トヨタKINTO(キント)とは?仕組みや特徴、他社リースとの違いを徹底解説!

車のサブスク 会社・サービス

『トヨタのキントって何』
『KINTOはローンと比べて損するの?』
『他のカーリースと何が違うの?』

KINTOは、トヨタが展開する新車のサブスクリプションサービスです。

月々定額でトヨタ車・レクサス車の新車に3年・5年・7年の一定期間乗ることができます。

車にかかるすべての費用がコミコミだから、毎月の支払い額は契約終了まで同じ。

※ガソリン代・駐車場代は別途

頭金0円、急な出費なし、まとまった費用の支払いなしで安心です。

この記事では、トヨタKINTO(キント)の仕組みや特徴、他社カーリースとの違い、注意点など詳しく解説していきます。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

トヨタKINTOとは

KINTOは、トヨタグループの株式会社KINTOが運営する車のサブスクリプションです。

毎月定額料金を支払うことで一定期間トヨタ車もしくはレクサス車をマイカー同然に使用できます。

KINTOの仕組み

KINTOは、自動車メーカートヨタをバックに持つKINTOが自社のクルマをサブスク契約者(利用者)に「貸し出す」という形で契約します。

契約者は、3年/5年/7年とあらかじめ期間を決めてKINTOに毎月定額料金を払うことでクルマを使用できます。

この毎月払う「定額料金」にはクルマに関わる費用と保険料がすべてコミコミ

具体的には以下の費用と保険料が定額料金に含まれています。

  • 車両代・オプション代
  • 保険(任意保険・自賠責保険)
  • メンテナンス(点検整備・消耗品・車検・故障修理・代車など)
  • 各種税金(期間分の重量税・自動車税)
  • 登録諸費用

クルマに乗るうえで必ず発生する税金・メンテナンス代・保険料の維持費がすべて料金に含まれているのです。

定額料金とは別に発生する費用はガソリン代と駐車場代だけで済みます。

例)トヨタRIZE(ライズ)、5年契約、定額料金40,000円、ガソリン代10,000円/月、駐車場代なし

この場合、KINTOに毎月払うのは40,000円だけ。これは契約終了まで変わりません。仮に事故を起こしても定額料金はずっと同じです。

後は、その都度発生するガソリン代を別途支払うだけ。

クルマにかかる維持費はすべてコミコミになっているので、点検や車検がある月でも支払う金額は40,000円です。

KINTOの取り扱い車種

KINTOで選べる車種は現時点で取り扱い・販売しているトヨタ車の全車です。

ただし、一部車種はWEB取り扱い外となっているものもあります。

現時点(2021年11月)でWEB取り扱いとなっている車種は以下のとおりです。

ボディタイプ 車種
コンパクトカー ルーミー、パッソ、ヤリスアクア
ヤリス G”KINTOツーリングセレクション”、
カローラスポーツ、GRヤリス RS、
GRヤリス RZ”High performance”
SUV ヤリスクロスカローラクロス、C-HR、
ハリアー、ランドクルーザープラド
ミニバン シエンタアルファード、ヴェルファイア
セダン・ワゴン・クーペ カローラ、プリウス、クラウン、カローラツーリング
モデリスタ・GRパーツ装着仕様 カローラクロスモデリスタ仕様、
ヤリスクロスモデリスタ仕様 ELEGANT ICE STYLE、
ヤリスクロスモデリスタ仕様 ADVANCE ROBUST STYLE、
C-HR GRパーツ仕様、ハリアーモデリスタ仕様、
ランドクルーザープラド モデリスタ仕様、
ヴェルファイア モデリスタ仕様、
アルファード モデリスタ仕様、
プリウス モデリスタ仕様、
クラウン モデリスタ仕様
乗降サポート機能 ヤリス、アクア、ヤリスクロス

※2021年11月時点。上記に記載がない車種についてはKINTOまたはトヨタ販売店にお問い合わせください。

また、グレードはトヨタ車を購入した約半数以上の方が選んだ人気グレードのみを取り扱っています。

そのため、通常選択できるグレードがKINTOでは選択できないものもあります。

例)アルファードの場合


出典:KINTO

同じようにオプションも人気のものをパッケージ化し、用意されているものの中から選ぶだけで済むようになっています。



出典:KINTO

このように売れ筋グレードと人気オプションだけを厳選することで、

クルマに詳しくない方でもカンタンに選べるようになっています

KINTO取扱車種の詳細はこちらの記事をご覧ください。

【2021年11月】トヨタKINTOの取り扱い車種一覧!全43車種一気見せ

KINTOの月額料金


出典:KINTO

KINTOの月額料金(月額利用料)の算出方法は以下のとおりです。

月額料金=(車両代+オプション代+期間分の税金+保険料+メンテナンス代+車検代-残価)÷契約月数

たとえば、合計150万円を3年(36ヶ月)契約なら月額料金は約42,000円になるということです。

各車種の月額料金は次のとおり。

  • コンパクトカー
車種 月額料金
ルーミー 33,000円~
パッソ 33,990円~
ヤリス 33,330円~
アクア 37,950円~
カローラスポーツ 46,750円~
GRヤリス 47,740円~

※2021年11月1日時点の価格です。7年契約、6S等級で算出しています。

その他の車種の月額料金一覧はこちら
  • SUV
車種 月額料金
カローラクロス 40,150円~
RAIZE(ライズ) 39,820円~
ヤリス クロス 44,550円~
C-HR 57,200円~
ハリアー 61,600円~
RAV4 62,480円~
ランドクルーザープラド 66,220円~
  • ミニバン
車種 月額料金
シエンタ 49,500円~
アルファード 73,700円~
ヴェルファイア 73,700円~
  • セダン・ワゴン・クーペ
車種 月額料金
カローラツーリング 50,600円~
プリウス 51,260円~
カローラ 52,250円~
クラウン 98,340円~
  • モデリスタ・GRパーツ装着仕様
車種 月額料金
RAIZE
モデリスタ仕様
55,000円~
ヤリス クロス
モデリスタ仕様
ELEGANT ICE STYLE
69,520円~
ヤリス クロス
モデリスタ仕様
ADVANCE ROBURST STYLE
71,500円~
C-HR
GRパーツ仕様
74,030円~
RAV4
モデリスタ仕様
81,620円~
ハリアー
モデリスタ仕様
83,710円~
ランドクルーザープラド
モデリスタ仕様
84,260円~
ヴェルファイア
モデリスタ仕様
90,640円~
アルファード
モデリスタ仕様
90,860円~

KINTOはお得か?一括払い、ローンとKINTOを比較

KINTOを利用するうえで最も気になるのが金銭面ではないでしょうか?

一括購入、ローンと比べてKINTOはお得か?損か?実際に比較してみましょう。

KINTOは任意保険(自動車保険)も月額料金に含まれているので、一括購入とローン購入も条件を同じにしています。


車種…アクア
グレード…S HV1.5L
使用期間…5年

21歳未満(6S等級)の場合26歳以上(14等級)の場合50歳以上(20等級)の場合


出典:KINTO


出典:KINTO


出典:KINTO

項目A~Gの詳細

等級 KINTO 現金一括 銀行自動車ローン
6S等級 40,370円 52,109円 56,400円
14等級 40,370円 40,210円 44,500円
20等級 40,370円 37,376円 41,600円
  • 若い人・保険等級が低い人はKINTOにするがおトク
  • 保険等級がMAXに近い人は現金一括購入するほうがおトク

KINTOの任意保険は団体保険のため等級の概念がなく、誰でも同一料金となります。

そのため、任意保険の等級がMAXもしくはそれに近い人(35歳~50歳前後の人)は購入される方が得します。

とは言え、料金差は大きくありませんのでKINTOにすることで、

手間が省ける・まとまった出費がなくなるメリットを考えれば検討の余地は十分あると言えます。

一方、等級が低い人(18歳~30歳前後の人)はKINTOを利用される方が圧倒的にお得なのがわかります。

KINTOと購入・他社カーリースとの比較の詳細はこちらの記事をご覧ください。

トヨタ・KINTO(キント)が高すぎるはウソ!他社サブスク・購入と比較したら実はお得だった

KINTOの特徴・メリット

トヨタKINTOのメリットをご紹介します。

KINTOは、他社の車サブスクと比べて次のような「異なるメリット」があります。

  1. 月々定額で新車に乗れる
  2. お得に新車に乗れる、定期的に乗り換えできる
  3. 残価精算なしで安心
  4. 全損リスク無し!保険を使っても保険料はずっと同じ

1.月々定額で新車に乗れる

トヨタKINTOは月々定額(頭金不要、ガソリン代・駐車場代のみ)でクルマに乗れます。

他社の車サブスクも月々定額ではありますが、実は定額料金に含まれる内容が大きく異なります

他社のサブスクは、メンテナンス代はオプション選択となっており、任意保険に至っては定額料金に含めることができません。

※2021年11月現在、定額料金に任意保険が含められるのはKINTO、楽まるSOMPOで乗ーるだけです。

KINTOの場合は、ガソリン代と駐車場代以外の費用の一切が定額料金に含まれています。

そのため、クルマに乗る上で月々支払うのは定額料金・ガソリン代・駐車場代だけ。

それ以外の費用発生がないので家計管理しやすいです

2.お得に新車に乗れる、定期的に乗り換えできる

KINTOは他社よりもおトクな料金で新車に乗れます。

なぜなら、トヨタ車は市場価値が高いため残価を高く設定できるから

「新車の費用-残価=利用者負担分」なので、

残価を高く設定できるKINTOなら他社よりもオトクな料金で新車に乗れるのです

また、オプションの「乗り換えGO」を利用すれば少額の手数料を支払うことで、

一定期間経過後は残りの契約期間に関係なく新たな新車に乗り換えも可能です。

ライフステージの変化に合わせたクルマの乗り換えができるのも、他にはないKINTOのメリットです。

3.残価精算なしで安心

一般的な車のサブスク(カーリース)は契約終了時に返却車両の査定を行い、

残価よりも査定額が低いと差額精算しなければいけません(これを残価精算と言います)。

たとえば、残価50万円に設定し、返却車両の価値が20万円にしかならなかった場合は差額30万円を利用者がリース会社に払うのです。

車のサブスクにはこのようなリスクがあるため利用をためらう人も少なくないです。

ですが、KINTOの場合は残価精算なしのクローズドエンド方式の契約なので心配無用です。

中古車の市場価値が下がったとしても利用者が残価生産することはないので安心です。

4.全損リスク無し!保険を使っても保険料はずっと同じ

KINTOは月額料金に任意保険(自動車保険)もコミコミ。しかも、一般の車サブスク(カーリース)では不可能な団体保険に加入しています。

運転者・年齢・保険等級は問われず誰でも同一料金で使用できます

しかも、全損事故や盗難にあっても追加料金は一切ありません


出典:KINTO

全損事故や盗難の場合は中途解約になりますが、解約金・違約金はなし

一旦契約終了となりますが、その後もKINTOを改めて契約できます。

事故などで車を修理するのに保険を使用しても等級は変わらないので保険料が上がることもありません

KINTOの任意保険の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

KINTOの任意保険スゴすぎ!等級なしで保険を何度使っても月額料金は変わらない

KINTOのデメリット

KINTOにはデメリットも存在します。

デメリットもきちんと理解したうえで、ご自分にあったサービスなのか検討してください。

  1. カスタム/喫煙/ペット同乗禁止
  2. 車両は必ず返却しなければいけない
  3. 任意保険の等級を引き継げない

1.カスタム/喫煙/ペット同乗禁止

KINTOは、車を「所有する」のではなく「利用する」という考え方のサービスです。

完全に自分のクルマになるわけではないので、クルマの使用には一定の制限があります

改造・カスタムや車内での喫煙、ペットの同乗は禁止となりますので注意してください。

2.車両は必ず返却しなければいけない

KINTOの契約終了後の選択肢は「車両を返却」「別の新車に乗り換え」の2つのみ。

「買い取り」や「クルマがもらえる」プランはありませんので、最終的にクルマを自分のものにすることはできません

返却を前提としているからこそ、他社よりもオトクな料金でトヨタの新車に乗れるわけですから、

定期的に新車を乗り換えたい人にとってはデメリットにはならないでしょう

3.任意保険の等級を引き継げない

KINTOの任意保険は、すでに加入している任意保険の等級を引き継ぐことはできません

等級がMAXに近ければ割引は大きく保険料が安くなりますが、KINTOの任意保険はその恩恵を受けられません。

一方、若い人や保険等級が低い人は個別で任意保険に加入すると保険料が高額ですから、そのような人はKINTOの任意保険のほうがおトクです。

※KINTOを契約する場合は加入中の任意保険は中断制度をご利用ください。

KINTOのメリット・デメリットの詳細はこちらの記事をご覧ください。

【メリットなし?】トヨタKINTO531人の評判!6つのデメリットと7つのメリット解説

KINTOの抑えておくべき3つの注意点

KINTOを利用する前に抑えておくべき注意点をご紹介します。

  1. 中途解約は解約金がかかる
  2. 返却車両の状態が悪いと追加精算あり
  3. 走行距離制限は1,500km/

1.中途解約は解約金がかかる

KINTOの契約プランは3年・5年・7年から選ぶことができ、いずれも中途解約は可能です。

ただし、中途解約は解約金を払う必要があります。

他社と比べてKINTOの違約金の計算方法が明確でわかりやすいので中途解約する際も安心です。

KINTOの中途解約金の詳細はこちらの記事をご覧ください。

KINTOの中途解約はタイミング次第で「数十万円」も損する!失敗しない解約方法

2.返却車両の状態が悪いと追加精算あり

KINTOはクローズドエンド方式の契約なので、基本的に残価精算はありません。

ただし、返却した車両の状態がひどい場合は追加精算が発生します

キズや凹み、汚れなど修理・クリーニンが必要となった場合は、それらにかかる費用を利用者が支払わなければいけません。

KINTOの追加精算の詳細こちらの記事をご覧ください。

KINTOは契約終了後どうなるの?買取は?精算金の支払いは?

3.走行距離制限は1,500km/

KINTOには走行距離制限が設けられています。

3年で54,000km、5年90,000km、7年で126,000kmとなっており、月換算で1,500kmです。

普段使いであれば月1,500kmは余裕ある設定ですが、クルマを乗り回すタイプの方や通勤で長距離走るという方には物足りないかもしれません。

KINTOと他社カーリースの違いを比較

トヨタKINTOは他社と比較してどうなのか?という疑問に答えていきます。

人気のサービス5社とKINTOを比較してみます。

KINTO
リースナブル
SOMPOで乗ーる
定額カルモくん
コスモMyカーリース
MOTAカーリース
参考価格1
※1
48,950円 50,050円 57,420円 61,710円 58,630円
プランなし
参考価格2
※2
46,090円 35,200円 41,580円 46,360円 47,080円 55,440円
契約年数 3年/5年/7年 3年/5年 3年/5年/7年 1年~11年 3年/5年/7年 5年/7年/11年
中途解約
※解約金が明確

※3
メンテナンス オプション オプション オプション オプション オプション
任意保険
走行距離制限 1,500km/月 750km/月 ・1,000km
・1,500km
・2,000km
・3,000km
1,500km ・1,000km
・1,500km
制限なし
残価精算 なし あり あり なし あり なし
途中乗り換え
公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP 公式HP

※1.トヨタ アクア グレードG、3年契約、メンテナンスオプション込み
※2.トヨタ シエンタ グレードG、5年契約、メンテナンスオプション込み
※3.残期間分のリース料金全額の支払いが必要です

トヨタKINTOと他社カーリース(サブスク)の大きな違いは「中途解約の可否」「月額料金に含まれるもの」です。

他社の場合は、途中解約が原則不可となっており、仮に途中解約する場合は高額な違約金の支払いが必要です。

これに対しKINTOは、いつでも途中解約可能で解約金も明確です。

また、KINTOは車に関する費用がすべてコミコミ。

他社ではオプション扱いだったり、任意保険は別途契約&別途支払いとなります。

KINTOと他社カーリースの違いの詳細はこちらの記事をご覧ください。

KINTOと他社カーリース7つの違い!比較してわかりやすく解説

KINTOが他社と比べて高すぎるは勘違い!

トヨタKINTOは「料金が高すぎる」「他と比べて高い」といった意見をSNSなどネット上でよく見かけます。

しかし、上記で紹介した比較表を見ればKINTOが高いか安いかは一目瞭然。

KINTOはクルマにかかるあらゆる費用がコミコミなのに他社よりも安いです。

安いと思われる他社のカーリースでも、任意保険やメンテナンス代が含まれていないだけで、

KINTOと条件を揃えたら他社のほうが高くなるケースがほとんどです

KINTOの評判はどうなの?口コミを紹介

トヨタKINTOを利用されている方の口コミをTwitterから引用してご紹介します。

他にも良いと評価している口コミは多数あり、特に評価しているのは

  • 定額で新車に乗れる
  • 税金や車検の支払いが不要

といった手間がかからず快適だという点です。

一方、「クルマは所有するものだ」という価値観を強く持たれている方からは、

「借りて利用する」「最終的に返却する」という考え方に抵抗があるという意見もあります。

単に損得勘定だけで判断するのではなく、大切なのは自分にあった乗り方ができるサービスや買い方を選ぶことです。

KINTOでも購入でも、双方にメリット・デメリットがあるわけですから、

それらをきちんと理解し自分にはどっちが合っているかじっくり考え選ぶと良いでしょう。

KINTO利用者の口コミ評判の詳細はこちらの記事をご覧ください

【メリットなし?】トヨタKINTO531人の評判!6つのデメリットと7つのメリット解説

KINTOはこんな人におすすめ!

【KINTOがおすすめな人】

  • 年齢が若い人、はじめてクルマを購入する人
  • 面倒な手間なしで車に乗りたい人
  • 急な出費・大きな費用の支払いは避けたい人
  • 定期的に新車に乗り換えたい人
  • ライフスタイルの変化に合わせて車を乗り換えたい人

KINTOの任意保険は誰でも同一料金で加入できるので、やはり若い人や保険等級が低い人にはメリットが大きいです。

補償・サポートも充実しており、自損事故を何度起こしても自己負担金以外の追加費用は発生しませんし、全損事故で中途解約になっても解約金の支払いは不要。

リスク無しでトヨタ車に乗れることを考えると、若い人にこそ利用するメリットが大きいサービスだと言えます。

また、クルマにかかるあらゆる費用がコミコミなので、税金やメンテナンス費用、車検代など予想外の出費やまとまった支払いがないので家計管理がラクなのもKINTOのメリットです。

より気軽に新車に乗りたいという人にもKINTOはピッタリのサービスです。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

KINTOの申込方法と納車までの流れ

KINTOの申し込み方法

KINTOの申込方法は2種類あります。

WEB申し込みと販売店申込みは「納期」が異なります。


出典:KINTO問い合わせ窓口より

WEB申込みは最短1.5ヶ月~2ヶ月程度となっており、KINTO公式HPに記載している納期で納車が可能です。

これに対し、販売店申込みの場合は店舗によって納期が変わってくるので基本的にWEB申込みよりも納車に時間がかかる傾向にあります

できるだけ早くクルマに乗りたいのであればWEB申込みがおすすめです。

KINTOの申込みに必要なもの

申し込みに必要なものは「免許証」「免許証の表・裏の画像ファイル」です。

このように、免許証の画像ファイルを申し込みフォームにアップロードします。

あらかじめ撮影しておくとスムーズに申し込みできます。

KINTOの申込手順

KINTOの申し込み手順は大まかには以下のとおりです。

  1. KINTO公式HPにアクセスする
  2. 車種を選ぶ
  3. 契約プラン・グレード・カラー・オプションを選ぶ
  4. 名義を選ぶ(個人・法人)
  5. 選択内容の確認
  6. 利用する販売店を選択
  7. 条項と利用規約の確認
  8. 申込者情報の入力
  9. 勤務先情報の入力
  10. 審査申し込み完了

WEB上でこれらの手続きを行い、手続き完了すると登録メールアドレスに「申込確認メール」が届きます。

メールに記載されたURLをクリックすると申し込み完了となり審査へ移ります。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

申し込みの手順を画像つきで見る

画面右上の「見積もり・申し込み」をクリックします。

希望する車種を選びます。

「契約期間」「ボーナス払いの有無」「グレード」「ボディカラー」「インテリアカラー」を選択します。

オプションを選びます。人気のオプションをパッケージ化しているので迷わず選ぶことができます。

「個人」「法人」名義を選びます。

ここまで選択した内容の確認画面に移りますので、内容に間違いがないか確認しましょう。

問題なければ「次へ(販売店選択へ)」をクリックします。

利用する販売店を選択します。

「地名」または「店舗名」を入力すると最寄りの販売店が地図上に表示されます。

販売店を選択したら「お申込手続きへ」をクリックします。

「お申込手続きについて確認しました」~「規約、規定について承諾・同意しました」までの内容をよく確認したうえでチェックを入れ、「はじめての方はこちら」をクリックします。

「お客様情報入力」ページに移ります。

申込者の個人情報を入力していきます。

入力項目は次の通りです。

  • MY KINTOログインIDの設定
    (メールアドレス、ログインパスワード)
  • 本人情報
    (名前、生年月日、性別)
  • 自宅住所
    (郵便番号、都道府県、市区郡町村、町名・丁目・番地)
  • クルマの使用場所
    (使用場所は自宅住所と同じですか?)
  • 連絡先
    (自宅電話番号or携帯電話番号、日中連絡の取りやすい電話番号、連絡の取りやすい時間帯)
  • 住まい・家族の状況
    (住居携帯、居住年数、住宅ローンの有無、主たる生計維持者、配偶者の有無、生計が同じ物の人数、生計が同じ物の人数の内、子供の人数、年収、利用用途)
  • 本人確認
    (免許証番号、免許証画像表・裏)

すべての入力が完了しましたら、「お勤め先情報入力へ」をクリックします。

「お勤め先情報入力」ページに移ります。

  • 職業
    (自営業、会社役員、会社員、公務員、派遣社員・嘱託社員、専業主婦、学生、パート・アルバイト、年金生活、その他、お勤めでない方)
  • 勤め先情報
    (法人格呼称、法人格前後区分、勤め先、部署名、役職)
  • 勤務先住所等
    (郵便番号、都道府県、市区郡町村、電話番号)
  • 本社所在地
    (都道府県、従業員数、勤続年数)

すべての入力が完了しましたら、「入力内容を確認する」をクリックします。

内容に問題なければ「この内容で申し込む」をクリックします。

以上でKINTOの申し込みは完了です。

KINTOの審査内容

KINTOを利用するには事前審査を通過する必要があります。

審査では、申込者の「属性(年齢、年収、勤務先など)」「信用情報(ローンやクレジットなどの借入状況)」などをチェックします。

  • 安定した収入がある
  • ローンやクレジットを借りすぎてない
  • ローンやクレジットの返済・支払いがきちんとできている

これらの条件をクリアできていればKINTOの審査を通過するのは難しくありません。

KINTOの場合、審査に通ったからと言って契約しなければいけないわけではありません。審査通過=契約ではないのです

審査通過してから契約するかどうかを決められますし、本契約していなければキャンセルすることも可能なので安心です。


出典:KINTO

審査が不安な人は、試しに申し込んで審査を受けてみると良いでしょう。

KINTOの審査の詳細はこちらの記事をご覧ください。

【驚愕!】KINTOの審査は甘い!?31人の審査通過口コミと基準を公開

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

KINTO申し込みから納車までの流れ

申込完了後から納車までの大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 審査通過後~契約完了
  2. 登録書類の準備
  3. 納車日程の連絡
  4. 販売店にて受け取り

注意点としては、納車は販売店にて行うので必ず来店する必要があるということです。

申込時に利用する販売店を選択しますが、自宅から離れた場所の店舗を選んでしまうと、クルマの受け取りと今後のメンテナンスを受けるのが大変になるので注意してください。

KINTOの基本情報

契約について
サービス利用可能エリア 全国
対象車種 トヨタ・レクサスの新車
契約対象者
  • 18歳以上
  • 運転免許証をお持ちの方
  • 未成年者は親権者の同意書が必要
契約期間 【KINTO ONE(トヨタ車)】

  • 3年
  • 5年
  • 7年
【KINTO FLEX(レクサス車)】

  • 3台/3年
  • 6年/3年
申込方法
  • WEB
  • 販売店舗
支払いについて
支払い方法
  • クレジットカード
  • VISA、MasterCard、JCB、
    AMEX、Diners
  • 利用月の翌々月き2日にカード会社に請求
  • 口座振替
  • 利用月の翌々月2日に引き落とし
ボーナス加算
  • なし
  • 55,000円
  • 110,000円
  • 165,000円
中途解約 6ヶ月毎の残利用料+追加精算金
月額料金
車両代金
  • 車両本体価格
  • パッケージプランの装備代金
各種税金・諸費用
  • 登録諸費用
  • 環境性能割
  • 自動車税種別割
  • 重量税
保険
  • 自賠責保険
  • 任意保険
メンテナンス
  • 車検(5年/7年プランのみ)
  • 法定点検
  • 定期点検
  • 油脂類の交換・補充
  • 消耗品の交換
  • 故障修理
  • ロードサービス
  • 代車

よくある質問

Q:KINTOは値引きできますか?

A:値引きはできません。

KINTOは店舗を持たずWEBで申し込みできるようにしたことでコスト削減しており、その分を価格から値引きしているので十分お得なサービスになっています。

実際、今回ご紹介した他社との比較からもわかるとおり、すべての費用がコミコミなのに安いですよね。はじめから価格は限界点に近いと言っていいでしょう。

Q:KINTOは見積もりはできないのですか?

A:通常の新車購入とは違って見積書はありません。WEBのシミュレーターで月々の費用の計算を行います。

Q:KINTOの審査結果はどれぐらいかかりますか?

A:申し込み完了から3営業日以内を目安にメールで連絡が来ます。

Q:KINTOでは下取りがある場合どうすればいいのでしょうか?

A:KINTOでは下取り・買い取りは行っていませんが、申込後、担当販売店に相談すれば下取り可能です。買い取り料金をKINTOの月額料金に充てることはしないので、手元資金として自由に使うことができます。

Q:KINTOは「わナンバー」ですか?

A:いいえ、わナンバーではありません。一般車両と同じナンバープレートがつけられます。

Q:事故を起こしたらKINTOの契約は終了ですか?

A:修理可能であれば契約継続です。全損などで走行不可能な状態であれば中途解約で契約終了となります。ただし、再度の新規契約は可能です

修理の場合はKINTO専用の任意保険で対応可能で、自己負担額(免責金額)は5万円までとなります。

全損の場合はも保険で対応となり、違約金などの自己負担はありません。

KINTOの事故時の詳細はこちらの記事をご覧ください。

KINTOは事故・全損でも追加料金一切なし!リスクなしでトヨタ車に乗れる

Q:KINTOはWEB申込みと店舗申し込み何が違うのですかsh?

A:WEB申込みと店舗申込みの違いは「納期」が異なる点です。

WEB申込みの場合は、下記のように公式HPに記載されている納期での納車となります。


出典:KINTO

一方、店舗申込みの場合は、各店舗で納期が異なるので問い合わせ確認が必要となります。

Q:KINTOの取扱店はどこにありますか?

A:最寄りのKINTO取扱店は公式HPより検索可能です。

KINTO販売店検索はこちらから。

Q:KINTOは中古車を扱ってますか?

A:現在、KINTOでは中古車の扱いはありません。

Q:家族や友人が乗っても保険対象ですか?

A:KINTO契約者がクルマの使用を認めた方であれば、万が一事故を起こした場合でも補償されます。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

タイトルとURLをコピーしました