車のサブスクの必要書類って何?スムーズに契約するために書類を準備しよう

車のサブスク 基礎知識

車のサブスクを利用するには審査と契約を行う必要があります。審査や契約ではいくつかの必要書類を提出しなければいけません。

ですが、具体的にどういった書類を用意するのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、車のサブスクを利用するうえで必要となる書類等について解説していきます。


\カンタン審査!任意保険もコミコミ!お得で安心/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

車のサブスクに必要な書類等は?

車のサブスクの審査時・契約時に必要となる書類等は下記のとおりです。

【車のサブスクに必要なもの】

●免許証
有効期限が切れていると使用できませんので確認しておきましょう。

●住民票の写し
住民票は現住所を証明するために必要です。取得から3ヶ月以内のものが有効。ただし、取得期限の指定はリース愛車によって異なるのであらかじめ確認しておきましょう。

●印鑑証明
印鑑証明も住民票と同じく現住所を証明するために必要となる書類です。

●車庫証明
「自動車保管場所証明」が正式名称。自動車の保管場所を証明する書類で、車のサブスクでも必ず必要となります。申請から発行まで1週間前後かかるので余裕を持って申請しましょう。

●契約書
契約書はリース会社から郵送で送られてきます。内容に目を通した後、署名・捺印し返送します。

これらに加えて「実印」を用意してください。

シャチハタや三文判は実印として認められませんので、お持ちでない場合は印鑑専門店(ネット通販でも可)で正式なものを作りましょう。

実印は注文から完成まで時間がかかるので余裕を持って作っておきましょう。

また、必要書類はリース会社によって異なる場合もあります。

たとえば、トヨタ・KINTOはWEB上での電子契約となるため書面の取り交わしがありません。本人確認書類として免許証写真をアップロードするだけで済み、それ以外に書類を用意する必要がありません。

書類の準備スケジュールと取得方法

車のサブスクに必要な書類は警察署や役所などで発行されるものもあるので、スムーズに手続きするためにも早めに用意しておきましょう。

優先的に用意しておくべき書類は?

優先的に用意しておくべき書類は次の2つです。

  • 住民票の写し
  • 車庫証明

住民票の写し

車のサブスクの審査では「免許証」と「住民票の写し」が必須です。これらを提出できないと審査を受けることができず手続きが進みません。

役所に出向いて発行をお願いするのが一般的ですが、最近は、コンビニのマルチコピー機から住民票の写しを取得することも可能です。

ただし、コンビニで住民票の写しを取得するには、マイナンバーカードが必要となります。お持ちでない場合は役所で発行してもらいましょう。

参考:コンビニ交付

車庫証明

車庫証明は、リース会社によっては利用料金に含んでいるため、まずは利用を検討しているリース会社に車庫証明の取得について確認するようにしましょう。

ご自分で取得する場合の大まかな流れは次の通りです。

  1. 車の保管場所を管轄する警察署で申請書をもらう
  2. 申請書に記入し警察署に提出
  3. 後日、警察署にて車庫証明の交付

申請書は各地域管轄の警察署ホームページからダウンロードすることもできます。申請には実印が必要になりますので忘れず持参しましょう。

車庫証明の取得には2,500円~2,800円程度の手数料がかかります。]

各都道府県でそれぞれ異なりますが、そこまで大きな差はありませんので事前に自分の都道府県がどのぐらいの手数料がかかるのか調べておくことをおすすめします。

なお、車庫証明は即日発行できません

申請した際に納入通知書兼領収書が発行され、申請から1週間前後に再び警察署を訪れ納入通知書兼領収書と引き換えに車庫証明が交付されます。

車庫証明の申請に必要な書類と手続きについてはこちらの記事で解説しています。

車のサブスクは車庫証明が不要?申請に必要な書類と手続き方法を解説

なぜ車のサブスクに書類が必要なのか?

車のサブスクを契約するにためには、様々な書類を用意しなければいけません。

車のサブスクは長期的に車を借りるため、情報に不備がないように書類の提出が求められます。

契約書はリース会社によって書式が違いますが、リース契約するには必須の手続きです。

もしもの事態が発生して後々トラブルに発展しないために、リース会社は契約書に詳しい条件を明記し、契約者もそれを承諾するのは当然の対応なのです。

必要書類を用意するのは多少手間と時間がかかりますが、安心して車を借りるためにもきちんと準備するようにしましょう。

まとめ

今回は、車のサブスクリプションを契約するにあたって必要な書類を紹介しました。

リース契約するためには様々な書類を用意しなければいけません。

優先的に確保しておきたい書類として住民票と車庫証明を解説しました。車庫証明はリース会社が代行して取得してもらうこともできます。

契約や納車をスムーズに進めるためにも、今回紹介した必要書類をきちんと確認し、快適なカーライフをスタートさせましょう。

タイトルとURLをコピーしました