【メリットなし?】トヨタKINTO531人の評判!6つのデメリットと7つのメリット解説

車のサブスク 会社・サービス

『KINTOって評判どうなの?』
『メリットだけじゃなくデメリットも知りたい!』
『私にトヨタのキントは合ってるのかわからない」

この記事では、トヨタの車サブスク「KINTO(キント)」の評判・メリット・デメリットについて詳しく解説します。

実際にKINTOを利用されているユーザーを対象にアンケート調査し、どんなところが気にっているのか、逆に改善して欲しいところはどこなのかを回答頂きました、

KINTO利用者からの評判が気になっている方、メリットだけじゃなくデメリットも知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

アンケート調査の詳細
調査方法 クラウドワークス
調査期間 2021年6月1日~2021年10月15日
調査人数 531人(男性:457人、女性:74人)
調査対象 トヨタKINTOを利用している人、
利用したことがある人
調査内容 ・KINTOを選んだ理由
・良かったところ
・イマイチなところ、改善してほしいところ
・総合評価(5段階評価)




\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/

トヨタ KINTO公式HPはこちら

トヨタKINTO(キント)のイマイチな評判・6つのデメリット

トヨタKINTOを実際に利用されている方531人を対象に口コミアンケート調査を実施しました。

まずは利用者からのイマイチな評判・デメリットをご紹介します。

  1. トヨタ車・レクサス車以外は選べない
  2. 任意保険の等級を引き継げない
  3. 中途解約は違約金がかかる
  4. 走行距離に制限あり
  5. カスタム・喫煙・ペット同乗禁止
  6. 最終的に車を自分のものにできない

KINTOのデメリット1:トヨタ車・レクサス車以外は選べない

池田エロイザさん 埼玉県 男性/20代前半
サービス内容自体は良いけど、正直ホンダ車が乗りたかったですw後からホンダも新車のサブスクが出たので、もう少し待てばよかったなと後悔気味…。

トヨタが運営するサービスですから当然といえば当然ですね。

KINTOで選べる車種はトヨタ車とレクサス車のみ。

また、トヨタ車なら全車種選べるわけではありません。

グレードも絞られているので、中には自分が乗りたいトヨタ車がKINTOでは選べないなんとこともあり得ます。

サービス自体は良いと思っても乗りたいクルマがないという方には残念ながら不向きと言えるでしょう。

▼関連記事▼
【2021年11月】トヨタKINTOの取り扱い車種一覧!全43車種一気見せ

KINTOのデメリット2:任意保険の等級を引き継げない

ガルドニクスさん 兵庫県 男性/30代後半
本当のサブスクで良いなと思ってたけど、肝心の任意保険は新たに加入することになるから、前の任意保険の恩恵を受けられないのには正直迷いました。まあ、少し高くなる程度だからいいかなと思って結局KINTOにしました。

KINTOの月額利用料には任意保険(自動車保険)も含まれます。

ただし、すでに加入している任意保険の等級は引き継げません

任意保険がMAXに近いぐらいまで進んでいる人や契約内容等が家族限定の人は恩恵を受けられません。※中断制度を利用することになります。

任意保険の中断制度について
加入中の任意保険は中断制度を利用することで、KINTO利用後にクルマを購入し新たに任意保険に加入する場合は、中断前の契約に適用されていた等級と同等の等級を適用できます。ちなみに、KINTOが保険契約者なので事故を起こしても、利用者の保険等級に影響することはありません。そのため、月額利用料も変わりません。

逆に若い人や保険等級が低い人は個別で任意保険に加入すると保険料が高額ですので、そういった人はKINTOの任意保険のほうが得します。

▼関連記事▼
KINTOの任意保険スゴすぎ!等級なしで保険を何度使っても月額料金は変わらない

KINTOのデメリット3:中途解約は違約金がかかる

栗林さん 栃木県 男性/30代前半
途中解約できないから、正直サブスクと言っていいのか微妙なところはあるかな。まあ、そんなすぐに取っ替えるものではないから気にする必要はないとは思いますけど。

KINTOは利用期間中の途中解約は違約金がかかります。

利用期間は比較的短めですが、途中で解約するとなった場合は違約金を払わないといけません。

ただし、KINTOは中途解約による違約金の計算方法を明示しているので、どれぐらい払えばいいのかがわかりやすいので安心して解約できます。

KINTOの中途解約金の計算方法を見る


ちなみに、海外転勤・免許返納・死亡などで運転困難や使用困難となった場合は中途解約金なしで解約が可能です

▼関連記事▼
KINTOの中途解約はタイミング次第で「数十万円」も損する!失敗しない解約方法

KINTOのデメリット4:走行距離数に制限あり

珠代さん 群馬県 女性/30代前半
通勤目的でヤリスをKINTOで契約しました。多分大丈夫だとは思うけど、距離制限が気がかりではありますね。思いの外、走ってるのでオーバーしないように気をつけます。

KINTOの走行距離制限は月換算で1,500kmとなります。

契約終了時にオーバーしている場合は、トヨタ車だと1kmあたり11円(税込み)、レクサス車だと1kmあたり22円(税込み)を追加で支払います。

ただし、月ごとではなく1,500km×利用月数で計算します

たとえば、ひと月に2,000km走ったからといって500km×11円=5,500円を支払わないといけないというわけではありません。

月1,500kmは普通に乗っていてもなかなか超えるものではありませんが、念の為、自分がどのくらい乗るのかをシミュレーションしておいたほうが良いでしょう

KINTOのデメリット5:カスタム・喫煙・ペット同乗禁止

スズキックスさん 宮城県 男性/30代前半
今乗ってる車が気に入っててダメなのはわかってるけどやっぱり改造したくなっちゃいますね。タバコはもちろん吸わないようにしてるけど、意外と気を使うなと思います。

KINTOは車を返却する前提なので、車の状態に影響を与える行為は禁止されています。

そのため、カスタム(改造)・喫煙・ペットの乗車は一切禁止となります。

「改造したい」「車内でタバコを吸いたい」「ペットを乗せたい」という人は、残念ながらKINTOは向いていません。

KINTOのデメリット6:最終的に車を自分のものにできない

サルベージさん 福岡県 男性/20代後半
期間終了後は車を返さないといけないのが抵抗あるなと、なぜか最近思うようになりました。

KINTOは契約終了後の車両の扱いは「返却」「乗り換え」のいずれかとなります。

「買い取り」や「車をもらう」など、車を自分のものにすることはできません

あくまでも月額料金を払って車を借りて乗るサービスなので、

今まで現金一括やローンで購入されていた方からすれば抵抗を感じるのも無理はありません

車が自分のものにならないのはイヤだと言う方にはトヨタKINTOは不向きと言えるでしょう。

▼関連記事▼
【口コミ比較】車がもらえるカーリース5選!793人アンケートから評判の良いサービスを紹介

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

トヨタKINTO(キント)の良い評判・7つのメリット

次にKINTOの良い評判・メリットをご紹介します。

  1. 完全月額定額!急な出費の心配なし
  2. ライフスタイルの変化に応じた乗り換えができる
  3. トヨタ正規販売店でのメンテナンスで安心
  4. 残価精算がないから不安なく乗れる
  5. WEB申し込みで手続きカンタン
  6. 任意保険は車両保険まで付帯
  7. クレカ払いでポイントがザクザクたまる

KINTOのメリット1:完全月額定額!急な出費の心配なし

桃地さん 滋賀県 男性/30代前半
色々サブスクを見ましたが、KINTOならガソリン代以外の費用が全部コミコミにできることを知り決めました。これなら余計な出費を心配することもないので面倒くさがりな自分にもわかりやすくて安心です。

トヨタKINTOは、一般的な車のサブスク(カーリース)とは月額料金に含まれるものが大きく異なります。

一般的な車のサブスクは、車両本体価格・登録諸費用・各種税金・自賠責保険が月額料金に含まれています。

KINTOの場合は、上記の費用に加えて任意保険・車検代・メンテナンス費用も月額料金に含まれているのです

要するにKINTOは、月額料金とは別に発生する費用が「ガソリン代と駐車場代のみ」ということです。

他社のサブスクだと、月額料金の他に任意保険やメンテナンス費用が別途支払いとなり月々の支払いが一定にならないこともありますが、

KINTOなら完全月額定額なので急な出費の心配をしなくていいので安心です

特に任意保険も月額料金にコミコミにできるのは新車サブスクではKINTOとSOMPOで乗ーるホンダ楽まるの3社のみ。

KINTOのメリット2:ライフスタイルの変化に応じた乗り換えができる(のりかえGO)

竹内さん 大分県 男性/20代後半
KINTOは手数料を払う必要があるけど気軽に乗り換えもできるのがいいなと思って選びました。ほかだと解約金とか違約金が高いのでできないことも、KINTOなら乗り換えも気軽にできるのは自分にあってそうだなと。

KINTOは途中解約だと違約金がかかりますが、オプションの「乗り換えGO」で割安な手数料を支払うことで、

一定期間経過後は残りの契約期間に関係なく乗り換えすることができます。

3年契約なら1年半後、5年/7年は3年後以降にご自分の都合で乗り換えすることができます

KINTOなら生活スタイルの変化に合わせて、そのときに最適なクルマを持つことができます。

他にも、

  • 今乗っているクルマがモデルチェンジした
  • 新型モデルが出た

といった理由で乗り換えたいけど購入資金がすぐに用意できないといったときでも、KINTOの「のりかえGO」なら気軽に乗り換えできます。

KINTOのメリット3:トヨタ正規販売店でのメンテナンスで安心

益田のだーますさん 愛県 男性/30代後半
今回のKINTOで車は5台目です。以前に一度だけリースを利用したことがあるけど、点検や整備は知らない整備工場だったのでそこが不満でした。別に整備の質自体は悪くはないけど、やっぱり大手という安心感にはかなわないよなと思ってしまうのです。KINTOはトヨタディーラーで対応してもらえるから安心感がだんちですね。

一般的な車のサブスク(カーリース)の場合、リース会社が指定・提携する整備工場でメンテナンスを行うことが多いですが、

KINTOはトヨタ・レクサスのディーラー(正規販売店)でメンテナンスを受けられます

ディーラーの点検・整備はカー用品店や整備工場と比べて費用が高いですが、しっかり丁寧に点検・整備してくれるので安心感があります。

メンテナンス費用も月額料金に含まれているので、メンテナンスを受けるたびに出費を心配する必要もありません。

「ディーラーで対応してもらえる」のは車を安心して利用するのに必須の条件だと言えるのではないでしょうか。

KINTOのメリット4:残価精算がないから不安なく乗れる

maruさん 新潟県 男性/30代前半
契約が終わった後に高額な費用を請求されることもないので安心です。

端的に言うと、KINTO(キント)もカーリースです。

ただ、一般的なカーリースのような「残価精算」はKINTOにはありません

この点が他社と大きな違いでありKINTOのメリットです。

カーリースの場合、あらかじめ残価を設定し車両価格から差し引いた金額を月々支払っていきます。

残価を高く設定すれば月々の料金は安くなりますが、契約終了時の査定額が残価を下回るとその差額分を利用者は支払わなければいけません

KINTOはこの残価精算がありません

仮に乗っていたクルマの市場価値が契約終了時に暴落していたとしても、高額な請求が来ることがないという安心感があります

残価…契約終了時の予想下取り価格のこと

KINTOのメリット5:WEB申し込みで手続きカンタン

金丸さん 栃木県 男性/20代前半
車を買うのは面倒くさそうに思えたけど、全くそんなことなかったです。納車のために来店は必要でしたが、その一度きりで済みましたし、ディーラーが近くなのでラクです。次もKINTOでいいかなと思うほど便利。

KINTO(キント)はWEBで気軽に審査申し込みできます。

車両の受け取りまでは来店する必要がないので、時間がない方でも手間をかけることなく手続きできます。

月々の料金はワンプライス設定だから商談する必要もありません

営業マンとのやり取りが苦手という方もKINTOなら安心です

KINTO(キント)のWEB申込みは公式HPで行えます。

KINTOのメリット6:任意保険は車両保険まで付帯

松浦さん 三重県 男性/30代前半
任意保険の補償内容の充実度で選びました。料金が誰でも同じにもかかわらず、この手厚さはさすがだなと思います。ハッキリ言ってリスク無しのサブスクですよね、コレ。

KINTO(キント)は月額料金に任意保険(自動車保険)が含まれています。

【KINTOの自動車保険3つのポイント】

  • 「誰でも」「ずっと」同一の定額料金
  • 保険の煩わしい手続き一切不要
  • 万が一の事故をフルサポート

KINTOの自動車保険は誰でも同じ定額料金。

KINTOが保険の契約者(団体保険)だから、もし事故で保険を使っても月々の利用料金は変わりません

KINTOに申し込むだけで納車時に保険が開始されるので、面倒な手続きは一切ありません。

保険の内容は対人・対物は無制限補償、ご自身のケガは最大5,000万円まで、事故で修理が必要になった場合も自己負担は最大5万円でクルマを補償します。

さらには弁護士費用やロードサービスなど安心な特約付きで充実の補償内容です。

▼関連記事▼
KINTOの任意保険スゴすぎ!等級なしで保険を何度使っても月額料金は変わらない

KINTOのメリット7:クレカ払いでポイントがザクザクたまる

狐につままれたくない拓郎さん 鹿児島県 男性/30代後半
等級は引き継げないけど、料金の支払いをクレカでできるのが個人的に魅力的だったので(笑)ほかだと口座引落ですよね?多分。ポイント貯まるから、実際は月額料金を安くできているのと同じですよ。

KINTO(キント)の利用料金の支払いはクレジットカードが使用できます

金額が大きいから、賢くクレジットカード払いでポイント還元できザクザクたまります。

ポイント例

さらに安全でエコな運転をするとKINTOオリジナルポイントの「愛車ポイント」がもらえます。

ポイントを貯めると旬なギフトや体験型ギフトと交換できます。

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

番外編:非ユーザーからは「KINTOは高すぎる」との悪い評判が圧倒的!

今回は、KINTOを利用されていない方にも口コミアンケートの調査を行いました。

KINTOのことは知っていても利用しない理由を219人の方に語っていただき、その中でも最も多かったのが

『KINTOは高すぎる!』『料金が高いと思う』

という料金面に対する不満が8割以上を占める結果となりました。

この料金面に対する批判はアンケートに限らずTwitterを始めとするSNS上でも度々見られます。

こちらの方の「元のクルマの値段以上の金額を支払う」というような、

単に月額料金だけを見て高いと判断されている方が非常に多く見られます

そして、料金面を批判されている方の殆どが月額料金に税金・保険・車検・メンテナンスといった車にかかるあらゆる費用がコミコミになっていることを理解されていません

KINTOが購入と比べて高すぎるかどうかは総額(車両価格+税金+保険・メンテナンス)で比べないと比較方法としては不十分です

実際にクルマを「現金一括」「ローン」で購入するのとKINTOを利用する場合で料金を比較してみます。

KINTOと購入では年齢(保険等級)の違いで料金に差が出てきます。

比較条件は、21歳未満…6S等級、26歳…14等級、35歳…18等級、50歳…20等級としています。

車種…アクア グレード…S HV 1.5L 2WD

6S等級14等級18等級20等級

6S等級…誰でも運転OKもしくは運転者の年齢を21歳未満として任意保険料を算出


出典/KINTO

14等級…運転者の年齢を26歳として任意保険料を算出


出典/KINTO

18等級…運転者の年齢を35歳として任意保険料を算出


出典/KINTO

20等級…運転者の年齢を50歳として任意保険料を算出


出典/KINTO

各項目(A~G)の詳細はこちら

比較の結果、同じ期間を利用するならKINTOのほうがお得だということがわかります。

特に若い人(35歳以下の人)は購入よりもKINTOを利用するほうが金銭的メリットが大きいです。

若い人(保険等級が低い)というのは、それだけ任意保険料が高く設定されるからです。

KINTOでは任意保険を年齢・等級に関係なく誰でも同一料金にしているため、保険料が高くなる若い人でもオトクな料金でトヨタ車に乗ることができるのです。

▼関連記事▼
トヨタ・KINTO(キント)が高すぎるはウソ!他社サブスク・購入と比較したら実はお得だった

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

KINTO(キント)の口コミ・評判まとめ

KINTOの悪い評判・良い評判をまとめてみます。

【悪い評判・デメリット】

  1. トヨタ車・レクサス車以外は選べない
  2. 任意保険の等級を引き継げない
  3. 中途解約は違約金がかかる
  4. 走行距離に制限あり
  5. カスタム・喫煙・ペット同乗禁止
  6. 最終的に車を自分のものにできない

【良い評判・メリット】

  1. 完全月額定額!急な出費の心配なし
  2. ライフスタイルの変化に応じた乗り換えができる
  3. トヨタ正規販売店でのメンテナンスで安心
  4. 残価精算がないから不安なく乗れる
  5. WEB申し込みで手続きカンタン
  6. 任意保険は車両保険まで付帯
  7. クルマの支払いでポイントがザクザクたまる

このように、KINTOはメリットもあればデメリットもあります。

他のサービスにも同じことが言えますが、誰しも平等なメリットを作るのは不可能です。

利用者の評判とメリット・デメリットをきちんと理解し、KINTOはご自分にあったサービスなのか検討の参考にされてください。

トヨタKINTO(キント)はこんな人におすすめ

ここまで解説した内容をもとに、KINTOはどんな人におすすめなのかご紹介します。

  1. 免許取り立て・任意保険の等級が低い人
  2. 最後の車を検討される人
  3. 生活スタイルの変化に合わせて車を乗り換えたい人
  4. 最新モデルのクルマに乗っていたい人

1.免許取り立て・任意保険の等級が低い人

KINTO(キント)の特徴の一つである「自動車保険(任意保険)付き」の恩恵が受けられるのは免許をとったばかりの人、等級が低い人です。

これらに該当する人は保険料が高いからです。

免許取り立ての人や等級が低い人がカーリースと自動車保険を別途加入した場合、月々の料金は高くなるのでKINTOのコスパの良さに驚くことでしょう

2.最後の車を検討される人

KINTO(キント)は中途解約は原則として解約金がかかりますが、

免許返納してクルマを運転できなくなった場合は解約金0円で解約可能です

利用した分だけの支払いで済むので、年齢を理由に新車を諦めている人もトヨタの新車に気軽に乗れます。

5年/7年プランで契約した場合は、免許返納による中途解約でも解約金がかかります。また、3年プランでも利用開始日から6ヶ月以内の免許返納は解約金免除になりませんので注意してください。

3.生活スタイルの変化に合わせて車を乗り換えたい人

KINTO(キント)は、生活スタイルの変化にあわせてクルマの乗り換えができるサービス「のりかえGO」があります。

通常は契約満了前の解約は解約金がかかりますが、一定期間経過後は割安な手数料で乗り換えができます。

たとえば、独身・結婚・出産・子育てそれぞれに適するクルマのタイプは違ってきますよね。

売却の手間や費用がネックで乗り換えを躊躇してしまう、のりかえGOならそんなお悩みも不要です。

のりかえGOの期間と手数料について

4.最新モデルのクルマに乗っていたい人

たとえば、今乗ってるクルマがモデルチェンジしたり最新の安全装備を備えたモデルが出たら「乗り換えたい」と思いませんか?

KINTO(キント)ののりかえGOは、3年プランなら1年半後、5年/7年なら3年半後から好きなタイミングで乗り換えできます。

のりかえGOの期間と手数料について

\カンタン審査。申し込み後のキャンセルも可能/
トヨタ KINTO公式HPはこちら

こんな人はKINTOはおすすめできない

  1. 保険の等級が育っている人
  2. 一台の車を長く乗り続ける人、乗りつぶしたい人

1.任意保険が20等級の人、等級が育っている人

KINTO(キント)は任意保険も月額料金に組み込まれており既に保険加入している場合、その等級を引き継ぐことはできません。

任意保険が20等級やある程度育っている人は保険料割引の恩恵を受けられません

任意保険の等級を引き継いだままクルマをリースしたい場合は、他社のサブスクを選ぶほうが良いでしょう。

KINTOと同じく短期間の契約ができて残価精算なしのサブスクもありますので、そちらのほうが安くなる可能性があります。

SOMPOで乗ーるは、等級を引き継いだまま月額料金に任意保険を含めることも可能です。SOMPOで乗ーるの詳細はこちら

2.一台の車を長く乗り続ける人、乗りつぶしたい人

KINTO(キント)の利用期間は最短で3年、最長7年。

契約満了後はクルマを返却するので、1台の車を長く乗り続けたいと考えている人には向いてません

他社のサブスクには、最長11年の長期リースや契約満了後はクルマがそのまま自分のモノになるものもあります。

長期で利用したい人、クルマを自分のモノにしたい人は他社のサブスクがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました