KINTO
PR

KINTOと他社カーリース6つの違い!比較しながら解説

ikejin
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『KINTO(キント)とカーリースの違いを知りたい』
『KINTOとカーリースはどっちを選べばいいの?』
『どうせならおトクな方法で新車に乗りたい!』

新車に月々定額で乗ることを考えた時、KINTO(キント)とカーリースを比較し検討されていることでしょう。

どちらも基本的な部分は同じサービスであるため迷うところかと思います。

そこで当記事では、KINTOとカーリースの違いを比較しながら解説していきます。

結論を先にいうと、トヨタ車をお得に乗りたいならKINTOトヨタ車以外に乗りたい人や1台の車に長く乗り続けたい人はカーリースがおすすめです。

現役KINTOユーザーの私が解説しますよ。

トヨタ車のサブスクはKINTOがお得

KINTOとは?トヨタの車サブスクを徹底解説

KINTOとカーリースの違いを比較

KINTO(キント)とカーリースの違いを比較表にまとめました。

KINTOカーリース
料金 ※
(月額利用料)
44,770円59,090円
料金 ※
(7年間の総支払い額)
3,760,680円5,113,080円
取扱車種トヨタ車・レクサス車リース会社による
自動車保険
(任意保険)
含まれる
(年齢・等級関係なし)
含まれない
メンテナンス・含まれる
・正規販売店で受けられる
・含まれない
・メンテナンスパック加入で含めることも可能
中途解約の可否・あらかじめ明示されている解約金で解約可能
・解約金0円のプランあり
・原則中途解約不可
・やむを得ず解約する場合は高額な解約金・違約金が発生
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
口座振替
契約満了時の選択肢・車を返却
・車を乗り換え
・再リース(延長)
・車を返却
・車を乗り換え
・再リース(延長)
・車を買い取り
・車をもらう
※ヤリスクロスZグレードガソリンモデルを7年契約、車検を含めたフルメンテナンスパックで料金を算出。カーリースは「SOMPOで乗ーる」、月額利用料に自動車保険料を含めています。

それぞれの違いの詳細は次で解説していきます。

KINTOとカーリースを料金で比較

KINTO(キント)とカーリース3社の料金を比較してみます。

KINTOの月額利用料には任意保険やメンテナンス、車検など維持費がすべて含まれているので、カーリースもほぼ同じ条件に揃えています。

トヨタ ヤリスクロス Z ガソリン車1.5L 2WD

↓トヨタヤリスクロスZグレードを7年契約した場合の料金比較表↓

KINTOSOMPOで乗ーるオリックスカーリースコスモMyカーリース
月額利用料44,770円42,330円44,110円47,410円
自動車保険月額利用料に
含まれる
月16,760円月16,760円月16,760円
7年間の総支払額3,760,680円4,963,560円5,113,080円5,390,280円
KINTOとの差額+1,202,880円+1,352,400円+1,629,600円
※自動車保険は、補償内容をKINTOの自動車保険と同等。21歳以上6等級開始でシミュレーション。
比較条件
  • 車種、グレード:トヨタヤリスクロス Zグレード 2WDガソリンモデル
  • オプション:なし
  • 契約期間:7年間、ボーナス払いなし
  • メンテナンス、車検:車検2回を含めたフルメンテナンスパック
  • 走行距離制限:1,500km(オリックスカーリースは2,000kmのみ)
  • 自動車保険:21歳以上6等級開始、車両保険含む、保険会社は東京海上日動

総支払額でKINTOとカーリースを比較すると、KINTOを利用するほうが圧倒的におトクということがわかります。

今回は、等級が低い20代前半の方が利用する前提で料金を算出しています。

単純に月額利用料だけで言えば差額は大きくないですが、自動車保険も含めると差額は一気に開きます。

若い人の自動車保険料がいかに大きな負担となっているかがわかりますね。

比較表からもKINTOは特に若い人に向いているサービスだと言えます。

KINTOが大学生や若者におすすめな5つの理由!「学生だからこそ」トヨタのサブスクが最適です

KINTOとカーリースをサービスで比較

KINTOとカーリースの違いをサービスで比較してみます。

サービスでの主な違いは次の6項目となります。

KINTOとカーリースの違い

1.取扱車種
2.自動車保険(任意保険)
3.メンテナンス
4.中途解約の可否
5.支払い方法
6.契約満了時の選択肢

1.取扱車種の違い

KINTO(キント)で取り扱う車種はトヨタ・レクサスの新車です。モデリスタ仕様のカスタムカーも選べます。

これに対し、カーリースは国産メーカーの全車種・全グレードを扱うところが多いです。

今回、比較対象となった「SOMPOで乗ーる」「オリックスカーリース」「コスモMyカーリース」はいずれも国産メーカー全車種を取り扱っています。

KINTOは取扱車種が豊富!トヨタ車・レクサス車の全22車種を一挙公開

KINTOで選べるスバル車を一気見せ!人気7車種と注意点を解説

2.自動車保険(任意保険)の違い

KINTO(キント)の月額利用料には自動車保険(任意保険)が含まれています

KINTOが保険契約者となるため、年齢・等級が影響せず保険料は誰でも同一。

誰が乗っても保険の保証対象になり、事故や車のトラブルで保険を使っても自動車保険料が上がることはありません

また、KINTOの自動車保険は納車と同時に保険の適用開始となるので面倒な手続きも不要です。

これに対し、カーリースでは月額利用料に自動車保険は含まれていません。

自動車保険を付帯するにはリース契約とは別にご自身で保険の加入手続きが必要です。

保険会社を選んだり加入手続きする手間がかかりますが、補償内容を自由に選べて保険料を節約することもできます

KINTOの任意保険は最強!特徴やメリット、得する人・損する人を解説

3.メンテナンス対応の違い

KINTO(キント)の月額利用料にはメンテナンス費用も含まれています。

点検・整備・車検・故障にかかる費用がコミコミなので、その都度支払う必要はありません

メンテナンスはトヨタ・レクサスの正規販売店(ディーラー)にて受けられます。

メーカーの車に対する知識が豊富だから質の高い整備を受けることができるうえに、純正パーツを使用するので安心感があります。

料金が安いのはもちろんですが、安心してクルマを運転できることも大切ですよね。

また、KINTOでは故障修理も含まれているので、メーカー保証が切れた後の故障修理も対応してもらえます。

カーリースの場合、月額利用料にメンテナンス費用は含まれません

リース会社によっては、メンテナンスパックを付けることで月額利用料に含めることも可能です。

メンテナンスを受ける場所は基本的に契約者自身で決めなければなりません。

メンテナンスパック加入の場合は、リース会社が提携する整備工場で対応となります。

整備工場によって整備士の技術力にバラツキがあるので、対応の良い整備工場を自分で見つけなければなりません。

メンテナンスパックには故障修理は含まれないものも多いため、故障した際はまとまったお金が必要になる可能性があります

KINTOならメンテナンスや車検、故障修理による突発的な出費や大きな出費はありません。

4.中途解約可否の違い

KINTO(キント)では、中途解約が可能です。解約金0円で解約可能なプランも用意しています。

「のりかえGO」というサービスで、期間中でも別の新しいクルマに乗り換えることも可能です。

カーリースは、原則中途解約不可となります。やむを得ず解約する場合は、高額な解約金・違約金が発生します。しかも一括払いです。

KINTOの中途解約はタイミング次第で「数十万円」も損する!失敗しない解約方法

5.支払い方法の違い

KINTO(キント)は月額利用料の支払い方法がクレジットカード払いか口座振替を選べます。

クレジットカードで月額利用料を支払えば、カード会社のポイントが自動的に貯まるのでおトクです。

一方、カーリースの場合は口座振替のみとしているところがほとんど。

KINTOのようにクレジットカード払いに対応しているリース会社は少ないです。

6.契約満了時の選択肢の違い

KINTO(キント)は契約満了時の選択肢が「車を返却」「車を乗り換え」「再リース(延長)」から選ぶことができます。

車を買い取って自分のものにすることはできません

カーリースの契約満了時の選択肢は「車を返却」「車を乗り換え」「延長(再リース)※」「車を買い取り」から選ぶことができます。

リース会社やプランによっては「車をもらう」ことも可能です。期間中に車両代全額を支払うことで、車を自分のものにすることができます。

※3年/5年契約の場合、最長7年まで延長可。解約金フリープランは再契約することで7年(レクサス車は5年)まで延長可。

トヨタKINTOは契約終了後どうなるの?買取は?精算金の支払いは?

KINTOとカーリースの共通点

KINTO(キント)とカーリースには共通する部分もあります。

KINTOとカーリースの共通点
  • 頭金・初期費用なし
  • 税金・自賠責保険が含まれている
  • ナンバープレートは「一般ナンバー」が適用される
  • 車の使用制限・禁止行為がある

頭金・初期費用

KINTO(キント)とカーリースは、頭金・初期費用なしで新車に乗り始めることができます。※

車を購入するとなると、まとまったお金の支払が大きな負担となりますが、KINTOもカーリースも大きな費用負担なしで車に乗れるのは嬉しいですよね。

※KINTOは初期費用フリープランで契約した場合。解約金フリープランは申込金が必要です。

税金・自賠責保険が含まれている

KINTO(キント)もカーリースも月額利用料には税金や自賠責保険が含まれています。

自分で支払う必要がないので、大きな出費を避けられるのがメリット。

うっかり支払い忘れを防げるのもポイントです。

ナンバープレートは「一般ナンバー」が適用される

KINTO(キント)もカーリースも、ナンバープレートは「一般ナンバー」が適用されます

レンタカーやカーシェアのようにわナンバーになることはありません。

私がKINTOで契約したヴォクシー。わナンバーではありません。

ちなみに、KINTOもカーリースも希望ナンバーを選ぶこともできます。

車の使用制限・禁止行為がある

KINTO(キント)とカーリースともに、車の使用制限・禁止行為などの成約があります

具体的には次の3つが挙げられます。

  • 走行距離の制限(1,500km/月程度)
  • 車のカスタム禁止
  • 喫煙、ペットの乗車禁止

KINTOやカーリースは、契約満了時のクルマの価値(残価)を設定しているため、月々の支払いを安く抑えています。

返却されたクルマの価値がマイナスにならないように、KINTOやカーリースではクルマの使用制限をつけています。

カーリースの場合、契約満了後に自分のものになるサービスも中にはあります。

ただし、契約期間が長い(8〜11年程度)、月額利用料が高いなどデメリットもあるので注意が必要です。

トヨタ車のサブスクはKINTOがお得

結論!KINTOとカーリースがおすすめな人

KINTO(キント)とカーリースがおすすめな人をご紹介します。

  • KINTO:トヨタ車をおトクに乗りたい人、若い人、定期的に新車に乗り換えたい人
  • カーリース:トヨタ車以外の車に乗りたい人、車を自分のものにしたい人

KINTO:トヨタ車をお得に乗りたい人、若い人、定期的に新車に乗り換えたい人

KINTO(キント)はトヨタ車をお得に乗りたい人、若い人、定期的に新車に乗り換えたい人におすすめです。

ここでは、KINTOがおすすめな人の特徴を3つに分けて詳しくご紹介します。

トヨタ車におトクな料金で乗りたい

KINTO(キント)がおすすめな理由として、トヨタ車におトクな料金で乗りたい人が挙げられます。

KINTOとカーリースを料金で比較」で解説したとおり、トヨタ車はカーリースよりもKINTOを利用するほうが料金面でのメリットが大きいです。

しかも、車関連の費用がすべてコミコミで月々定額なので支出管理もカンタンです。

急な出費や大きな出費が一切ないので、自動車税や車検代で頭を悩ませる心配がありません。

若い人は保険料が高額!だからこそKINTO

若い人こそKINTO(キント)がおすすめ。

その理由は、誰でも同じ金額で同じ補償が受けられる自動車保険(任意保険)がついているからです。

若い人(18歳〜25歳程度)は自動車保険の等級が低いこともあり、保険料が高いです。

自動車保険の等級は6等級から始まり20等級がMAXです。等級が高くなるほど割引率が高くなり、その結果、保険料が安くなります。

しかし、1年間無事故で保険を使わない場合でも、20等級になるまで早くても14年もかかるのです

KINTOの自動車保険は団体契約だから、ゴールド免許でも若い人でも同じ金額で提供できます。

事故で自動車保険を使って車を修理したとしても金額は変わりません。

私もKINTO契約車両で事故りましたが、月額料金は変わってません。

若い人の自動車保険料が高いのは、事故を起こす確率が高いからです。

KINTOならもしも車をぶつけてしまっても保険で気軽に修理できますし、保険料が高くなることもありませんので安心です。

のりかえGOで期間中でも新車に乗り換えOK

KINTO(キント)なら期間中に別の車に乗り換えることも可能です

理由は、割安な手数料を払うことで新たな別の車に乗り換えられる「のりかえGO」というサービスがあるからです。

KINTOで契約した車に新しいモデルが出たという場合でも気軽に乗り換えられます。

また、中途解約も可能なのがKINTOの特徴のひとつ。車が不要になったときは中途解約して返却するだけ。解約金は不要です。

ライフステージの変化に合わせた車の使い方ができるのもKINTOの特徴です。

※解約金なしで中途解約できるのは「解約金フリープラン」となります。

KINTO利用上の注意点

KINTO(キント)を利用するうえで注意すべき点が3つありますので、申し込みする前に抑えておきましょう。

・喫煙、改造、競技走行は禁止
・クルマ返却時に車両状態を自己申告する
・買い取りは不可

KINTOでは、返却されたクルマを中古車として販売するため、喫煙や改造などクルマの価値を下げることは禁止されています。

契約満了時に車を返しますが、その際、契約者自身で内装・外装を確認し傷や汚れ、走行距離の超過などを自己申告します。

大きな傷や凹みができた場合は、KINTOの自動車保険を使い返却前に修理しておくと返却時に修理費用が発生せず安心です。

KINTOの契約期間はどんなに長くても7年で終了します。

契約満了後は、改めてKINTOに申し込んで契約も可能ですが、契約していたクルマを買い取って自分のものにすることはできません。

トヨタ車のサブスクはKINTOがお得

トヨタKINTOのデメリット6つ!向いている人や後悔しない選び方を解説

カーリース:トヨタ車以外の車に乗りたい人、車を自分のものにしたい人

カーリースは、トヨタ車以外の車に乗りたい人、車を自分のものにしたい人におすすめです。

ここではカーリースがおすすめな人の特徴を2つに分けてご紹介します。

トヨタ車以外のクルマも豊富

カーリースは、国産メーカー全車種取り扱いしているところが多いです。

トヨタ車以外の車種も豊富ですから、他メーカーの車を月々定額で乗りたいのであればカーリースにするのが良いでしょう。

中には輸入車・外車の新車を選べるところもあります。

たとえば、SOMPO乗ーる(そんぽでのーる)では国産メーカー全車種の他に輸入車も取り扱いがあり選択肢が豊富です。

最後は「買い取る」「もらう」で自分のものにできる

カーリースは、契約満了時に残価を全額支払ってクルマを買い取ったり、期間中に車両代を分割で全額払ってクルマをもらうこともできます。

クルマを完全に自分の所有物にすれば、傷や汚れに必要以上に敏感になるのを避けられます。

クルマに愛着が湧いて長く乗り続けたいという人にもカーリースは適しています。

カーリース利用上の注意点

カーリースを利用するうえで特に気をつけたいのが次の2つです。

・自動車保険は自分で加入手続きする
・中途解約できない

自動車保険は加入が”任意”となっていますが、できれば加入することをおすすめします。

カーリースは自賠責保険が含まれてますが、自賠責保険だけでは補償が不十分だからです。

保険会社や補償内容を自分で選んで決めなければいけませんので手間がかかることは覚えておきましょう。

カーリースは、特別な事情がない限り中途解約不可です。解約できたとしても高額な解約金・違約金がかかります。

契約期間を長くすれば月額利用料は安くなりますが、中途解約のリスクが高まることも踏まえて無理のない期間で契約するようにしましょう。

KINTOとカーリースを利用している人の評判

KINTOとカーリースそれぞれの利用者の評判をまとめました。

KINTOを利用している人の評判

KINTO利用者の評判1|自動車保険が優秀だと思います

コミコミ定額も魅力だけど、私的には自動車保険が優秀すぎるのが一番の魅力だと思ってます。1ヶ月前に事故ってしまい、車を修理しなければいけませんでしたが、自分で負担するのは5万円まででよかったので安心でした。自分で保険に加入していたら保険料が高くなるけど、KINTOはそれがないので修理もためらわなくて済みますね。 20代女性

KINTO(キント)の月額利用料に含まれる自動車保険(任意保険)は、誰でも同じ保険料で同じ補償が受けられます

年齢・等級に影響されないので、保険を使っても保険料が高くなることはなくずっと同じ月額利用料のまま

事故で車を修理する場合も、自己負担額は最大5万円。5万円を超える部分は保険でカバーされるので「費用が高額だから修理は諦める」なんてこともありません。

KINTO利用者の評判2|納期が短い、納車が早い

納期目安がわかるのが良かったと思います。社会人になって初めてのクルマをKINTOで決めました。免許を取ってから初出勤まで2ヶ月弱しかなかったけど、納車が間に合って本当に嬉しいです。しかも新車。思っていたよりも早く届いてので父親もびっくりしてましたね。「今、新車でこんなに早く届くのも珍しいな」って(笑) 20代男性

KINTO(キント)公式サイトでは、各車種の納期目安が掲載されているので計画を立てやすいです。

しかも、多くの車種が納期目処1.5〜2ヶ月とかなり早く納車されます

今、新車を購入するとなると納期は半年待ちも珍しくないです。人気車となると1年待ちもザラにあります。

KINTOは納期面が優遇されているので、購入するよりも早くトヨタ・レクサスの新車が手に入ります。

私も当時1年待ちと言われていたヴォクシーをKINTOで契約したら1ヶ月で納車されましたよ。

KINTO契約してみたら1ヶ月で納車!契約の流れや使ってみた感想をレビュー

KINTO利用者の評判3|生活環境に合わせて乗り換えられる

今はアクアに乗ってますが、3人目が産まれたので来年ぐらいにはミニバンに乗り換えようかなと思ってます。KINTOなら契約が満了する前でも別の新車に乗り換えできるのが良いですね。 30代男性

KINTO(キント)は「のりかえGO」というサービスを利用すれば契約期間中でも割安な手数料で別のトヨタ車に乗り換えることができます

結婚、出産、引っ越し、転勤などライフスタイルの変化に合わせた車選びができるのは便利ですよね。

KINTO利用者の評判4|クルマを返したくない

当初は契約が終わったら次の車に乗り換えればいいやと軽い気持ちで考えてましたが、今になって乗り続けたいと後悔があります。今の車、気に入ってるんですよね。買い取りできないし、返すしかないんですが愛着が湧くと手放すのが惜しい。 20代男性

KINTO(キント)は、契約満了を迎えるとクルマは返却しなければなりません。

3年/5年契約は最長7年まで延長も可能ですが、いずれにしても最後は返すことになります。

買い取りは一切できませんので、この点も踏まえてKINTOを利用するかどうか検討すると良いでしょう。

トヨタ車のサブスクはKINTOがお得

KINTOは契約終了後クルマを返却。乗り換え、再契約もOK!実はメリットもあります

カーリースを利用している人の評判

カーリース利用者の評判1|月額料金が安いから家計への負担が抑えられる

契約期間11年なので月々の支払いを抑えて車に乗れるのが良いなと思いますね。メンテナンスパックは付けずに、その都度支払いでやりくりしてます。そのほうが費用を抑えられるので。 30代男性

カーリースは契約期間を長くできるのが特徴の1つ。リース会社にもよりますが、最長11年契約も可能です。

月額料金は「総支払い額÷契約月数」で決まるので、契約期間がながければ長いほど月々の支払い額は安くなります

また、カーリースは基本的にメンテナンス費用や車検費用は月額料金に含まれていません。

メンテナンスパックを付けることでこれらの費用もコミコミにできます。

クルマの日常的なメンテナンスは自分でできる人や、メンテナンス費用は安く抑えたい人はカーリースを選ぶのも一つの手でしょう。

カーリース利用者の評判2|最後にクルマがもらえるのが嬉しい

7年契約ですが、契約期間が過ぎたらクルマがもらえるのが良いと思う。コロコロ車をかえることはしたくないので長く乗り続けられるのがカーリースの魅力ですね。 30代女性

カーリースは、契約満了時に車をもらうこともできます

買い取りのように契約満了時に残価を全額支払うのではなく、期間中に車両代を全額支払うので最後にまとまった費用の支払いなくクルマを自分のものにできます。

1台の車に長く乗り続けたい人はカーリースがあっているのかもしれません。

ただし、車がもらえるプランは契約期間が長期に渡るうえに月々の支払い額が高くなるので、その点は注意が必要です。

カーリース利用者の評判3|中途解約できないのが不便

中途解約できないのが不便ですね。実は最近になって乗ってる車が飽きて新モデルの新車にのりかえたいと思ってたのですが、後3年は契約が続くので失敗したなと思ってます。我慢するしかないか・・・。 30代男性

カーリースは期間中の解約はできません

やむを得ない事情※でない限り、契約満了まで契約した車に乗り続けなければなりません。

仮に中途解約できたとしても、解約金・違約金の支払いが必要で高額です。基本的には「残りの契約期間の月額料金相当」を一括払いとなります。

たとえば、月額5万円で7年契約のカーリースを丸5年経過した時点で解約すると、残りの2年分の料金120万円程度の解約金・違約金がかかります。

※やむを得ない事情・・・事故、盗難などでリース車両が使用不能となった場合。契約者が死亡したり、長期入院やケガといった理由で運転できなくなったりした場合など。

KINTOと残クレどっちがおトク?違いを比較したらサブスクがおすすめです

よくある質問

Q:KINTOとカーリースの違いは?

A:「KINTOとカーリースの違いを比較」で解説したとおりですが、一番の違いは「自動車保険(任意保険)が含まれているかどうか」です。KINTOには自動車保険が含まれているので加入手続きは不要、年齢等級に関係なく同一の料金・補償、保険使用でも料金変動なしとなります。

Q:KINTOとカーリースどっちがいいですか?

A:双方のメリット・デメリットを理解したうえで、ご自身に合う方を選ぶことが大切です。「結論!KINTOとカーリースがおすすめな人」で解説してますのでご参照ください。

Q:カーリースにはないKINTOのデメリットは?

A:「自動車保険の等級が引き継げない、等級が育たない」「クルマの買い取りやもらうことができない」の2点がカーリースにはないKINTOのデメリットです。

Q:KINTOでは軽自動車は選べますか?

A:現時点(2024年4月9日)では、KINTOで軽自動車の取り扱いはありません。

Q:KINTOは買い取りできますか?

A:KINTOは契約満了でクルマを必ず返却しなければなりません。買取不可です。再契約も可能ですが、同じ車で契約できるのは最長でも7年間となります。

まとめ

今回は、トヨタの車サブスク「KINTO(キント)」と「カーリース」の違いを比較しながら解説しました。

両者は料金面、サービス面で大きく異なるのでご自身が希望する車の乗り方に合う方を選ぶことが大切です。

KINTOは最後に車を返却しますが、トヨタ車に同じ期間乗るならカーリースよりも断然おトクだということがわかりましたね。

一方、カーリースはKINTOよりも料金は高くなりますが車を買い取ったり、もらうことで自分のものにすることもできます。トヨタ車以外の車を長く乗り続けたい人にはカーリースがピッタリでしょう。

トヨタ車のサブスクはKINTOがお得

画像出典:「KINTO

ABOUT ME
記事URLをコピーしました