カーリース(車のサブスク)は契約終了後どうするの?必ずクルマを返却しないとダメ?

車のサブスク 基礎知識

『車のサブスクって最後は返さないといけないの?』
『カーリースって契約期間が終わったらどうすればいいの?』

『クルマが自分のものにならないからイヤなんだよな…』

車のサブスク(カーリース)は、契約終了後はリース会社にクルマを返却します。

クルマの処分方法に手間がかからないというメリットがある一方で、自分のものにならない、同じ車に乗り続けられないといったデメリットもあります。

ですが、車のサブスクの契約終了後は、返却以外の選択肢を用意しているリース会社もあります。

買取や再リース、乗り換え、もらうなど様々な選択肢があります。

ここでは、車のサブスクの契約終了後の手続きについて詳しく解説していきます。


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクの契約終了後はクルマを返却するのが基本

車のサブスクリプションサービスでは、契約終了後はクルマをリース会社に返却するのが基本です。

クルマをリース会社に返すだけで手続きは完了するので、面倒な手続きは一切なく、書類を用意する必要もありません。

どうして返却するの?

車のサブスクの利用を検討するうえで『どうしてクルマを返却するの?』と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜ契約満了後にクルマを返却するのか?

これは車のサブスクの仕組みを理解すると納得していただけると思います。

車のサブスクは、リース会社が車を購入し利用者に長期間貸し出すサービスです。車検証の所有者はリース会社使用者は契約者となります。

つまり車のサブスクは、契約者は利用料を支払うことで契約期間中の使用権を得る仕組みなのです。

そのため、契約終了後はリース会社に車を返却しなければいけません。

その代わり、車の所有者であるリース会社は税金など車を購入する時に発生する手続きを負担します。

登録諸費用や各種税金、保険料などが月々の利用料金に含まれているため契約者は月々定額で車に乗ることができ、大きな出費や急な出費を心配しなくて済むのも特徴です

返却なら車の処分方法を考えなくていいからラク

車を購入した場合手放すときは

  • ディーラーに下取りしてもらう
  • 中古車買取業者に買取を依頼する
  • 廃車にする

など、車をどのようにして処分するのか自分で考えなければいけません

車を売るとなった場合は必要な書類を用意しなければいけませんので手間と時間がかかるのもネックと言えます。

ですが、車のサブスクでは、返却する場合はリース会社に車を引き渡すだけで手続きが完了します。面倒なことが一切ないのでラクです。

車のサブスクは契約満了後に返却以外の方法も選べる

車のサブスクは、契約満了後は返却以外の選択肢を用意しているリース会社が多くあります。

リース会社によって契約満了後の対応は異なるので、事前に確認したうえで自分にあったリース会社を選ぶことが大切です。

1.車を買い取る

契約満了時に残価を払うことで、リース車を買取りマイカーにする方法です。

契約当初に設定した残価を支払えば同じ車に乗り続けることができます。

ただし、残価の支払い方法は原則として一括払いとなるためまとまったお金が必要になります。

たとえば、残価50万円に設定したならば、買取するには50万円を一括払いする必要があるということです。

残価についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

車のサブスクには残価設定がある?残価あり3つのデメリットと注意点を解説

2.同じ車を再リースする

これまで乗っていた車をリース契約を継続したまま乗り続ける方法です。

利用していた車が気に入った場合は再リースはありがたいサービスと言えるでしょう。

ただし、それまでの利用料金が継続となるわけではなく、あらためリース料金を計算し直します

再リース期間が終了した時点での車の下取り価格(残価)を予想し、それをはじめの契約時に設定した価格から差し引いてリース料金が決まります。

当然ながら再リース期間中に発生する諸費用も加えられます。

再リースの場合、残価はかなり低く設定されるため毎月の利用料金は思っていたよりも高くなる可能性があります。

3.別の車に乗り換える

別の車で新しくリース契約をする方法です。

一般的に、クルマを乗り換える場合はおけ長かかりますが、車のサブスクならまとまったお金は不要ですから大きな出費を抑えて次の車に乗り換えできます。

4.車をもらう

一部のリース会社では、契約終了後に車をもらえるオプションを用意しています。

車をもらえるオプションでは、残価設定はありません。

契約期間中に車両代金を全額払っているので、期間終了後にクルマを自分のものにすることができます。

最終的に車は自分のものになるので、傷やへこみ、走行距離制限などを気にせずより気軽に利用できます。

また、返却しないので残価精算や原状回復費用を請求されることもありません

注意点として、車をもらえるオプションは契約当初に選ぶ必要があります

なので、契約当初は返却を考えてたけど、いざ契約満了時に車をもらいたいと思ってももらうことはできません。

リース会社によっては、利用料金とは別に月額500円~1,000円程度のオプション加入が必要になります

契約満了時にクルマを返却する場合はここに注意

契約終了後にクルマを返却するには、リース会社にそのままクルマを引き渡すだけで完了となります。下取りや廃車などのように面倒な手続きはありません。

ただし、返却するにあたって注意すべきことがあります。具体的には次の3つ。

  1. 残価精算で高額な費用を請求されることも
  2. 原状回復して返却する
  3. 走行距離制限を超えた場合は追加費用が発生する

1.残価精算で高額な費用を請求されることも

車のサブスクには契約方式は「オープンエンド方式」「クローズドエンド方式」の2種類あります。

オープンエンド方式ではクルマを返却した際に残価精算を請求されることがあります

たとえば、残価50万円で設定し、契約満了時のクルマの価値が30万円だった場合は差額の20万円をリース会社に支払います。

一方、クローズドエンド方式は残価精算を請求されることはありません。高額な残価精算を避けたい場合はクローズドエンド方式の車サブスクを選ぶといいでしょう

オープンエンド方式とクローズドエンド方式についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

【車のサブスク】カーリースの契約はオープンエンドとクローズドエンドどっちがいいの?

2.原状回復をして返却する

車のサブスクでは、車を元の状態に戻して返却しなければいけません。これを原状回復と言います。

たとえば、後から社外品のパーツをつけたり、車にステッカーを貼ったりしていた場合はすべて外して返却しなければいけません。

他にも、傷やへこみがある場合は修理してから返却します。

原状回復せず返却した場合は、リース会社から原状回復費用を請求されます。

3.走行距離制限を超えた場合は追加費用が発生する

車のサブスクは、契約時に走行距離制限を設定します。返却時に走行距離制限をオーバーしている場合は追加費用が発生します

ほとんどのリース会社は「1,500km/月」といったように、月間の走行距離制限を設定していますが、

最終的に「月間走行距離×契約月数」のトータルがオーバーしていなければOKです。

基本的には「1kmあたり10円」といったように超過分精算されます。

例)走行距離制限1,500km/月、契約期間5年、1kmあたり10円で計算

この場合、1,500km×60ヶ月(5年)=90,000kmをオーバーしていなければ追加費用無し。

走行距離88,000km→追加費用なし

走行距離100,000km→10,000kmオーバーのため100,000円の追加費用

リース会社によって走行距離制限は異なります。月2,000kmとしているところがあれば月750kmとかなり短いところもあります。

車の使用頻度から自身に適した走行距離を把握し、超える心配がなさそうなリース会社を選ぶようにしましょう。

【リース会社別】契約終了後の選択肢まとめ

最後に、リース会社ごとの契約終了後の選択肢を表にまとめましたので、紹介します。

※会社・サービス名クリックで詳細ページへ移ります

会社・サービス 車を返却 車を買取 車を再リース 乗り換え 車をもらう
トヨタ・KINTO × × ×
ホンダ・楽まる
※3年・5年契約のみ

※5年契約のみ

※7年契約のみ
三菱・ウルトラマイカープラン × × ×
日産・クリックモビ ×
SOMPOで乗ーる ×
リースナブル × ×
定額カルモくん ×
※月額オプション
カーコンカーリース ×
MOTAカーリース × ×
※月額オプション
定額ニコノリパック
ORIXカーリース ×
コスモMyカーリース ×
会社・サービス 返却 買取 再リース 乗り換え もらう

※会社・サービス名クリックで詳細ページへ移ります

よくある質問

Q:必ず返却しないとダメですか

A:基本は返却ですが、契約終了後の選択肢はリース会社によって異なります。様々な方法があるので、最終的に車をどうするのかきちんと考えたうえで決めるといいでしょう。

Q:返却の方法は

A:車をそのままリース会社に返すだけです。特に手続きは必要ないので時間も手間もかかりません。

Q:返却する時に気をつけることは?

A:注意するのは1.残価精算の請求、2.走行距離制限、3.原状回復の3つです。場合によっては追加費用が発生します。具体的にどのような条件で追加費用を請求されるのか理解しておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました