KINTOは契約終了後どうなるの?買取は?精算金の支払いは?

車のサブスク 会社・サービス

『KINTOって契約終了したらクルマはどうするの?』
『クルマは買い取りできる?自分のものにしたいんだけど…』
『契約終わったら追加費用の支払いがあるのか心配』

トヨタの新車サブスクリプション「KINTO(キント)」は、契約終了時にどのような手続きが必要なのか気になりますね。

どんなサービスでも契約する前には、解約したときのことも抑えておかなければいけません。それはKINTOでも同じです。

『契約しなきゃよかった…』『追加費用がかかるなんて知らない』

なんてことにならないためにも、KINTOを契約する前に解約時(契約終了後)のポイントや注意点をしっかり理解しておきましょう。

  • 契約終了後はクルマを返却
  • クローズドエンド方式だから残価精算なし
  • 返却車両の修理・クリーニングが必要な場合、車両の価値が低下となる場合は追加費用あり
  • 走行距離制限を超過した場合は追加費用あり
  • クルマの買い取りはできない

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

KINTOは契約終了後(3年・5年・7年後)はクルマを返却

トヨタKINTOは、契約終了時にクルマを返却しなければいけません

一般的なクルマのサブスクだと、「買い取り」や「クルマをもらう」などそれまでリース車として乗っていたクルマを自分のものにできますが、KINTOは不可です。

KINTOの契約期間は3年・5年・7年から選ぶことができますが、いずれもクルマは最終的に返すことになります。

KINTOは「クローズドエンド方式」だから残価精算なし

『クルマを返すってことは残価精算があるんじゃないの?』

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、KNTOでは市場価格変動による残価精算はありません

残価とは、契約終了時の予想査定価格(車両下取り価格)のことです。

契約終了後に、そのクルマにどれだけの価値があるのか車種や走行距離に応じて設定します。

たとえば、200万円の新車が5年後50万円で中古車として売れると予想した場合、

残価を50万円に設定し残りの150万円を支払っていくことで200万円の新車に乗ることができます。

ただし、契約終了後に車を返却し、契約時に設定した残価を実際の車両売却額が下回った場合は差額を別途支払わなければいけません。※

※これを「残価精算」といいます。

中古車市場で価格変動によって車の価値が残価より下がり、実際の売却価格が安くなってしまうこともあります。

ですが、このようなケース(中古車市場で価格変動)で残価精算するのは「オープンエンド方式」で契約した場合のみです。

「クローズドエンド方式」で契約した場合は、残価精算はありません。

幸い、KINTOはクローズドエンド方式で契約するので中古車市場で価格変動が起きても残価精算を請求されることはありませんのでご安心を

オープンエンド方式とクローズドエンド方式ついてはこちらの記事をご覧ください。

【車のサブスク】カーリースの契約はオープンエンドとクローズドエンドどっちがいいの?

KINTO契約終了後の精算金(クルマの原状回復費用)について

上述したとおり、KINTOでは残価精算はありません。

ただし、クルマを返却した際、以下に該当する場合は精算金(クルマの原状回復費用)を請求されるので注意してください。

1.クルマの状態による精算 査定時にクルマにキズや凹みなどがある。
2.走行距離超過による精算 基準走行距離(月間1,500kmまで)を超えた。

原状回復とは…借りたクルマを本来あるべき状態に戻して返却する義務のこと。クルマを使用中に傷つけてしまった箇所や汚してしまった箇所を修復し、借りる前の状態に戻すことを言います。

費用の支払いは、請求書発行日から30日以内に支払います。

請求書イメージはこちら↓


出典:KINTO

1.クルマの状態による精算

返却車両の状態によっては費用が請求されます。

具体的には、修理やクリーニングが必要な場合、車両価値を低下させる場合などです。

クルマはどんなに丁寧に扱っても多少のキズや汚れはつきものです。

何でもかんでも費用請求されるわけではなく、通常使用の範囲を超える損傷等があった場合は規定に基づいで減点評価をし、かかる費用が請求されます。

クルマの状態による精算が発生する事例

KINTO公式HPにて減点評価の一例を記載していますのでご紹介します。↓

出典:KINTO

精算額は、一般財団法人日本自動車査定協会基準またはその他公正な方法による査定結果に基づき、トヨタ車は1点1,100円、レクサス車は1点2,200円となります。

たとえば、査定減点が100点なら精算額は11万円もしくは22万円になります。

ただし、査定減点数は車種と車齢によって異なります。

詳細は「査定減点精算に関するガイドライン」にて確認してください。

査定減点が発生しない事例

以下の場合は基本的に減点評価は付きませんので、請求は発生しません。

出典:KINTO

2.走行距離超過による精算

走行距離が「1,500km/月×契約月数」を超過した場合、

超過1kmあたり11円(トヨタ車)または22円(レクサス車)で計算して精算が必要になります。

たとえば、3年契約なら1,500/月×36ヶ月=54,000kmなので、

契約終了時の返却車両の走行距離が54,000km以下なら精算はありません。

逆に、走行距離が55,000kmなどオーバーしている場合は、オーバーした1,000kmに対して超過精算が発生します。

この場合は11,000円もしくは22,000円の精算をしなければいけません。

KINTOは契約終了後に買取できない

KINTOは契約終了後にクルマを買取できません。

必ず車両を返却しなければいけないので、最終的にクルマを自分のものにすることはできないのです。

あくまでも「クルマを利用」に重きをおいているので、所有にこだわる方には不向きなサービスです。

KINTOユーザーの評判に関する記事はこちらをご覧ください。

【メリットなし?】トヨタKINTO531人の評判!6つのデメリットと7つのメリット解説

KINTOが向かない人・向く人

最後に、トヨタのKINTはどんな人に向くのか、逆にどんな人には向かないのかご紹介します。

KINTOが向かない人

KINTOは、契約終了後は必ずクルマを返却しなければいけません。

そのため、以下のような人には向かないサービスだと言えます。

  • クルマ好きな人
  • 一台の車を長く乗りたい人
  • カスタムしたい人
  • クルマを所有することにこだわりがある

車のサブスクでも、最終的にクルマを自分のものにできるサービスもあります。

上記に当てはまる人は、クルマを自分のものにできるサービスを検討してみるといいでしょう。

クルマがもらえるサブスクの詳細はこちらの記事をご覧ください。

【口コミ比較】車がもらえるカーリース5選!793人アンケートから評判の良いサービスを紹介

KINTOが向く人

以下のような人にKINTOは向いています。

  • 所有ではなく利用で十分な人
  • 定期的に新車に乗り換えたい人

KINTOは、短期契約かつ途中解約もできるので柔軟に車種を乗り換えできます。

他社のサブスクよりも身軽にクルマを利用できる仕組みなので、ライフスタイルの変化にあわせた乗り方を希望される方にピッタリのサービスだと言えます。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

KINTO契約終了後に関するよくある質問

Q:契約終了後にかかる費用はありますか?

A:「1.走行距離制限を超過した」「2.返却車両に修理やクリーニンが必要になった」場合は、追加費用が発生します。

Q:契約期間終了後も同じ車を乗り続けられますか?

A:できません。期間終了後は車を返却となります。同じ車を乗る場合は、再契約という形になります(再リースや延長とは違います)。

Q:契約終了の連絡はきますか?

A:契約満了の約4ヶ月前にメールにて連絡が来ます。

タイトルとURLをコピーしました