KINTO
PR

KINTOの評判は悪い?注意点や他社カーリースより優れている点を紹介

ikejin
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『KINTOって評判はどうなの?』
『実際にKINTOを利用してる人の感想は?』
『悪い評判もあるけど、申し込みやめようかな・・・』

トヨタのKINTO(キント)は、サービス開始から5年でサブスクの申込件数が10万件を突破し、人気のある車のサブスクリプションです。

しかし、いくら人気とは実際の利用者の評判を確認しないと契約するかどうか判断できないという方もいるでしょう。

当記事では、トヨタKINTO利用者にアンケート調査した結果からわかった評判・口コミを徹底解説します。

KINTOをおすすめする人、KINTOで人気の車種などもお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。

実際にトヨタKINTOを利用している私が解説します。

カンタン申込み&WEB契約

KINTOとは?トヨタの車サブスクを徹底解説

Contents
  1. トヨタKINTOの悪い口コミ|評判は最悪は本当なの?
  2. トヨタKINTOの良い口コミ・評判
  3. KINTOの契約プランの内容は?
  4. KINTOで人気車種3車種
  5. KINTOは他社カーリースと比べてどこが優れている
  6. KINTOの評判のまとめ

トヨタKINTOの悪い口コミ|評判は最悪は本当なの?

当サイトがアンケート調査した結果、トヨタKINTOに対する悪い口コミは以下のとおりです。

KINTOの悪い評判

・傷や汚れを気にしながら車に乗ることになる
・月額料金が高い気がする
・解約金を払わないと止められない
・自動車保険の等級が育たない
・車をカスタムできない
・月々の支払いをしてもクルマを自分のものにできない
・軽自動車を選べない

KINTO悪い評判1.傷や汚れを気にしながら車に乗ることになる

返却したときに費用を請求されないかが心配。絶対にぶつけるわけにはいかないし、車の中も汚さないように気をつけねば。 30代男性

KINTOは、契約終了したら車を返却します。その際、傷や汚れがあり修理やクリーニングが必要となった場合は契約者が費用を負担します

月額利用料には自動車保険(任意保険)も含まれているので、事故などで傷や凹みがついてしまった場合は保険で修理するようにしましょう。

KINTOの自動車保険は何度使用しても月額利用料は変わりませんので、躊躇うことなく修理可能です。

修理代の免責金額(自己負担)は最大5万円です。5万円を超える分は保険で支払われます。

トヨタKINTOは事故・全損でも追加料金一切なし!リスクなしでトヨタ車に乗れる

KINTO悪い評判2.月額料金が高い気がする

他のカーリースと比べるとKINTOは料金が高く感じる。今更、キャンセルなんてできないから我慢するしかないけど、もう少し料金を見比べてから決めるべきでした。 20代男性

KINTOの月額料金が高く感じてしまうのは車関連の費用がすべてコミコミだからです。

他社カーリースでは月額料金に含まれていない費用が多いため、一見するとおトクに感じますがKINTOと条件を合わせて比較すると実は高いというケースが珍しくありません。

KINTOとできるだけ条件をあわせて月額料金を比較してみましょう。

サービス月額料金月額料金に
含まれていない費用
KINTO49,280円・ガソリン代
定額カルモくん57,970円・ガソリン代
・任意保険料
・一部の消耗品
(タイヤ、バッテリーなど)
SOMPOで乗ーる48,930円・ガソリン代
・任意保険料
コスモMyカーリース50,160円・ガソリン代
・任意保険料

他社カーリースは月額料金に任意保険料が含まれていません(任意保険は別途契約が必要)。

そのため、任意保険料分も加味するとKINTOのほうがおトクなことがわかります。

KINTOと他社カーリース6つの違い!比較しながら解説

KINTO悪い評判3.解約金を払わないと止められない(中途解約できない)

途中で止めることもできるけど解約金がかかるんだよなぁ・・・新しいモデルが出たときに乗り換えることもできるけど、契約が満了するまで乗り続けるほうが良いのかな。 20代男性

KINTOは中途解約も可能ですが、解約金の支払いが必要です。

車の「サブスク」と聞くと、いつでも0円で止めることができる・・・そんなイメージを持たれるかもしれませんが、KINTOでは解約金が発生するのでその点は注意してください。

ただし、他の車サブスクやカーリースではそもそも中途解約ができません

仮に中途解約できたとしても、残りの期間分のリース料全額+違約金+事務手数料などと高額な解約金が発生します。

その点、KINTOは中途解約が可能なうえに解約金が明瞭なのでライフスタイルの変化やニーズに合わせた乗り方ができます。

KINTOの中途解約はタイミング次第で「数十万円」も損する!失敗しない解約方法

KINTO悪い評判4.自動車保険の等級が育たない

若いうちは等級が低いから保険料が高いのは当たり前。でも徐々に等級を積み上げていけば安くなる。でもKINTOにしちゃうと、若いうちはトクでも30代、40代になったときに購入したら保険料が高いままだよね。ずっとKINTOにしろってこと? 30代男性

KINTOの契約プランには自動車保険(任意保険)も含まれており、保険は団体契約の等級制度が存在しません。そのため、誰が契約しても保険料は一律となっています。

等級制度がないということは、それまで加入していた自動車保険の等級を引き継ぐことができません。

更に、無事故でも等級が上がることはないので翌年の保険料が安くなるということもありません

しかし、逆に言えばどんなに事故で保険を使用しても保険料は上がらない、つまり月額料金は変わらないというメリットもあります。

KINTOの任意保険は等級制度がないからこそ、事故などによる修理に強みを発揮します。

保険を使ってクルマを修理しても保険料が上がることはありません。

さらに免責金額は最大5万円までだから、修理費用がどんなに高くても自己負担が5万円を超えることはありません。

全損や盗難でクルマを使用できなくなった場合は強制解約となりますが解約金は0円ですし、再申し込みで新たに契約することも可能です。

KINTOなら、「保険料上がるから保険を使わないで修理しようかな」「保険料高くなるの嫌だから修理しなくていいや」なんてこともなくなりますね。

以上のように、KINTOの任意保険については等級が育たないことを上回るメリットもあるのです。

KINTOの任意保険は最強!特徴やメリット、得する人・損する人を解説

KINTO悪い評判5.車をカスタムできない

いうて改造しても文句言われないだろと思ったけど、返すときに戻さないといけないのが面倒だから止めた。そのまま返したらなんか費用かかるんでしょ?それも嫌だもんなー。 20代男性

KINTOでは貸し出したリース車両が返却されたら中古車として販売するため、車の価値維持の目的で改造やカスタムを禁止しています

改造やカスタムをした状態でクルマを返却すると、原状回復費用を請求されます。

カンタンに元の状態に戻せる軽微な改造やカスタムは可能ですが、返すときに面倒となるのでガッツリと改造・カスタムを考えている人にはKINTOは向いていません。

KINTOではカスタムカーの「モデリスタ・GRパーツ装着車」も扱っているので、個性的なクルマに乗りたい人やまわりと同じクルマは嫌だという人は、KINTOでカスタムカーに乗るのも良いでしょう。

KINTO悪い評判6.月々の支払いをしてもクルマを自分のものにできない

KINTOって最後までリース料金を払うわけじゃん?でも終わったら返すんでしょ?自分のものにならないんでしょ?損じゃない?月5万も6万も払って自分の車にならないのに勿体なくないですかね。 30代男性

KINTO(キント)では、契約満了したらクルマを返却または乗り換える必要があります。

リース期間は3年/5年/7年ですから、どんなに長くても同じクルマには7年間しか乗れません。

「買い取り」や「もらえる」プランはありませんので、クルマが自分のものにならないのが嫌だという人にはデメリットに感じるでしょう。

しかし、車を返却するのはKINTOに限ったことではありません。

他のカーリースでも契約満了でクルマを返却または乗り換える必要があるので、条件的には同じです。

「車は所有するもの」という人からすれば、車を借りて使用することに抵抗があるのは仕方ないこと。車に対する価値観次第ではKINTOは合わない人も一定数いるでしょうね。

KINTOは短いサイクルで常に新車に乗り換えられます。

3年も経てば、最新の安全装備が備わった車に乗り換えられるでしょうから、そこに魅力を感じる人にはKINTO最適なサービスと言えるでしょう。

車は時が経つにつれるほど故障リスクが高まります。いつかは乗り換えなければいけませんから、痛む前に状態の良いものに乗り換えたい人にはKINTOはおすすめのサービスですよ。

トヨタKINTOは契約終了後どうなるの?買取は?精算金の支払いは?

KINTO悪い評判7.軽自動車を選べない

車体価格が安い軽自動車があってほしかった。コンパクトカーでも結構な値段するから、通勤目的で使える軽自動車に乗りたかったな。 30代男性

KINTO(キント)では軽自動車の扱いはありません。

現時点(2024年6月13日)では普通車しか選択肢がないので、軽自動車をリースしたい人や月々の負担を抑えたい人にKINTOは利用できません。

とは言え、絶対に軽自動車でなければならない理由がなければ、KINTOでコンパクトカーを選択するのもありかなと思います。

なぜなら、同じ期間使用するならKINTOでコンパクトカーに乗るほうがトータルコストを抑えられる可能性があるからです。

実際にKINTOのコンパクトカーと軽自動車(サービスはオリックスカーリース)のコストを比較してみましょう。

ルーミー
トヨタ KINTO
(7年契約)
月額リース料金
33,110円
月額リース料金に含まれる費用
車両代金、登録諸費用、自動車税環境性能割、自動車税種別割、重量税、自賠責保険料、任意保険、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、車検費用
N-BOX
オリックスカーリース
(9年契約、7年目返却)
月額リース料金
24,640円
月額リース料金に含まれる費用
車両代金、登録諸費用、自動車税環境性能割、自動車税種別割、重量税、自賠責保険料、消耗品交換費用、車検費用

一見するとKINTOの方が高く見えますが、軽自動車の方には任意保険料が含まれていません。別途加入となるため、表示されている月額リース料金に上乗せとなります。

任意保険料も加味すると、KINTOでコンパクトカーに乗るほうが安く済む可能性が高いです。

また、KINTOの任意保険は事故で使用しても支払いが上がることがありません。

これに対して、軽自動車の方は事故で保険を使えば翌年からの3年間は保険料が上がります。

KINTOでコンパクトカーに乗るのも選択としてアリかなと思いますね。

以上のとおり、KINTOでは軽自動車の扱いがありませんが、コンパクトカーなら軽自動車に負けないコストパフォーマンスを発揮します。

トヨタKINTOのデメリット7つ!現役KINTOユーザーが向いている人や後悔しない選び方を解説

トヨタKINTOの良い口コミ・評判

当サイトがアンケート調査した結果、トヨタKINTOに対する良い評判は次のとおりでした。

KINTOの良い評判

・面倒なことがなくてとにかくラク!
・クルマをローンで買うよりお得!
・大きな出費を心配しないで車に乗れる!
・クレジット払いでポイントを貯められるのも嬉しい
・購入するよりも納車が早い
・事故時のリスクが軽減されてて安心
・短期間でいろんな新車に乗れる、乗り換えしやすい
・任意保険込みで得した気分になる

KINTO良い評判1.面倒なことがなくてとにかくラク!

はじめてのクルマで何をどうしたら良いか不安もあったけど、KINTOは自分でやることが少なくてラクでした。手続き関連はディーラーの人に任せてたし、お店に行ったのも納車のときだけで自分の時間を取られずにクルマが手に入りました。 20代女性

トヨタKINTOは、煩わしい手続きが少なく手間をかけずに新車に乗れるのが特徴の1つです。

口コミにあるように、手続き関連はディーラースタッフが代行してくれるので、面倒事がないのは大きな魅力でしょう。

見積もりから契約まではWEBで完結できますし、書類のやり取りは郵送で対応してもらえます。

クルマを受け取るときだけディーラーへ来店すればいいので本当に手間がかかりません。

KINTO良い評判2.クルマをローンで買うよりお得!

年齢が低いため任意保険が高すぎて新車は諦めようとしましたが、KINTOが解決してくれました。シミュレーションでカーローンと比べたら断然KINTOにするほうがお得なのがわかり、その日に申し込んじゃいました。 20代男性

KINTOはカーローン(銀行自動車ローン)で車を購入するよりもお得です。

KINTO公式HP上の「比較シミュレーションツール」を使いカンタンに料金比較が行えます。

参考までに「ヤリスクロス Z ガソリン車」で年齢21歳以上、利用期間7年(初期費用フリープラン)の条件を適用すると、KINTO・銀行自動車ローン・現金一括の料金は下記のようになります。

KINTO銀行自動車ローン
(均等84回払い/5.0%の場合)
現金一括払い
月額利用料
(月当たり)
44,770円52,400円47,034円
支払い総額
(7年)
3,760,680円4,406,821円3,950,874円
参照:KINTO比較シミュレーション
Q
料金の内訳
KINTO銀行自動車ローン現金一括払い
A:車両代・
オプション代
利用料に
含まれます
2,435,000円2,435,000円
B:税金・諸費用
(自賠責・
自動車税等)
440,760円440,760円
C:任意保険・
メンテナンス・
車検2回
1,318,614円1,318,614円
D:分割払い
手数料等
455,947円
7年度の
下取り参考価格
243,500円243,500円
支払い総額
(7年)
A+B+C+D−E
3,760,680円4,406,821円3,950,874円
月々の
お支払い額
F÷84ヶ月
44,770円初回:57,621円
2回目以降:52,400円
47,034円

A:車両代・オプション代 各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。
B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等) 利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。
C:任意保険・メンテナンス、車検費用(2回) 任意保険料、車検費用(2回)、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)
D:分割払い手数料等 各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。
E:7年後の下取り参考価格 各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して10%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。
F:お支払い総額(7年) 7年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。

出典:KINTO比較シミュレーション

比較の結果、KINTOの月々の支払いはカーローンよりも約8,000円安いです。

しかもKINTOの月額利用料には税金や保険、車検代、メンテナンス費用など全てコミコミだから、これらの費用の支払いは不要です。

契約満了まで月々の支払いはずっと一定だからお金の管理もしやすいです。

ただし、KINTOは契約満了すると車を返却となりますので注意してください。

KINTO良い評判3.大きな出費を心配しないで車に乗れる!

貯金はないけど新車が良かったのでKINTOにしました。月額料金を払うだけで良いのでわかりやすく便利だと思います。車検の時も月の支払い額は一切変わらないから大きな出費に困ることはなさそうです。 20代男性

KINTOは契約時も利用期間中も大きな出費は一切ありません。

新車を購入するとなると頭金や初期費用などまとまったお金が必要ですが、KINTOは費用コミコミだから頭金・初期費用0円で新車に乗り始められます

税金、保険、メンテナンス、車検、故障修理費用も月額利用料に含まれているので、その都度支払いすることもありません。

車に乗っていると予想外の大きな出費が発生することもありますが、KINTOならそうした心配不要です。

KINTO良い評判4.クレジット払いでポイントを貯められるのも嬉しい

クレカで支払いできるから得した気分になりますね。毎月5.5万円の支払いは確実なのでその分ポイントが貯まります。 30代男性

KINTO(キント)は月額料金の支払いにクレジットカード払いができます。※

クレジット払いにすれば各カード会社のポイントが貯まりおトクです。

TS CUBIC CARDならポイントが月額料金にキャッシュバックされます。

たとえば、月額5万円の車を3年契約にした場合、5万円✕36ヶ月=180万円分のカード払いした場合のポイントをためることが可能です。

金額が大きい買い物だからこそ、クレジットカード払いで賢くポイントに還元しちゃいましょう。

※クレジットカード払いの他に口座振替が選べます。

KINTO良い評判5.購入するよりも納車が早い

ディーラー購入を考えてたが納期が1年以上かかると言われ、断念。KINTOのカスタマーセンターに問い合わせたら、3ヶ月程度で納車可能と言われKINTOにしました。正直、KINTOでの契約は全く考えてなかったですが納期が早いのと、支払いが一定で良いんじゃないと妻に後押しされて決めました(笑) 40代男性

KINTOの良い評判で意外と多かったのが「購入よりも納車が早い」ことでした。

「トヨタがKINTO事業に力を入れている」「リース車両が優先的に割り当てられる」ということもあり、KINTOで契約すると購入するよりも納期が早くなる可能性が高いです。

出典:https://kinto-jp.com/kinto_one/lineup/toyota/

また、KINTOは上記のカローラクロスのように納期目処が明瞭なので購入計画が立てやすいです。

KINTOの納期は車種やグレードによっては半年近くかかるものもありますが、多くの車種が1.5〜3ヶ月程度で納車可能となっています。

新車の納期が長期化している今、2ヶ月前後で納車されるのは購入者にとってメリットが大きいですね。

KINTO契約してみたら1ヶ月で納車!契約の流れや使ってみた感想をレビュー

KINTO良い評判6.事故時のリスクが軽減されてて安心

等級を引き継げないので迷いましたが、自動車保険の補償内容が割と良かったのでKINTOにしてみました。多分ないだろうとは思うけど、盗難された時も自己負担がないのは意外とデカい。 30代男性

KINTOの任意保険(自動車保険)は手厚い補償で事故時のリスクを軽減してくれます。

対人・対物の補償は無制限、車両保険は自損事故でも補償され免責金額(自己負担額)は5万円でOK。

5万円を超える部分は保険で支払われるので大きな出費がなく安心です。

全損や盗難時は途中解約となり違約金なしで終了。再契約も可能です。

その他にも、弁護士費用特約やロードサービス、クルマを修理に出している間もレンタカー費用特約が付帯されているので安心。

KINTOならリスクなしで最新の車に乗れますよ。

【体験談】KINTOで事故!修理代は5万円&違約金0円。リスクなしでトヨタ車に乗れます

KINTO良い評判7.短期間でいろんな新車に乗れる、乗り換えしやすい

車に強いこだわりがない自分にとっては、3年おきぐらいに乗り換えができるKINTOは凄く魅力てきだったので決めました。今はヤリスに乗ってますが、次はセダンもいいなと画策中です。 30代男性

KINTOは短期間でいろんな新車に乗れる点も利用者から評判が良かったです。

3年、5年、7年と期間ごとに新しいクルマに乗り換えられますし、「のりかえGO」を使えば契約満了を待たずに次の車へ乗り換えも可能です。

「のりかえGO」をうまく使えば月額料金1ヶ月分の手数料で、新車に乗り換えることもできますよ。

KINTOの「のりかえGO」ヤバすぎ!安すぎる手数料で新車に乗り換え続けられる

KINTO良い評判8.任意保険込みで得した気分になる

免許取って初めてのクルマです。親に保険のことは言われてたけどよくわからなかったので、全部コミコミのKINTOは自分でも大丈夫そう。保険も一緒だったから面倒くさいことなかったですし、料金の値上がりを心配しないでいいから得した感じ。ずっとKINTOでいいかな。 20代男性

KINTO(キント)は月額料金に任意保険もコミコミです。

保険会社も補償内容も決まっているので、自分であれこれ悩む必要なくカーライフをスタートできます。

任意保険はKINTOと保険会社の団体契約だから等級制度がなくても保険料はおトクなまま。年齢や免許証の色に関係なく誰でも同一の補償を同一料金で受けられます。

事故で保険を使っても値上がりは一切ありませんので、免許取り立ての人や若い人ほどKINTOの任意保険はおトクですよ。

カンタン申込み&WEB契約

KINTOの契約プランの内容は?

初期費用フリープラン解約金フリープラン
初期費用なし月額5ヶ月分相当
契約期間3年/5年/7年3年
(再契約も可)
ボーナス併用払い5.5万円/11万円/16.5万円利用不可
中途解約金規定の中途解約金を支払うなし
車の乗り換え時の特典のりかえGO
(一定の手数料で次の車への
乗り換えが可能)
なし
契約満了時の選択項目・新たな車への乗り換え
・車の返却
・新たな車への乗り換え
・車の返却
対象車種・トヨタ車
・レクサス車
・スバル車
・トヨタ車
・レクサス車
・スバル車

KINTO(キント)の契約プランは「初期費用フリープラン」と「解約金フリープラン」の2種類。

車の使用目的やニーズにあわせて選ぶことができます。

ぜひ、申し込み前にKINTOの料金シミュレーションをしておきましょう。

初期費用フリープラン

初期費用フリープランは、初期費用0円でトヨタまたはSUBARUの新車に乗り始められるプランです。

気軽にカーライフをスタートさせたい人におすすめです。

初期費用フリープラン
初期費用なし
契約期間3年/5年/7年
ボーナス併用払い5.5万円/11万円/16.5万円
中途解約金規定の中途解約金を支払う
車の乗り換え時の特典のりかえGO
(一定の手数料で次の車への
乗り換えが可能)
契約満了時の選択項目・新たな車への乗り換え
・車の返却
対象車種・トヨタ車
・レクサス車
・スバル車

初期費用フリープランは初期費用が不要で、契約期間は3年/5年/7年から選択可能です。

契約期間3年または5年を選んだ場合、契約満了時に再契約することで契約期間を延長することもできます。(最長7年間)

スバル車は再契約(延長)できませんので、契約期間の選択に注意してください。

月額料金の支払いはボーナス併用払いも選択でき、ボーナス月以外の支払額を抑えることも可能です。

期間中に割安な手数料で別のトヨタ車へ乗り換え可能な「のりかえGO」が利用可能です。中途解約で乗り換えるよりもおトクですから、短期間でいろんなトヨタ車に乗りたい人にピッタリ。

初期費用フリープランは、期間中の解約が可能です。ただし、解約時に中途解約金を支払う必要があります。

KINTOは6ヶ月毎の自動更新となっており、解約する際は6ヶ月目、12ヶ月目、18ヶ月目といったように6ヶ月目に解約すると中途解約金を安く抑えることができます。

KINTOの初期費用フリープランを解説!特長やおすすめの人は?

解約金フリープラン

解約金フリープランは、いつでも解約金0円で中途解約が可能なプランです。

申込金を支払うことで月々の支払額を抑えられるので、買取り車がある人や中途解約が確実な人、事業の状況に応じて車を手放せるので法人・個人事業主におすすめです。

解約金フリープラン
初期費用月額5ヶ月分相当
契約期間3年
(再契約も可)
ボーナス併用払い利用不可
中途解約金なし
車の乗り換え時の特典なし
契約満了時の選択項目・新たな車への乗り換え
・車の返却
対象車種・トヨタ車
・レクサス車
・スバル車

解約金フリープランは契約時に申込金の支払いが必要です。

申込金は月額5ヶ月分相当の金額なので、月額5万円の契約なら25万円程度の支払いを最初にしなければなりません。

契約期間は3年のみですが、再契約を2回まで行うことができ最長7年間利用可能です。

再契約1回目は当初の月額利用料の約15%OFF、2回目は約30%OFFで安い月額利用料で車に乗れます。

スバル車は再契約(延長)はできませんので注意してください。

ボーナス併用払いは選択不可ですが、初めに申込金を払っているので、その分月額利用料は下げられています。

中途解約はいつでも解約金の負担なしで解約可能です。

「のりかえGO」は利用できませんが、中途解約して再申し込みで乗り換えるといったこともできます。

ただし、期間中に乗り換える前提であれば、初期費用フリープランで「のりかえGO」を使って乗り換えるほうが手数料負担が少なくて済みます。

KINTOで人気車種3車種

KINTO(キント)で契約数の多い※人気車種TOP3をご紹介します。

1位:ランドクルーザー250

月額初期費用フリープラン:50,710円〜
解約金フリープラン:77,220円〜
※申込金:435,380円
納期目処ガソリンモデル:4〜5ヶ月
ディーゼルモデル:6〜9ヶ月程度
※月額、納期は2024年6月14日時点の情報です
カンタン申込み&WEB契約

2位:ヤリス

月額初期費用フリープラン:16,720円〜
解約金フリープラン:34,650円〜
※申込金:193,380円
納期目処1.5〜2ヶ月程度
※月額、納期は2024年6月14日時点の情報です
カンタン申込み&WEB契約

3位:シエンタ

月額初期費用フリープラン:26,510円〜
解約金フリープラン:44,330円
※申込金:247,830円
納期目処1.5〜2ヶ月程度
※月額、納期は2024年6月14日時点の情報です
カンタン申込み&WEB契約

※2024年14日時点

KINTOは取扱車種が豊富!トヨタ車・レクサス車の全22車種を一挙公開

KINTOで選べるスバル車を一気見せ!人気7車種と注意点を解説

KINTOは他社カーリースと比べてどこが優れている

トヨタKINTO(キント)の評判を紹介しましたが、「どんな点が他社カーリースと比べて優れているのか」を紹介します。

KINTOが他社カーリースより優れている点

・納期が早い
・誰でも同一の保険料。事故っても値上がりなし
・コミコミ定額で突発的な出費&大きな出費なし

納期が早い

KINTO(キント)の納期は最短1.5ヶ月です。

新車の納期長期化が続く中で、これだけ早く納車可能なサブスク・カーリースは中々ありません。

サービスによっては即納車もありますが、あくまでも在庫車となるため車種やグレードが限定されます。

KINTOならラインナップ車種からグレードやオプションを自由に選択できるうえで納車が早いのが嬉しいです。

誰でも同一の保険料。事故っても値上がりなし

トヨタKINTO(キント)の最大の特徴とも言える任意保険。

年齢・等級に関わらず誰でも同一の保険料。

等級制度がないから事故で保険を使っても保険料の値上がりなし

事故率の高い若い世代や等級が低い人ほどKINTOの任意保険の恩恵が受けられます。

コミコミ定額で突発的な出費&大きな出費なし

KINTO(キント)は、車関連の維持費が全てコミコミの定額制サービス。

税金や保険はもちろん、メンテナンスや車検、故障修理、代車などもすべて月額料金に含まれています。

別学料金とは別で発生する費用はガソリン代ぐらいなもの。

突発的な出費やまとまったお金の支払が発生しないから、家計の見通しが立てやすく安心です。

忘れた頃にやってくる車検代に悩むこともありません。

KINTOの評判のまとめ

KINTO(キント)は、コミコミ定額で比較的どの年齢でもおトクに車に乗ることができる車のサブスクリプションサービスです。

しかし、あえて絶対におすすめしたいのが若い人・保険等級が低い人です。

若い人や保険等級が低い人は自動車保険の保険料が高額ですから、誰でも同一の保険料で車に乗れるKINTOを利用するほうが費用負担を抑えられておトクです。

KINTOはWEBで契約まで完結できるから、納車されるまでは来店は一切不要で手間がかかりません。審査内容は比較的簡易的で最短当日には審査結果がでるので、ぜひKINTO公式サイトをチェックしてみてください。

▽若い人・等級が低い人ほどKINTOがおトク▽

カンタン申込み&WEB契約
ABOUT ME
記事URLをコピーしました