車のサブスクには残価設定がある?残価あり3つのデメリットと注意点を解説

車のサブスク 基礎知識

『クルマのサブスクって残価設定があるの?』
残価設定ありのサブスクのメリット・デメリットは?』
「残価精算があるなら車はサブスクで乗らないほうがいいの?』

車のサブスクには残価設定しているものもあります。

残価とは、車の下取り予想価格のことで、残価設定することで安く新車に乗ることができるメリットがあります。

その一方で、契約満了時は残価精算することもあるというデメリットもあります。

今回は、車のサブスクにおける残価設定について解説していきます。

  • 残価は契約終了時のクルマの価値の予想金額
  • 残価を差し引いた金額を払うから安くクルマを利用できる
  • 査定額が残価を下回る場合は差額分を払わないといけない
  • 残価設定なしのサブスク、クローズドエンド方式は残価精算なし


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクリプションの「残価設定」とは

車のサブスクにおける残価とは「契約満了時の予想査定額」のこと

残価とは残存価格の略。車のサブスクの契約が終了するときの車両の価値を予想した額のことです。

たとえば、3年契約のサブスクなら3年後そのクルマの価値はどの程度なのか?金額で設定します。

例)車両価格200万円のクルマをサブスクで3年契約

3年後の車の価値は100万円程度と予想

⇒残価100万円で設定

クルマは時間経過とともに価値が下がっていきます。

新車の場合、3年も経てば新車価格の2分の1程度にまで価値が下がると言われています。

新車価格200万円なら3年後の価値は100万円前後ということですね。

注意したいのが残価はあくまでも「予想」価格だということ。

数年後、その車の価値がどうなっているかは正確に予測することは難しいです。

クルマのサブスクにおける残価は契約終了後の査定額(売却価格)を保証するものではありません

後述していますが、契約終了時の車の価値が予想よりも下がることもあります。

実際の車の価値が残価を下回った場合、その差額分を請求されるリスクもあるということは十分理解しておきましょう。

クルマのサブスクにおける残価設定のメリット

クルマのサブスクにおいて残価設定するメリットは「通常よりも安くクルマを利用できる」ことです。

クルマのサブスクの月額料金は、車両価格から残価を差し引いた金額を契約月数で分割した金額となります。

たとえば、200万円のクルマを5年後は50万円程度の価値になるだろうと予想し、残価を50万円で設定します。

車両金額は200万円ですが、利用者が実際に支払う部分は200万円-50万円=150万円、150万円で済みます。

つまり200万円のクルマを150万円で5年間乗ることができるという仕組みです。

自動車ローンだと車両金額全額に対して分割で支払いしますが、サブスクのように残価設定があるとお得にクルマに乗ることができるのです。

※わかりやすいように諸費用等は含めていません

クルマのサブスクには「残価設定なし」もある

クルマのサブスクは、残価設定することで通常よりも安い金額でクルマを利用できます。

しかし、中には残価設定なしでクルマを利用できるサブスクもあります

月々の支払額は一定ですが残価を設定していないので、利用期間中に車両価格を全額支払い最後はクルマが自分のものになるという仕組みです。

定額料金でクルマを利用したいけど自分のものにならないのはイヤだ、という理由からサブスクを利用しないという方は多いです。

しかし、残価設定なしのサブスクであれば、契約満了時はクルマがそのまま自分のモノになるので車両を返却する必要はありません。

ただし、残価設定ありのサブスクと比べて月額料金はやや高めになります。

単純に費用を抑えて車を自分のモノにするなら現金一括や自動車ローンで購入するほうがお得です。

残価設定ありサブスク3つのデメリット

残価設定ありサブスクのデメリット①:自由にカスタマイズ・改造ができない

車のサブスクを残価設定ありで利用するということは、利用期間中に車両金額を全額払うわけではないので車の所有権は利用者にありません。

あくまでも車の使用権があるだけですので、自分のモノではないのです。

車を借りて使用する契約なので、当然、カスタマイズや改造は原則禁止となります。

中には社外品や取り外しがカンタンであればカスタマイズ・改造は可能としている会社もありますが、

返却するときは納車された状態に戻さないといけません(これを原状回復と言います)。

利用期間中に車をカスタマイズ・改造し、返却時に原状回復するときは自己負担で行います

原状回復せずに返却した場合は、原状回復費用を請求されます

車のサブスクの改造・カスタムについての詳細はこちらの記事をご覧ください。

カーリースは改造OK!カスタムできる4パターンと違約金の条件

残価設定ありサブスクのデメリット②:契約終了後は残価精算のリスクがある

残価設定のあるサブスクは契約終了時に返却したクルマの価値を査定します。

査定した金額が契約当初設定した残価よりも低い場合、その差額分を利用者は支払わなければいけません(これを残価精算と言います)。

例)残価50万円、査定額30万円の場合

残価50万円-30万円=20万円

契約者は差額20万円をリース会社に支払う

中には残価を相場よりもわざと高くして、契約終了時に高額な残価精算を請求する悪質な会社もあります。

「月々1万円で新車に乗れる」といった広告を見て、お得に感じてもまずは残価をいくらで設定しているのかきちんと確認しましょう。

車のサブスクリプションには契約方式が「オープンエンド」と「クローズドエンド」の2種類あります。オープンエンドで契約すると残価精算しなければいけませんが、クローズドエンドで契約した場合は残価精算はありません。残価精算が不安な人は、クローズドエンドで契約できるサブスクを選ぶといいでしょう。

残価設定ありサブスクのデメリット③:傷や凹み、走行距離制限オーバーは追加費用の請求

返却した車に傷や凹みがある場合、修理費用が請求されます。

小さな傷程度であれば問題ありませんが、基準はリース会社によって異なります。

また、走行距離制限をオーバーした場合も追加費用の請求があります。

残価設定ありのサブスクを利用するときの注意点

注意点①残価を含めた全額に金利がかかる

これは残価設定型クレジット(残クレ)にも言えることですが、クルマのサブスクリプションは残価に対しても金利がかかります。

残価を差し引いた分の価格に対してではありません。

それだけでなく、クルマのサブスクの場合、各種税金や自賠責保険などを含めた全額に金利がかかっています

長い目で見れば自動車ローンよりも金利面では損しているのです。

項目 自動車ローン 車のサブスク
車両本体価格 200万 200万
諸費用 10万 10万
税金 別途支払い 20万円(期間分)
メンテナンス費用 別途支払い 10万円
合計 210万 240万
金利手数料 210万に対して 240万に対して

※一例です。諸費用や税金など実際の金額は異なる可能性があります。

注意点②:残価分を支払って購入すると割高

残価設定ありのサブスクは、残価を支払うことで契約終了時にクルマを買い取って自分のモノにすることもできます。

ですが、車のサブスクは残価や税金、メンテナンス費用などを含めた全額に金利がかかっているので自動車ローンと比べて金利面で損しています。

残価分をローンを組んで支払う場合も、残価に対してさらに金利がかかるためより割高となります。

注意点③:設定残価はきちんと確認すること

「残価が高ければ月々の利用料金は安くなるんじゃない?」

確かにそのとおりですが、契約終了時の残価精算に注意が必要です。

査定額と残価の差が生じた場合は、その差額を払わなければいけません。

残価をあまりにも高く見積もると、後に高額請求となる可能性があります

車のサブスクの残価設定には「オープンエンド方式」「クローズドエンド方式」があります。

【オープンエンド方式】

  • 月額料金が安い
  • 残価を知ることができる
  • 差額が生じた場合は利用者が払う

【クローズドエンド方式】

  • 月額料金は高め
  • 残価を知ることができない
  • 差額が生じても利用者の負担なし

中には、残価を相場より高く設定し月額料金を安く見せることで契約し、契約満了時に高額な差額請求しようとする悪質な業者もあるので注意が必要です

クローズドエンド方式は、月額料金は多少高くなるものの残価精算はありません。

契約終了時のリスクを避けるならクローズドエンド方式で契約できるサブスクを選ぶのが良いでしょう。

注意点④:サブスクの残価は保証されていない

残クレだと基本的に残価が保証されていますが、車のサブスクリプションは残価保証されていません

そのため、オープンエンド方式の場合は契約満了時に残価精算する可能性が高いと思ったほうがいいでしょう。

クルマのサブスクは「クローズドエンド方式」なら残価精算なしで安心

クローズドエンド方式のサブスクは契約終了時に残価精算がないことを前提とした契約です

差額精算が心配という方は、クローズドエンド契約できるリース会社を選ぶのも一つの手です。

さらにクローズドエンド契約を採用しているサブスクでは、契約終了時に「車がもらえる」プランを用意していたりもします。

通常のサブスクよりも契約期間が長く月額料金はやや高めなるため注意点もありますが、

残価精算のリスク対策としてクローズドエンド契約を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました