサブスク(カーリース)で乗ろうかと考えている方に向けた内容となっています。※車のサブスクとカーリースは同じサービスです。

ヤリスクロスをサブスクで乗る場合の月々の費用や、他社サービスとの料金比較、サブスクがおすすめな理由などについて解説していきます。

\WEBでカンタン契約!管理もラク/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

WEB契約なら「即納」対応!
1.5〜2ヶ月程度で新型ヤリスクロスに乗れます。

▼関連記事▼
車のサブスクの仕組みを徹底解説!今サブスクリプションが人気な理由

車のサブスクとカーリースは何が違うの?サービスやプラン内容で比較するとわかりやすい

トヨタヤリスクロス おすすめのサブスクTOP3

1位:トヨタ KINTO(キント)


出典:KINTO

\WEB契約なら最短1.5ヶ月のスピード納車!/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

自動車メーカー最大手「トヨタ」が提供する車のサブスクリプションサービス。

月額料金には、ガソリン代と駐車場代以外のすべての費用がコミコミ。毎年かかる自動車税や2年ごとの車検代の支払いは不要。もちろんメンテナンス代も気にする必要がありません

自動車保険(任意保険)も含まれており、誰でも同一料金で保険を使ってもずっと定額。万が一の事故をフルサポートし、修理が必要な場合も自己負担は最大5万円でOKと充実の補償内容。年齢・等級に影響されないので若い人ほどお得です

クローズドエンド方式だから、契約終了後に高額な追加費用を求められることもなく安心

また、KINTOなら購入するよりも早く納車されるのも嬉しいポイント。最短1ヶ月程度でトヨタ車に乗ることもできます。(2022年10月3日時点、ヤリスクロスの納期は1.5〜2ヶ月程度)

契約期間中も、契約終了後も予定外の追加費用の心配をしたくない人にKINTOはおすすめです。

  • KINTOのサービス詳細
月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
39,380円~ クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
・7年
1,500km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
月額料金に含まれる 月額料金に含まれる
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を乗り換え
なし

\WEBでカンタン契約!管理もラク/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

WEB契約なら「即納」対応!
1.5〜2ヶ月程度で新型ヤリスクロスに乗れます。

▼関連記事▼
トヨタKINTO(キント)とは?仕組みや特徴、他社リースとの違いを徹底解説!

トヨタKINTOを契約してみた!納車までの流れと感想を語ります

2位:リースナブル


出典:リースナブル

業界最安価格で新車リースできると好評のリースナブル。他社を圧倒する月額料金で安く新車に乗りたい方におすすめのカーリースサービスです。

3年または5年の短期契約なので故障リスクも低く、メンテナンスは最低限の内容でOK。しかもリース期間の車検はすべて無料。維持費も抑えられます。

ディーラーと同じメーカー保証5年付き。アフターケアも全国ディーラー対応なので安心

また、リースナブルは審査通過のチャンスが多いのも嬉しいポイント。自社審査も行っているから、審査に不安がある方にもおすすめ。

リース期間中の乗り換え・解約はいつでもOK。好きな時に乗り換えや買取が可能です。

  • リースナブルのサービス詳細
月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
32,450円~ オープンエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・3年
・5年
750km
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション 別途加入が必要
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を買取
あり
※オプション加入で残価精算なしも可

\業界最安価格!ヤリスクロスも安い/
リースナブルに公式HPはこちら>>

▼関連記事▼
リースナブル利用者181人の口コミ評判!3つのデメリット・5つのメリット・注意点を解説

3位:ニコノリ(ニコニコカーリース)


出典:ニコノリ

株式会社MICが運営するカーリース(車のサブスク)。日本マーケティングリサーチ機構が行った「カーリースについてのインターネット調査」で3部門すべて1位を獲得する3冠を達成した人気のサービス

オンラインで相談・申込み・契約ができ、全国どこでも自宅にいながら新車が届く。店舗に行かなくても説明が聞けて、近くに店舗がなくても利用可能です。

車種はもちろん、カラーやオプションも自由自在に選択OK。WEB掲載プラン以外のリースも可能だから自分にピッタリのリースプランが組めます。

複数の信販会社と提携・審査するから審査通過のチャンスが多いのもニコノリの特徴。審査に不安な方からも選ばれています。

ニコノリ専用カスタマーセンターは365日対応の圧倒的安心感のあるサポートも魅力。LINEやZOOMで商談することもできスキマ時間を使って何度でも利用できます。

  • ニコノリのサービス詳細
月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
契約方式
29,260円~ ・オープンエンド方式
・クローズドエンド方式
契約期間 走行距離制限(月換算)
・5年
・9年
1,000km/月
メンテナンスプラン 任意保険(自動車保険)
オプション加入 別途加入が必要
※月額料金に含めることも可
契約終了後 残価精算
・車を返却
・車を乗り換え
・車を再リース
・車をもらう
なし
※クローズエンド方式の場合

\最大4社で審査!審査通過のチャンスが多い/
ニコノリ公式HPはこちら>>

▼関連記事▼
ニコニコマイカーリース「ニコノリ」139人の口コミ評判からメリット・デメリットを解説

【車のサブスク】トヨタ ヤリスクロスは月々いくら?


出典:トヨタ自動車

車のサブスク(カーリース)とは

車のサブスク(カーリース)は、月々定額の利用料金を払ってクルマに乗れるサービスです。

リース会社がディーラー等からクルマを仕入れ、利用者は毎月定額の利用料金をリース会社に支払いクルマを借りて使用する仕組みです。

月々支払う利用料金には車両代の他に各種税金や保険料、メンテナンス代などクルマにかかる費用がコミコミになっています

そのため、利用者は定額料金を払うだけでよく、車にかかる費用を個別に支払う必要がありません。

また、登録諸費用など新車を購入する場合は支払いが必要となる費用もまとめて定額化しているので、頭金・初期費用0円なのも車のサブスクの特徴です

▼関連記事▼
車のサブスクの仕組みを徹底解説!今サブスクリプションが人気な理由

ヤリスクロスの月額料金を9社で比較

サブスクを利用した場合のヤリスクロスの月額料金を見てみましょう。

サービス・会社 月額料金(最安)
※ボーナス払いなし
トヨタ KINTO 39,380円~
SOMPOで乗ーる 31,900円~
リースナブル 32,450円~
新車リースクルカ 32,800円~
コスモMyカーリース 32,560円~
カーコンカーリースもろコミ 32,010円~
定額カルモくん 26,340円~
MOTAカーリース 23,870円~
ニコノリ 29,260円~

車のサブスクは会社・サービス内容によって月額料金が違います

車のサブスクは会社・サービス内容によって月額料金に差があります。

各社で月額料金が違う大きな理由は2つあります。

  1. 月額料金に含まれている内容が違う
  2. 契約期間が違う

1.月額料金に含まれている内容が違う

車のサブスクは、契約期間中の車にかかる費用(車両代、各種税金、保険料、メンテナンスなど)を加えた総額を契約月数で割った金額が月額料金となります。

しかし、この月額料金に含まれるものはリース会社ごとに違っています。

そのため、同じ契約期間でも月額料金が違ってくるのです。

たとえば、ヤリスクロスの月額料金を「KINTO」と「定額カルモくん」で見比べてみましょう。※7年契約で算出しています。

会社・サービス KINTO 定額カルモくん
月額料金 39,380円~ 36,350円~
月額料金の内訳
(標準で含まれているもの)
  • 車両本体価格
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税種別割
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検(整備費用も含む)
  • メンテナンス
  • 故障修理
  • ロードサービス
  • 代車
  • 車両本体価格
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税種別割
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 納車陸送費

定額カルモくんも、車検やメンテナンスを月額料金に含めることができますが、オプション設定となっているので、加入すればその分月額料金は高くなります

他にも定額カルモくんだと月額料金に任意保険(自動車保険)が含まれていません。別途加入手続きが必要となり、サブスクの月額料金とは別で任意保険料を払っていくことになります。

このように、リース会社ごとに標準で月額料金に含まれているものが違います。

そのため、同じ契約期間でも月額料金が違ってくるのです。標準で含まれていないものをオプションで入れたり個別で加入すれば、結果として、車にかかる月々の費用やトータル費用はあまり変わらない可能性があります

今回はKINTOを例に出しましたが、車にかかるあらゆる費用をまとめて月々定額料金にできるほうが手間がかからず管理もラクです

ただ単に、料金のやすさだけで選ばず、その月額料金に含まれているもの・含まれていないものを確認するようにしましょう。

※ほとんどのリース会社は月額料金に任意保険を含めることができません。その場合、月額料金とは別で任意保険料を払っていく形となります。月額料金に任意保険を含めることができる会社→KINTOSOMPOで乗ーる

▼関連記事▼
カーリースの費用を徹底解説!月額料金には何が含まれているの?

2.契約期間が違う

リース会社ごとに、契約期間の選択肢も違います。

車のサブスクの月額料金は、車に関する費用の総額を契約月数で割った金額で決まるので、契約期間が変われば月額料金は当然変わってきます。

たとえば、「KINTO」「MOTAカーリース」「カーコンカーリース」の契約期間と月額料金(最安)を見てみましょう。

契約期間 KINTO MOTAカーリース カーコンカーリース
5年 41,250円~ 40,040円~
7年 39,380円~ 31,350円~ 37,180円~
9年 32,010円~
11年 23,870円~

契約期間が長くなるほど月々の料金は安くなります。

負担を軽くしてヤリスクロスに乗るため契約期間を長く設定できるリース会社を選ぶのも一つの選び方です。

ただし、車のサブスクは原則として途中解約できないので注意が必要です。仮に途中解約するとなると違約金を払わないといけません

ライフスタイルの変化にあわせて車を乗り換えることも加味して、契約期間を決めるようにしましょう。

▼関連記事▼
カーリースは中途解約できない!?解約の条件と中途解約のリスクを防ぐ方法を解説

\WEBでカンタン契約!管理もラク/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

WEB契約なら「即納」対応!
1.5〜2ヶ月程度で新型ヤリスクロスに乗れます。

ヤリスクロスのサブスクは購入(現金一括・自動車ローン)よりお得?


出典:トヨタ自動車

車のサブスクを利用するうえで最も気になるのが費用面だと思います。

ヤリスクロスはサブスクと購入(現金一括・自動車ローンなど)どちらがお得なのか。

結論を言うと、一般的な車のサブスクは購入するよりもトータル費用は高いです

車のサブスクの月額料金には、車両本体価格の他に登録諸費用や各種税金、保険代、車検代、メンテナンス費用などがすべて含まれています。

そして、これらの費用に対しても金利手数料がかかっています

そのため、車のサブスクは購入するよりも総費用は高くなります

単純に総費用を安く済ませてヤリスクロスに乗りたいのであれば、サブスクではなく購入される方が良いでしょう

車のサブスクと購入の比較についてはこちらをご覧ください。

車のサブスクは高いは嘘!?購入と比較すると実はコスパが良いサービスです

一方、コスパ重視でヤリスクロスに乗りたいのであれば、車のサブスクリプションがおすすめです。その理由については次で解説します。

▼関連記事▼
車のサブスクと残クレ2つの違い!どんな人におすすめなのか解説します

ヤリスクロスの料金を比較!サブスク(カーリース)と新車購入はどっちがお得?


出典:トヨタ自動車

車のサブスクリプションは費用面よりも利便性に着目したサービスです。

そのため、現金一括やカーローンで購入するほうが安く済みます。トータルの支払額を抑えるなら購入がおすすめです。

では、車のサブスクと新車購入する場合では費用面にどれぐらいの差がでるのか比較してみましょう。


グレード…
G(ガソリン車) 利用期間…5年

サブスクリプションサービス4社…定額カルモくん・コスモマイカーリース・MOTAカーリース・カーコンカーリースもろコミ
購入…現金一括・自動車ローン(実質年率4.8%)
月額料金に含めない費用…アクセサリーオプション、任意保険、ガソリン代、駐車場代

車のサブスクと現金一括購入の料金を比較

定額カルモくんコスモMyカーリースMOTAカーリースカーコンカーリースもろコミ
定額カルモくん 現金一括購入
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用 218,000円
④金利手数料
⑤下取り参考価格 606,000円 
⑥合計
(①+②+③+④-⑤)
2,840,000円 1,975,630円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
47,333円 32,927円

※1.定額カルモくんのメンテナンスプラン「ゴールドメンテプラン(月額5,280円)」に加入。タイヤ代、バッテリー代は別途支払い。
※2.車両本体価格の30%で算出

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
定額カルモくん公式HPはこちら>>

コスモMyカーリース 現金一括購入
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用 218,000円
④金利手数料
⑤下取り参考価格 606,000円 
⑥合計
(①+②+③+④-⑤)
2,811,600円 1,975,630円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
46,860円 32,927円

※1.コスモMyカーリースは「メンテナンスパック ゴールドパック(月額7,370円)」に加入
※2.車両本体価格の30%で算出

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
コスモMyカーリースに契約申し込みする

MOTAカーリース 現金一括購入
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用 218,000円
④金利手数料
⑤下取り参考価格 606,000円 606,000円 
⑥合計
(①+②+③+④-⑤)
2,436,600円 1,975,630円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
40,610円 32,927円

※1.MOTAカーリースは「メンテナンスパックプレミアム(月額9,240円)」に加入
※2.車両本体価格の30%で算出。MOTAカーリースは契約終了後は車が自分のものになります。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
MOTAカーリース公式HPはこちら>>

カーコンカーリース
もろコミ
現金一括購入
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用※1 218,000円
④金利手数料
⑤下取り参考価格※2 606,000円 
⑥合計※3
(①+②+③+④-⑤)
2,323,000円 1,975,630円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
38,717円 32,927円

※1.カーコンカーリースではヤリスクロスは「メンテナンスパック」対象外のため、メンテナンス費用は実費の負担となります。車検代のみ月額料金に含まれます。
※2.車両本体価格の30%で算出
※3.もろコミ7で契約。5年経過後に返却するとして算出(5年経過後は解約金無しで返却可)

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
カーコンカーリース公式HPはこちら>>

「法定費用・手数料」「メンテナンス費用」の詳細

②法定費用・手数料

各種税金
環境性能割 33,000円
自動車税種別割 152,500円(5年分)
重量税
  • 36,900円(初回分/3年)
  • 24,600円(2年分)
自賠責保険
  • 30,170円(初回分/3年)
  • 22,210円(2年分)
手数料
リサイクル料金 8,630円
車庫証明費用 2,620円
検査登録費用 3,000円
OSS申請代行費用 30,000円

③車検・メンテナンス費用

車検基本料
(1回)
40,000円
法定12ヶ月点検
(3回)
30,000円
オイル交換
(1年に2回交換)
  • 50,000円(5年分(10回分))
  • 10,000円(エレメント交換5回分)
  • 10,000円(工賃10回分)
タイヤ代
(期間中に1回交換)
  • 40,000円(4本セット)
  • 80,00円(工賃)
バッテリー代
(2年に1回純正部品を交換)
20,000円(1回分)
ブレーキオイル交換
(3年目に1回交換)
10,000円

※基本的にディーラーでメンテナンスを受けると仮定して算出しています。あくまでも相場なので実際には差額が生じる可能性があります。

車のサブスクと自動車ローンの料金を比較

定額カルモくんコスモMyカーリースMOTAカーリースカーコンカーリースもろコミ
定額カルモくん 自動車ローン
(実質年率4.8%)
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用※1 218,000円
④金利手数料 264,068円
⑤下取り参考価格※2 606,000円 
⑥合計
(①+②+③+④-⑤)
2,840,000円 2,239,698円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
47,333円 37,328円

※1.定額カルモくんのメンテナンスプラン「ゴールドメンテプラン(月額5,280円)」に加入。タイヤ代、バッテリー代は別途支払い。
※2.車両本体価格の30%で算出

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
定額カルモくん公式HPはこちら>>

コスモMyカーリース 自動車ローン
(実質年率4.8%)
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用※1 218,000円
④金利手数料 264,068円
⑤下取り参考価格※2 606,000円 
⑥合計
(①+②+③+④-⑤)
2,811,600円 2,239,698円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
46,860円 37,328円

※1.コスモMyカーリースは「メンテナンスパック ゴールドパック(月額7,370円)」に加入
※2.車両本体価格の30%で算出

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
コスモMyカーリースに契約申し込みする

MOTAカーリース 自動車ローン
(実質年率4.8%)
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用※1 218,000円
④金利手数料 264,068円
⑤下取り参考価格※2 606,000円 606,000円 
⑥合計
(①+②+③+④-⑤)
2,436,600円 2,239,698円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
40,610円 37,328円

※1.MOTAカーリースは「メンテナンスパックプレミアム(月額9,240円)」に加入
※2.車両本体価格の30%で算出。MOTAカーリースは契約終了後は車が自分のものになります。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
MOTAカーリース公式HPはこちら>>

カーコンカーリース
もろコミ
自動車ローン
(実質年率4.8%)
①車両代 リース料に含まれる
(定額料金)
2,020,000円
②法定費用・手数料 343,630円
③メンテナンス費用※1 218,000円
④金利手数料 264,068円
⑤下取り参考価格※2 606,000円 
⑥合計※3
(①+②+③+④-⑤)
2,323,000円 2,239,698円
⑦月々の支払額
(⑥÷60ヶ月)
38,717円 37,328円

※1.カーコンカーリースではヤリスクロスは「メンテナンスパック」対象外のため、メンテナンス費用は実費の負担となります。車検代のみ月額料金に含まれます。
※2.車両本体価格の30%で算出
※3.もろコミ7で契約。5年経過後に返却するとして算出(5年経過後は解約金無しで返却可)

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
カーコンカーリース公式HPはこちら>>

「法定費用・手数料」「メンテナンス費用」の詳細

②法定費用・手数料

各種税金
環境性能割 33,000円
自動車税種別割 152,500円(5年分)
重量税
  • 36,900円(初回分/3年)
  • 24,600円(2年分)
自賠責保険
  • 30,170円(初回分/3年)
  • 22,210円(2年分)
手数料
リサイクル料金 8,630円
車庫証明費用 2,620円
検査登録費用 3,000円
OSS申請代行費用 30,000円

③車検・メンテナンス費用

車検基本料
(1回)
40,000円
法定12ヶ月点検
(3回)
30,000円
オイル交換
(1年に2回交換)
  • 50,000円(5年分(10回分))
  • 10,000円(エレメント交換5回分)
  • 10,000円(工賃10回分)
タイヤ代
(期間中に1回交換)
  • 40,000円(4本セット)
  • 80,00円(工賃)
バッテリー代
(2年に1回純正部品を交換)
20,000円(1回分)
ブレーキオイル交換
(3年目に1回交換)
10,000円

※基本的にディーラーでメンテナンスを受けると仮定して算出しています。あくまでも相場なので実際には差額が生じる可能性があります。

やはり、現金一括で購入するのがお得ですね。

ただ、200万円以上のまとまったお金が用意できないという方の選択肢としては自動車ローンかサブスクになるでしょう。

比較の通り、サブスクのどのサービスよりも自動車ローンで購入するほうがお得です。

なので、ヤリスクロスの総支払額を安く済ませたい、長く乗り続けたいという方はローンを組んで購入するのが良いでしょう

一方、多少費用を多く払っても手続きや支払いなど面倒なことはなくしたい人、維持・管理をラクに済ませたい人車検やメンテナンスなどまとまった出費は嫌だという人はサブスクで乗るのが良いでしょう。

トヨタ ヤリスクロスをコスパよく乗るなら車のサブスクがおすすめな4つの理由


出典:トヨタ自動車

車のサブスク(カーリース)は購入(現金一括やローン)と比べて総支払額は高くなります

ですが、車のサブスクリプションは車にかかる費用(税金やメンテナンス費用など)をコミコミの定額料金にしたことで、得られる恩恵・メリットもあります。

購入と比べて総支払額は高くても、非常にコスパの良いサービスです。その理由は4つあります。

【車のサブスクがコスパ良しな4つの理由】

  1. 頭金・初期費用0円でヤリスクロスに乗れる
  2. 使う期間分だけの支払いで済む
  3. 税金・保険の支払いと手続きが不要
  4. まとまった出費・急な出費なし

1.頭金・初期費用0円でヤリスクロスに乗れる

登録諸費用や税金もコミコミ定額にしているため、本来は購入時に支払いが必要となる頭金や初期費用は0円。まとまったお金がなくてもヤリスクロスに乗れます。

2.使う期間分だけの支払いで済む

サブスクは、予め決められた期間だけクルマに乗るサービスです。そのため、車両価格は使う使う期間分だけ支払えばいいのでムダがありません。

3.税金・保険の支払いと手続きが不要

サブスクの月額料金には税金も保険※も含まれているので、これらの費用を毎年自分で支払う必要はなし。保険会社の比較や加入・更新手続きも不要なので手間がかかりません。

4.まとまった出費・急な出費なし

車のサブスクは、月額料金に車検代とメンテナンス費用もコミコミです。

数十万円とかかる車検代や急なメンテナンスによる費用の支払いは不要。契約期間終了まで車に関する出費は一定だから安心です。

——————————

このように、車のサブスクリプションは月々定額料金を支払うだけで好きな車に乗ることができます

車を購入するとなると様々な手続きや支払いが発生し時間と手間がかかります。

ですが、車のサブスクなら、あらゆる面倒ごとがなくなるのです。こうした手間をなくせるかわりに手数料がかかります。

快適なカーライフを送るための投資と考えれる方はサブスクリプションが向いています

もちろん、車のサブスクリプションにはデメリットもあります。

メリット・デメリットを理解したうえでサービスを利用するのか決めるようにしましょう。

※車の保険には自賠責保険と任意保険の2種類あります。基本的に自賠責保険はどのサービスでもはじめから含まれていますが、任意保険は別途支払いとなるサービスも多いので事前に確認されることをおすすめします。

▼関連記事▼
個人向けカーリース5つのメリット!どんな人におすすめのサービスなのか解説

\WEBでカンタン契約!管理もラク/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

WEB契約なら「即納」対応!
1.5〜2ヶ月程度で新型ヤリスクロスに乗れます。

車のサブスクのデメリットも把握しておこう

車のサブスクには、いくつかデメリットもあります。それも把握したうえでサブスクを利用するかどうか決めるのが良いでしょう。

  • 車の使用には制限がある
  • 途中解約できない
  • 残価精算(追加費用の請求)のリスクがある

▼関連記事▼
車のサブスクはデメリットだらけ?「カーリースはやめとけ!」と言われる5つの欠点と対策を解説

●車の使用には制限がある

車のサブスクリプションはマイカー同然で使えますが、あくまでもリース会社から車を借りているということを理解してください。

基本的に契約終了後は車をリース会社に返却するため、「カスタムは原則禁止」「傷・凹みは必ず修理する」「走行距離制限がある」など使用するにあたっていくつか制限があります。

※「車を買い取る」「車をもらう」ができるサブスクもあります。この場合は、基本的に使用制限はありません。

●途中解約できない

車のサブスクは、原則中途解約不可です。期間中に解約する場合は、残りの期間のリース料金や違約金を一括で支払わないといけません。

▼関連記事▼
カーリースは中途解約できない!?解約の条件と中途解約のリスクを防ぐ方法を解説

●残価精算(追加費用の請求)のリスクがある

車のサブスクは、契約終了時のその車の価値を残価として設定し、車両本体価格から差し引きます。

残価設定することで月額料金を抑えられるわけですが、契約終了時に車の価値が残価よりも下がっている場合は、その差額を契約者が支払わなければいけません。

※契約終了時に残価精算するのは「オープンエンド方式」で契約した場合です。「クローズドエンド方式」で契約した場合は残価精算はありません。

▼関連記事▼
カーリース(車のサブスク)は契約終了後どうするの?クルマは必ず返却しないとダメ?

ヤリスクロスのサブスクはKINTO(キント)がお得!?費用を比較

車のサブスクはトヨタでも運営しています。ご存じの方も多いと思いますが「KINTO(キント)」です。

KINTO(キント)が他のサブスクと異なるのは、任意保険(自動車保険)や車検代、メンテナンス費用なども標準で利用料金に含まれていることです。

保証やサービスが充実しているにも関わらずお得な料金でヤリスクロスに乗ることができます。

では、KINTO(キント)を利用する場合の料金を新車購入(現金一括・自動車ローン)と比較してみましょう。

▼関連記事▼
トヨタ・KINTO(キント)が高すぎるはウソ!他社サブスク・購入と比較したら実はお得だった

5年契約の場合

グレード…G 1.5L(ガソリン車) 利用期間…5年

6S等級14等級18等級20等級

6S等級…「誰でも運転OK」「21歳未満」として計算


出典/KINTO

14等級…「26歳」として計算


出典/KINTO

18等級…「35歳」として計算


出典/KINTO

20等級…「50歳」として計算


出典/KINTO

各項目(A~G)の詳細

7年契約の場合

グレード…G 1.5L(ガソリン車) 利用期間…7年

6S等級14等級18等級20等級

6S等級…「誰でも運転OK」「21歳未満」として計算


出典/KINTO

14等級…「26歳」として計算


出典/KINTO

18等級…「35歳」として計算


出典/KINTO

20等級…「50歳」として計算


出典/KINTO

各項目(A~G)の詳細

KINTO(キント)は任意保険も料金に含まれているので、今加入している任意保険の等級などによっては購入するほうが得する可能性もあります。

逆に、免許取り立ての方や任意保険の等級が低いという方はKINTO(キント)のほうがお得感は大きいです

仮に任意保険の等級がMAXに近い方でも、上記の比較表を見ておわかりの通り金額差はほぼありません。

しかも、KINTO(キント)なら頭金や初期費用(税金や諸費用)の支払いなどまとまったお金の用意は不要ですし、面倒な手続きや支払い一切なしで新車のヤリスクロスに乗り始めることができます。

KINTO(キント)は費用面だけでなく利便性でも大きなメリットがあるのです。

\WEBでカンタン契約!管理もラク/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

【どうしてKINTOは等級が変わっても料金が同じなの?】

一般的な任意保険(自動車保険)には等級制度があり、等級が高いほど保険料は安くなります。車を購入する場合、任意保険は個別に加入することになるため等級が上がっていけば保険料が安くなります。その結果、車にかかるトータルの費用も下がります。

しかし、KINTOの任意保険「団体保険」なので等級制度がありません。そのため、誰でも同一の保険料となります。

すでに任意保険に加入されている場合でも、その保険の等級をKINTOでは引き継ぐことはできません。免許取り立ての人や一般的に保険料が高くなる若い人は得しますが、等級が育っている人はその恩恵を受けられないのはデメリットとも言えますね。

※KINTOの任意保険は「団体保険」なので、若い人でもゴールド免許の人でも同じ金額で提供できます。ただし、それまで加入していた任意保険の等級を引き継ぎできません。すでに加入している任意保険がある場合は中断制度を利用することも可能です。中断制度の詳細はこちら

▼関連記事▼
KINTOの任意保険スゴすぎ!等級なしで保険を何度使っても月額料金は変わらない

ヤリスクロスをサブスクで乗るにはどうすればいいの?

車のサブスクリプションの申込み手続きはWEBで行います。書類のやり取りは郵送で行うので、来店なしで契約完了できます。

審査申し込みから納車までの大まかな流れは以下の図のとおり。


出典/KINTO

車は販売店で受け取りとなることが多いですが、サービスによっては自宅まで納車も可能です。念の為、申し込みする前に納車方法や近くに対応してくれる販売店があるのかも確認しておくと良いですよ。

▼関連記事▼
カーリース申し込み~納車までの流れを解説。納車までにかかる日数は?

トヨタKINTOを契約してみた!納車までの流れと感想を語ります

KINTOなら1.5〜2ヶ月で納車!新車に早く乗れる


出典:KINTO

KINTOは、月々の支払いを抑えてトヨタの新車に乗りたい方におすすめ。KINTOにはこんなにメリットがあります。

  • 1.5〜2ヶ月程度のスピード納車!
  • 頭金・初期費用0円でクルマが持てる
  • 月々定額でトヨタの新車に乗れる
  • クルマの維持費コミコミで急な出費なし
  • 任意保険も標準セット!保険料の値上がりなし
  • 正規販売店で点検・整備が受けられる
  • 見積もり〜契約までWEBで完結だから手間いらず
  • クレジットカード払いならポイントがザクザク貯まる

トヨタの新車に乗りたいけど「貯金がない…」「まとまったお金を用意できない」という方にKINTOはピッタリ。

他社との大きな違いは「任意保険もコミコミ」なこと。はじめてクルマを持つ方や等級が低い方でもお得に利用できます。保険は何度使用しても値上がりなしだから安心。

納期は1.5〜2ヶ月程度のスピード納車もKINTOの魅力。購入するよりも早くトヨタの新車に乗ることができますよ。

\KINTOの仕組みや特徴を知りたい!/
トヨタKINTOの詳細はこちら>>

\WEB契約なら最短1.5ヶ月で納車!/
トヨタKINTO公式HPはこちら>>

車のサブスク 車種情報
ikejinをフォローする
カリノル
\KINTOなら1.5〜2ヶ月程度でトヨタの新車に乗れる!/
\KINTOなら最短1.5ヶ月でトヨタ車に乗れる!/
タイトルとURLをコピーしました