KINTO
PR

KINTOの初期費用フリープランを解説!特長やおすすめの人は?

ikejin
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

『キントの初期費用フリープランって何?』
『解約金フリープランと何が違うの?』
『自分には初期費用フリープランがあってるのか知りたい!』

トヨタKINTO(キント)の「初期費用フリープラン」は、頭金や初期費用0円でトヨタ・レクサス・スバルの新車に乗り始められるプランです。

まとまったお金の準備なしで気軽にカーライフをスタートできます。

初期費用フリープランでは中途解約や期間中に新たなトヨタ車に乗り換えることも可能です。

当記事では、KINTOの初期費用フリープランの特長や注意点、どんな人におすすめのプランなのか解説します。

初期費用0円で新車に乗れる!

KINTOの初期費用フリープランとは

トヨタKINTO(キント)の初期費用フリープランは、頭金・初期費用0円でトヨタ車やスバル車に乗り始められる契約プランです。

まとまったお金を用意する必要がないので気軽に始められるのがメリット。

利用期間は3年/5年/7年から選ぶことができ、3年と5年契約の場合は再契約で最長7年の利用が可能です。

ボーナス併用払いもできるので、月々の支払いを安く抑えることもできます。

初期費用フリープランでは、期間中に割安な手数料で別のトヨタの新車に乗り換え可能な「のりかえGO」の利用も可能。

・初期費用フリープランの詳細

対象車種トヨタ車/レクサス車/スバル車
初期費用なし
契約期間3年/5年/7年
※レクサス車は3年のみ
ボーナス併用払い5.5万円/11万円/16.5万円
※16.5万円の設定がない車種もあります。
※1月と7月に月額利用料に加えて
ボーナス加算併用額の支払いがあります
中途解約金規定の中途解約金を支払う
期間中の乗り換え特典のりかえGOで期間中に乗り換え可能
※レクサス車、スバル車は対象外
契約満了時の選択肢・新たな車への乗り換え
・車の返却
・利用している車で再契約
再契約(延長)
※KINTOおよび保証会社による
審査を実施
・トヨタ車は最長7年
・レクサス車は最長5年
・スバル車は再契約(延長)不可

KINTOとは?トヨタの車サブスクを徹底解説

KINTO初期費用フリープランの再契約(延長)内容について

KINTO(キント)の初期費用フリープランでは、再契約することで利用期間を延長可能です。

・再契約後の契約内容

トヨタ車レクサス車
対象契約全契約2025年春以降に満了を迎える契約
再契約期間(1回あたり)2年2年
再契約可能な回数3年契約:2回
5年契約:1回
1回
申し込み方法My KINTOより
申し込み期間満了12ヶ月前から満了3ヶ月+14日前まで
※審査承認後、満了日の3ヶ月前までに契約締結が必要です。
再契約後の月額利用料3年契約の1回目再契約:5年契約の月額利用料相当
5年契約の1回目の再契約:月額利用料相当※
※3年契約の2回目再契約も同様
元の契約と同額
支払方法の変更不可
(本の契約と同じ払い方となります)
ボーナス額
(ボーナス併用有無)の変更
可能
中途解約金所定の中途解約金が発生
その他・再契約後は「のりかえGO」は利用不可
・2回目の再契約を行わずに車両を返却される場合は
中途解約金はかかりません

スバル車は再契約は不可となるので契約期間の選択には注意してください。

ここでは初期費用フリープランの内容について詳しく解説していきます。

再契約でトヨタ車は最長7年、レクサス車は最長5年

初期費用フリープランの再契約は、トヨタ車が2年✕2回、レクサス車は2年✕1回となります。

トヨタ車は最長7年、レクサス車は最長5年の利用が可能です。

再契約後の月額利用料について

トヨタ車で再契約した場合、再契約後の月額利用料は元の契約より下がります。

たとえば、初期費用フリープランでプリウスに乗る場合の再契約後の月額利用料は次の通り。

※最安値グレード、最安値パッケージ、追加オプション無しの場合
※割引率は利用車種により異なります。

3年契約後の1回目の再契約は5年契約の月額利用料となり、5年契約の1回目の再契約は7年契約の月額利用料になるということです。

ただし、レクサス車の場合は再契約後の月額利用料は変わりません。

たとえば、本の契約の月額利用料が8万円なら、再契約後の月額利用料は8万円のままです。

その他の注意点

初期費用フリープランでの再契約後は「のりかえGO」は利用不可となりますので注意してください。

2回目の再契約をせずに車両返却した場合は中途解約金は発生しません。

トヨタKINTOのデメリット6つ!向いている人や後悔しない選び方を解説

KINTO初期費用フリープランの解約と解約金の計算方法

初期費用フリープランで契約期間中に解約する場合は所定の中途解約金が発生します。

初期費用フリープランの中途解約金は「中途解約金(残リース料+追加精算金)+未払リース料」となります。

残リース料・・・6ヶ月毎の自動更新を前提として商品のため、中途解約時は6ヶ月毎の契約満了までの費用請求となります。
追加精算金・・・月額利用料は契約期間を満了する前提で低減・平準化しているので、中途解約時に支払いする精算金です。6ヶ月単位で減っていきます。

初期費用フリープランの解約金の計算例

・トヨタ車

・レクサス車

たとえば、3年契約で月額4万円(税込み)の車を契約し、19ヶ月で解約する場合の中途解約金は次のとおりとなります。

トヨタ車:月額利用料7ヶ月分(税込み28万円)+未払いリース料
レクサス車:月額利用料11ヶ月分(税込み44万円)+未払リース料

※未払リース料は契約開始日に応じて、月額利用料1ヶ月分または2ヶ月分

中途解約金が不要なケース

個人契約の場合、契約者が契約期間中に死亡もしくは傷害・疾病等で運転困難や使用困難となった場合、所定の書類の提出と手続き実施の上、車両返却することで中途解約金無しで解約可能です。

My KINTO(マイページ)で中途解約金を確認できる

KINTOと契約すると契約者専用ページ「My KINTO」が利用可能です。

My KINTOでは↓このように中途解約金を確認できます。

私のMy KINTOページです

こちらは私がKINTOで契約しているヴォクシーの中途解約金となります。

自分で中途解約金の計算をする必要はなく、金額も明瞭なので安心です。

中途解約金の内訳も確認可能です。↓

KINTO契約してみたら1ヶ月で納車!契約の流れや使ってみた感想をレビュー

KINTO初期費用フリープランは「のりかえGO」で期間中の乗り換えも可能

初期費用フリープランでは「のりかえGO」の利用が可能です。

のりかえGOとは、契約期間中に割安な手数料で新しいトヨタ車に乗り換えできるサービスです。

期間中に乗りたい車が変わっても、次の車に乗り換えることができ、新たに3年/5年/7年の契約ができます。

・のりかえGOの利用条件

申込可能期間3年プラン:契約開始後、18ヶ月目〜契約満了の4ヶ月前まで
5/7年プラン:契約開始後、36ヶ月目〜契約満了の4ヶ月前まで
利用中の車トヨタ車(GR含む)、モリゾウセレクションを利用中の方
乗り換え可能な車トヨタ車(GR含む)

のりかえGOの手数料は、契約年数と申し出た経過月数により手数料が決まります。詳細は以下のとおりです。

のりかえGOを利用するうえでの注意点は次のとおりです。

のりかGOの注意点

・法人契約はのりかGOの利用不可
・再契約した場合はのりかGOの利用不可
・乗り換え後の契約も初期費用フリープランとなる。解約金フリープランは選択できません。
・乗り換え手数料の支払いはクレジットカードのみ

KINTO初期費用フリープランは7年契約がおトク!

KINTO(キント)の初期費用フリープランでは契約年数が3年/5年/7年から選ぶことができ、契約年数によってお得感が異なります。

ヤリスクロス(Z ガソリン車 1.5L 2WD)、年齢条件を21歳以上(9等級)にしたうえでそれぞれ見ていきましょう。

ヤリスクロス Z ガソリン車
KINTO現金一括払い銀行自動車ローン
3年月額利用料
(月当たり)
49,720円56,974円62,300円
支払総額(3年)1,789,920円2,051,057円2,243,298円
5年月額利用料
(月当たり)
46,200円48,332円53,700円
支払総額(5年)2,772,000円2,899,940円3,222,022円
7年月額利用料
(月当たり)
44,770円47,034円52,400円
支払総額(7年)3,760,680円3,950,874円4,406,821円
※銀行自動車ローンは、3年(36回払)5年(60回払)7年(84回払)、年利5.0%の場合
※料金は「KINTO料金比較シミュレーション」を参照
※現金一括払い、銀行自動車ローンはいずれも最後に下取りを出す前提で算出しています。下取り参考価格は、3年45%、5年30%、7年10%で試算しています。
Q
3年契約の詳細
KINTO現金一括払い銀行自動車ローン
均等84回払/5.0%
A:車両代・オプション代月額利用料に含まれる2,435,000円2,435,000円
B:税金・諸費用
(自賠責・自動車税等)
226,340円226,340円
C:任意保険・メンテナンス485,468円485,468円
D:分割払い手数料等192,240円
E:3年後の下取り参考価格1,095,750円1,095,750円
F:支払総額(3年)
A+B+C+D−E
1,789,920円2,051,057円2,243,298円
月々の支払額
F÷36ヶ月
49,720円56,974円   初回:62,798円
2回目以降:62,300円
・A、B、C、D、E、Fの詳細
A:
車両代・オプション代。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。
B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)。利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。
C:任意保険・メンテナンス。任意保険料、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)
D:分割払い手数料等。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。
E:3年後の下取り参考価格。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して45%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。
F:お支払い総額(3年)A+B+C+D-E。3年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。
出典:KINTO料金比較シミュレーション
Q
5年契約の詳細
KINTO現金一括払い銀行自動車ローン
均等84回払/5.0%
A:車両代・オプション代月額利用料に含まれる2,435,000円2,435,000円
B:税金・諸費用
(自賠責・自動車税等)
333,550円333,550円
C:任意保険・メンテナンス・
車検1回
861,890円861,890円
D:分割払い手数料等322,082円
E:5年後の下取り参考価格730,500円730,500円
F:支払総額(5年)
A+B+C+D−E
2,772,000円2,899,940円3,222,022円
月々の支払額
F÷60ヶ月
46,200円48,332円   初回:53,722円
2回目以降:53,700円
・A、B、C、D、E、Fの詳細
A:
車両代・オプション代。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。
B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)。利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。
C:任意保険・メンテナンス・車検1回。任意保険料、車検費用(1回)、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)
D:分割払い手数料等。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。
E:5年後の下取り参考価格。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して30%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。
F:お支払い総額(5年)A+B+C+D-E。5年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。
出典:KINTO料金比較シミュレーション
Q
7年契約の詳細
KINTO現金一括払い銀行自動車ローン
均等84回払/5.0%
A:車両代・オプション代月額利用料に含まれる2,435,000円2,435,000円
B:税金・諸費用
(自賠責・自動車税等)
440,760円440,760円
C:任意保険・メンテナンス・
車検2回
1,318,614円1,318,614円
D:分割払い手数料等455,947円
E:7年後の下取り参考価格243,500円243,500円
F:支払総額(7年)
A+B+C+D−E
3,760,680円3,950,874円4,406,821円
月々の支払額
F÷84ヶ月
44,770円47,034円   初回:57,621円
2回目以降:52,400円
・A、B、C、D、E、Fの詳細
A:
車両代・オプション代。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格です。
B:税金・諸費用(自賠責・自動車税等)。利用期間の自賠責保険料(2020年4月以降)、自動車税種別割、自動車税環境性能割、重量税、検査登録手続代行費用、車庫証明手続費用、法定費用、リサイクル費用、ETCセットアップ費用、新車整備費用を含みます。
C:任意保険・メンテナンス・車検2回。任意保険料、車検費用(2回)、メンテナンス費用(点検、故障修理等)、を含みます。年齢ごとに任意保険料の等級を指定しております。全年齢:6S等級、21歳未満:6S等級、21歳以上:9等級、26歳以上:14等級(26歳として計算)、35歳以上:18等級(35歳として計算)、50歳以上:20等級(50歳として計算)、65歳以上:20等級(65歳として計算)、75歳以上:20等級(75歳として計算)
D:分割払い手数料等。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して金利5.0%での算出です。
E:7年後の下取り参考価格。各KINTO取り扱い車種の最安値グレード・パッケージの希望小売価格(A)に対して10%での算出です。実際にはお客様のおクルマの使用方法によって残価率は変動します。
F:お支払い総額(7年)A+B+C+D-E。7年お乗りいただいたおクルマを返却・売却し、初期支払い額に充当することを前提とした算出金額です。
出典:KINTO料金比較シミュレーション

比較の結果、契約年数が長いほど月額利用料が安いことがわかりました。

また、現金一括払いや銀行自動車ローンで購入するよりもKINTOを利用するほうがおトクです。

銀行自動車ローンは分割払い手数料がかかるため、いずれの条件でもKINTOや一括払いよりも高いです。

初期費用0円で新車に乗れる!

KINTO初期費用フリープランがおすすめな人

KINTO(キント)を初期費用フリープランで契約するのが向いてるのは以下のような人です。

  • はじめて車を持つ人
  • 契約の満了を前提として利用する人
  • 期間中にKINTOで車を乗り換える可能性がある人

はじめて車を持つ人

初期費用フリープランは、文字通り初期費用なしでトヨタの新車に乗ることができるプランです。

まとまったお金の準備や貯金を切り崩すことなく気軽にカーライフを始められます

また、KINTOは月額利用料に含まれる任意保険が万が一の事態をカバーしてくれます。

運転になれないうちは車をぶつけたりこすったりする可能性が高いですが、保険で修理が可能。

保険を使っても月額利用料は変わらないので安心です

KINTOが大学生や若者におすすめな5つの理由!「学生だからこそ」トヨタのサブスクが最適です

契約の満了を前提として利用する人

KINTO(キント)の契約プランには「解約金フリープラン」もあります。

こちらは、解約金0円で中途解約も可能なプランですが、契約満了まで乗る場合は総支払額は初期費用フリープランよりも高くなります。

契約満了まで車を利用することを前提としているのであれば初期費用フリープランで契約するほうがおトクです。

トヨタKINTOは契約終了後どうなるの?買取は?精算金の支払いは?

期間中にKINTOで車を乗り換える可能性がある人

初期費用フリープランでは期間中に割安な手数料で乗り換えられる「のりかえGO」が利用可能です。

のりかえGOの手数料は途中解約の解約金よりもかなり安く乗り換えできます

たとえば、KINTOを5年契約で4年経過時(4年0ヶ月)ののりかえGOの手数料と途中解約の解約金を比較してみましょう。

のりかえGOの手数料:月額利用料1ヶ月分
途中解約の解約金:  月額利用料7ヶ月分+月額利用料1〜2ヶ月分

このように、のりかえGOを利用して乗り換えるほうがかなりお得だということがわかります。

KINTOで一定期間経過後に別のトヨタ車に乗り換える可能性がある人も、初期費用フリープランで契約するのがおすすめです。

初期費用0円で新車に乗れる!

KINTO初期費用フリープランのよくある質問

Q:初期費用フリープランと解約金フリープランの違いは何ですか?

A:KINTOの初期費用フリープランは初期費用不要の代わりに中途解約する際は解約金が発生します。これに対し、解約金フリープランは月額利用料5ヶ月分相当の申込金を支払うことで中途解約する際の解約金が不要なプランです。また、初期費用フリープランでは割安な手数料で乗り換え可能な「のりかえGO」が利用可能です。解約金フリープランではのりかえGOの利用はできません。

トヨタKINTOの解約金フリープランと初期費用フリープランどっちがお得?料金を比較してみた

Q:KINTO初期費用フリープランの解約金はいくらですか?

A:初期費用フリープランの中途解約金は、月額利用料を元に計算されます。6の倍数月で中途解約すると解約金を抑えられます。

たとえば、13ヶ月で中途解約する場合は月額利用料8ヶ月分ですが、12ヶ月だと月額利用料4ヶ月分で済みます。

KINTO初期費用フリープランの申込金はいくらですか?

A:KINTOの初期費用フリープランでは申込金は不要です。

Q:KINTOを初期費用フリープランで7年乗るなら7年契約と再契約で7年乗るのはどっちがお得ですか?

A:7年契約で乗るほうがお得です。

まとめ

KINTO(キント)の初期費用フリープランは、頭金や初期費用0円でトヨタ・レクサスの新車に乗り始められます。

まとまったお金を用意しなくていいから気軽に利用できると人気の高い契約プランです。

中途解約する際は解約金の支払いが必要ですが、契約満了まで乗り続ける前提なら初期費用フリープランで契約するのがおトク。

また、途中で別の新車に乗り換えも可能。中途解約金よりも安い手数料で済むから、乗り換え予定がある人にも初期費用フリープランはおすすめですよ。

初期費用0円で新車に乗れる!

画像出典:「KINTO

ABOUT ME
記事URLをコピーしました