車のサブスク 基礎知識

車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)は高いはウソ!?購入と比較すると実はコスパが良いサービスです

車のサブスク(カーリース)で乗るのと新車を購入して乗るのではどっちがお得なのか?双方の料金を比較してわかるのは「短期間で乗り換えるならサブスク」がお得、「1台の車を長く乗るなら購入」がお得だということです。今回は、車のサブスクと新車購入の費用を5年間利用した場合を例に比較解説しています。
車のサブスク 基礎知識

自己破産しても車のサブスク(カーリース)は利用できる?債務整理してもリース契約する2つの方法

カーリース(車のサブスク)を利用するためには、審査に通らなければいけません。過去に自己破産や任意整理などの債務整理の経験があってもカーリースを利用することができるのでしょうか。結論を先にいうと、債務整理をしても条件次第ではカーリースを利用できる可能性はあります。この記事では、自己破産などの債務整理経験があってもカーリースを利用する方法について解説します。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)に任意保険が必要な理由!選び方や加入方法を詳しく解説

車のサブスク(カーリース)では、基本的に月額料金に任意保険(自動車保険)は含まれていません。自賠責保険は含まれていますが、それだけでは補償内容が十分ではないため、安心してカーライフを送るためには任意保険は必要です。ここでは、車のサブスクの任意保険の必要性や補償内容、選び方などについて詳しく解説していきます。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)は中途解約できない!?解約の条件と中途解約のリスクを防ぐ方法を解説

カーリース(車のサブスク)は原則として途中解約ができません。途中解約するにも条件があり、仮に途中解約が認められたとしても解約金や違約金をリース会社に支払わないといけないのです。『途中で解約するかも…』と考えると、カーリースの利用をためらってしまう方も多いのではないでしょうか。この記事では、カーリースの中途解約について解説していきます。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)で傷やへこみをつけたらバレる?気になる対処法や費用、違約金について解説

車のサブスク(カーリース)では、リース車に傷をつけてしまった場合はリース会社へ連絡が必須です。傷の修理費用は基本的には利用者負担となりますが、任意保険でカバーすることができます。勝手に修理しても契約終了時にバレますし、きちんと直せていない場合は修理費用を請求されます。今回はリース車の傷やへこみの対応について解説します。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)は保険等級を引き継げない?知っておきたい自動車保険の中断制度

任意保険(自動車保険)もセットになっている車のサブスクは、加入中の任意保険の等級を引き継ぐことができません。解約するとなるとせっかく積み上げた等級が無駄になってしまいます。そこでおすすめしたいのが「任意保険の中断制度」です。中断手続きすれば等級を最大10年までキープでき、再契約する際に等級を引き継ぐことができます。この記事では、任意保険の中断制度について詳しく解説していきます。
車のサブスク 基礎知識

【初心者必見】車のサブスク利用者571人の後悔・失敗談!7つの事例から失敗しない選び方を解説

カーリース(車のサブスク)利用者571人にアンケート調査を行い、後悔したこと・失敗したことを語っていただきました。それらをもとに、カーリースで失敗する原因と対策、選び方を詳しく解説します。カーリースで失敗したくない方必見の内容です。ぜひ参考にしてみてください。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)は改造OK!カスタムできる4パターンと違約金の条件

車のサブスク(カーリース)はルールの範囲内であればクルマの改造・カスタムできます。純正オプションや社外パーツもルールの範囲内なら取り付けOK。買取や車がもらえるサブスクなら自分のものになるから期間中でも改造・カスタムが可能です。この記事では、車のサブスクの改造・カスタムについてご紹介します。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)は車庫証明が不要?申請に必要な書類と手続き方法を解説

車のサブスク(カーリース)では車庫証明が必須です。車庫証明の取得はリース会社に代行してもらうこともできますし、自分で申請することもできます。ここでは、車庫証明に必要な書類や申請方法について解説しています。
車のサブスク 基礎知識

車のサブスク(カーリース)には残価設定がある?残価ありのデメリットと注意点を解説

カーリース(車のサブスク)には残価設定ありのサービスもあります。残価とは「契約終了時の予想下取り価格」のことで、車両本体価格から差し引くため費用を抑えて車に乗ることができます。ただし、残価設定があることでデメリットや注意すべきこともあります。ここでは、カーリースの残価設定について解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました